« H&Mが銀座にオープン♪ | Main | WITB Series6 イギリスで放送スタート! »

Spooks(MI-5)S6-#1,#2

 イギリス政府がイランとの和平協定の締結に向けて動く中、ロスはイラン国内外でテロ行為を繰り返しているアズニックという人物がロンドンでテロを起こそうとしているという情報をつかむ。
 ハリーたちはアズニックがイギリスに入国する前にテヘランで列車爆破テロに見せかけて彼を暗殺する計画を立てる。被害を最小にするため列車が市内を出てから爆破する予定だったが、駅を出て間もなく停車、市内への通勤ラッシュで混雑する対抗列車も並ぶ形で停車した。アズニックが隣の列車に乗り移って逃げてしまう前に爆破を実行しなければならないが、そうすると大勢の市民が犠牲になる。しかし内務大臣は「イギリス国民の安全が第一」と主張し、ハリーは苦渋の決断をすることに。
 その後、爆破を逃れたアズニックがイギリスへの亡命を求めて大使館へ駆け込んでくる。彼はテロリストではなく二重スパイで、今回は“コペンハーゲン”に雇われて動いていたことを告げる。コペンハーゲンの目的はアズニックの殺害ではなく、彼が持ち運んでいた生物兵器をばらまくこと。そして結果的はMI-5がコペンハーゲンの計画に手を貸した形になってしまった。
 アダムとザファーはアズニックをイギリスへ連れて行くが、ロンドンへ向かう途中で武装組織に襲われ、ザファーとアズニックは連れ去られてしまう。ついにアズニックは発症、数時間後MI-5にワクチンと300万ポンドを要求するメッセージが届く。アダムはザファーを救うため発信器入りの偽ワクチンを持って行くが結局彼も捕まってしまい、かわりにアズニックがロンドンの街中に放り出された。
 発症して他人に感染させることがわかってるんだから路地裏でおとなしくしてればいいものを(苦笑)アズニックは人通りの多い道にフラフラ出て行き、直後に解放されたアダムが彼を追うけど時すでに遅し。ウイルスはロンドン中に広がり始めた。

 80年代にアメリカが開発してイラクに売ったウイルスにはワクチンが存在しなかった。しかしイラクに依頼されてウイルスを改良しイランに転売が可能だったのがロシア、フランス、インドの3カ国。この国のいずれかがワクチンも開発し持っているはずだと考えたハリーは、これらの国のトップスパイを誘拐し“セクション14”に監禁、アズニックから採取したウイルス入り血液を投与し「死にたくなけりゃワクチンをよこせー!」と脅迫。するとロシアのクズネツォフがワクチンはすでに英国内に持ち込まれ、政府が値段交渉している最中だと言う。しかし英国政府が値切るのに時間を費やしている間にも感染は広がっていく。ハリーは自分たちでワクチンを手に入れるためクズネツォフに仲間と接触させることにする。

 ザファーを連れ去った犯人が身につけている手榴弾のエンドユーザーを調べ、彼らの雇い主らしき人物がいくつかの隠れ家を持っていることを突き止め て捜索。現場に向かったロスはそこで犯人グループらしき焼死体を発見する。その中にザファーも含まれていると思われたが、犯人以外の死体はホームレスのも のだった。そして誘拐したフランス諜報員のイヴがザファーが連れ去られるのを見たと口にしたことでロスはザファーが生きていることを確信し、「一緒にいてほしい」と言うアダムを振り切って単身フランスの諜報員マグリットと接触。ロスはイヴの身柄と引き換えにザファーの行方を聞き出そうとするが、マグリットは「イギリスの敵が誰かを考えれば彼の居場所はわかる」としか言わなかった。
 ジョーの頑張りとロスのシメのおかげでワクチンは無事手に入り病院に届けることができたが、ザファーの行方は杳として知れぬまま。そしてロスは自宅で何者かに薬を打たれ、意識を失ってしまった。


ジョー、強っ!!

☆===========((((o#`´)☆)~ロ~*/)/ガコッ!!

 あの頭突きはジダンか、もしくは大仁田厚にしか繰り出せない技です(爆) いつの間にか立派になりましたねぇ。それにくらべてロスが死にかけの自分より生きてる可能性のあるザファーを探しに行っちゃったことでアダムはまたヘロヘロ。やっぱ、いざという時は女の方が精神的に強いんだなぁ。
 今回3話の録画を観る前に1話と2話をもう一度チェックしておこうと改めて観てみたんですが、濃いですねぇ。ハリーはガスマスク姿がなかなかお似合いでした(笑) そのハリーの信頼を受けて、元スパイで現在セクション14の管理をしているコニーというおばさんが初登場(昔登場したのかもしれないけどS3以前は観てないからわからない^^;) ハリーいわく「信頼できる人物が必要だから戻ってきて」だそうで。そうだよねー、全幅の信頼を置いてたルースはいなくなっちゃったし。マルコムに指図して内務大臣のオフィスにサクサクと入り込み情報を持ってきちゃうあたり、ベテランの格を見せてくれたって感じです。かっこいい!
 ロスがどうなるのか、ザファーは無事なのか、今から続きを観てみまーす。

« H&Mが銀座にオープン♪ | Main | WITB Series6 イギリスで放送スタート! »

Comments

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/miminapu/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/42449745

Listed below are links to weblogs that reference Spooks(MI-5)S6-#1,#2:

« H&Mが銀座にオープン♪ | Main | WITB Series6 イギリスで放送スタート! »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ