無料ブログはココログ

« The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 | Main | アメリカ版「Life on Mars」を観てみた »

November 27, 2008

Ashes to Ashes (キケンな女刑事)#8

衝撃の結末……Σ(゚□゚(゚□゚*)

 両親が死ぬ日まであと1日。父親のティムに車が爆破されることを話すが取り合ってもらえず、アレックスはわずかな記憶をたよりに、レイに協力してもらい事件を防ごうと奔走。爆破される青いエスコートの持ち主の中に知人の“アンガスおじさん”の名を見つけ、彼の車を両親に貸せなくなるよう破壊する。
 ティムがかつて弁護した人物の中にレイトンがいたことで、アレックスは服役中のレイトンに会いにいく。しかし彼は事件をほのめかすだけで何も話そうとしない。やむなくアレックスは麻薬所持をでっちあげて両親を逮捕し、事件が起きる翌朝10時まで勾留することに。
 しかし警察署を視察に来ていた地元貴族の手前、正義派で有名な弁護士夫妻を勾留しておくことはできないと言って、翌朝ジーンはアレックスの両親を釈放してしまった。そして同時に、レイトンが釈放されたという知らせが入ってくる。
 現場へ急行するアレックスとジーン。しかし彼女の目の前でやはり事件は起きてしまった。車を爆破したのは父親のティム。彼がレイトンの釈放に尽力していたのは爆発物を手に入れるのに必要だったから。そして怯えて立ち尽くす幼いアレックスに手を差し伸べ抱きしめてくれたのは、エヴァンではなくジーンだった…。

 あーーそうか、だからジーンの姿が見えたのか。たぶん昔会ってたんだろうなとは思ってたけど、まさかここでのあれがジーンだったとは!
 結局アレックスは現代には戻れず。だけど最後に母親がどれほど自分を愛してくれていたかということを知り、また意識不明だったシャズが元気に退院してきたこともあって、今まで以上に「絶対に戻る!」という決意を強めたみたい。幼いアレックスに「困ったときはジーン・ジニーに言え」と言うジーン。必要とされればどこへでも行くってことは、生死の間をさまよっている今のアレックスにもジーンが必要ってことなのかな。レイトンはとんずらしてるし、まだまだ'80年代でやることがありそうです。
 というわけで早く観たいシリーズ2! 現在撮影は後半に入っているそうで、イギリスでは来年放送。またWOWOWで放送してくれることを願っています。ていうかDVD出たら即買い決定でしょ! 

« The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 | Main | アメリカ版「Life on Mars」を観てみた »

Comments

こんばんは☆
またまたおじゃまします〜♪

お父さんが…!びっくりでした。そして爆発の時は、エヴァンじゃなくてジーンと会ってたんですね〜。これにも驚きました!なるほどー。
それから、留置場のシーンもおもしろかったですね。YMCA→笑えました(≧▽≦)貴族を陰で ジジイ呼ばわりしたり。
アレックスを部屋に誘うジーンもかわいかったです(^^)
次回も絶対見たいです〜。シリーズ2が楽しみですね!是非、放送されますように☆

charlotteさん、こんにちは。
アレックスが初めて警察署に来たシーンと、子供のアレックスが署に連れてこられたシーン、どちらもジーンに抱き上げられて入ってきた後に天井を見上げるところがまったく同じで、こういうところで繋げるとは!と感心してしまいました。

留置場のシーン、クリスがかわいそうだけど面白かったですね(笑)
無事退院してきたシャズの姿にほっとしました^^
彼女も病院で寝ている間にどこかへ旅をしてきたのかも。
シリーズ2まで待ちきれず、英アマでジーン・ハントの著書(笑)を購入してしまいました!
次はどんな展開になるのか、今からワクワクしますね^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43245891

Listed below are links to weblogs that reference Ashes to Ashes (キケンな女刑事)#8:

« The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 | Main | アメリカ版「Life on Mars」を観てみた »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら