« ニューカッスルじゃなかったの? | Main | フランス版SATC?「Suspectes」が面白い! »

October 02, 2008

ミセス・プリチャードの挑戦が終わった

 最初はリタイアかな〜と思ったけど、なかなか楽しく観てしまいました。たとえばホワイトホールといえばお馴染みの場所だし、「今からMI5のトップに会う」なんて言われるとジュリエットやハリーたちに会いに行くんだなとか、彼女が思いつきで政策を実行するたびにそれに乗じたテロを防ぐべくアダムたちが苦労してるんだろうなとか、ストーリー自体より想像を膨らませて自分なりに楽しむ部分が多かったです(笑)

 しかし最後はこういう終わり方なんですか…。やっぱりこのドラマは夢物語なんかじゃなくて、裏でキッチリ利権や賄賂が動いてたんですね。結局世の中は正直さやきれいごとだけじゃうまく動いていかないんだっていう部分もちゃんと描いてくれたのが、なんていうかものすごくイギリス的で、こういうところがまた好きなんだなぁ。最終話はただひたすら辛かった、いろんな意味で。最後まで観てようやくこのドラマが気に入りました。

|

« ニューカッスルじゃなかったの? | Main | フランス版SATC?「Suspectes」が面白い! »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
私も結構楽しんじゃいました。騎馬警官も映ったし♪

最終回は、首相の進退よりも、キャサリンの話が辛かったです。首相の方は家庭が崩壊しかけてたんで、いい潮時だったかもしれませんね。ところで国会はロンドンから地方へ移ったんでしょうか?

Posted by: さとうさんた | October 03, 2008 at 09:04 PM

さんたさん、こんにちは。
騎馬警官、映った瞬間に目が釘付けになりました(笑)
能天気なドラマかと思ったら最後はシビアな展開になりましたね。

>いい潮時だったかもしれませんね
結局、夢はいつか覚めるものってことで…
ベンは可愛かったので勿体なかったですね。でも現実ってこういうものかもと納得しました。

>国会はロンドンから地方へ移ったんでしょうか?
あの時点では移ってませんでしたよね。数年後をめどに考えてたみたいでしたし。
それにしてもブラッドフォードなんて、中央というより北部ですもん、皆が反対するのも無理ないと思います(苦笑)

Posted by: Ayano | October 04, 2008 at 01:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/42664110

Listed below are links to weblogs that reference ミセス・プリチャードの挑戦が終わった:

« ニューカッスルじゃなかったの? | Main | フランス版SATC?「Suspectes」が面白い! »