« le gilet élégant 秋ファッション&盛夏の休日 | Main | あの夏の私は熱く…(明治通り編) »

August 11, 2008

Spooks (MI-5) S5-#9

 セビリアの戦犯であるテズリア将軍の裁判を前に、6課は重要な証言者で将軍の右腕だったニコ・グレシックを保護することになる。アダム、ザファー、ジョーはセルビアでグレシックの仲間だった英国人デンプシーが6課の捜査官2名を殺害しイギリスに戻り、グレシックの暗殺を謀ろうとしているとしてデンプシーの行方を追う。
 ロスはグレシックの護衛をすることになったが、彼をかくまっている自宅が襲われ、銃弾を受けたグレシックは瀕死の重傷。病院での手当が必要だがハリーにきつく止められ、ロスは知り合いの産婦人科医の家に彼を担ぎ込んで応急処置を依頼する。
 グレシックを襲撃したのはデンプシーだと思われていたが、アダムと接触した彼はそれを否定。かつてセルビアでデンプシーに拷問されたアダムは彼に対する恨みを抑えられず暴走、ハリーの静止も聞かず独自に動き始める。
 デンプシーはアダムに、自分は“シギ”という作戦に関わっていて、アダムへの拷問もセルビアの組織に潜入するためやむを得ずしたことだと話す。“シギ”作戦が存在した証拠は何一つなかったが、デンプシーは当時本部との通信を担当していたホランドという人物がいざという時のために作戦の存在をどこかに記したはずだと主張する。デンプシーへの恨みと疑念を抱きつつもアダムは彼の主張を証明するためホランドが証拠を残しておいたと考えられるロンドン図書館へ向かい、デンプシーへの暗殺命令を下されたザファーとジョーも二人を追う。

 スパイ嫌疑をかけられてアダムに指を折られてしまった6課の職員さん、お気の毒です(南無)
 このドラマってSIS(6課)はいつも完全に悪者扱いですよね(苦笑) アダムもロスも元6課、ちゃんと仕事する人はやんなって5課に転職しちゃうってことなのでしょうか…。
 血まみれでニコを担ぐロスはかっこよかった。あの医者との関係はちょっと気になりますが、この先二度と触れられることはないんだろうな。
 そんでロスに担がれてたニコは「GOAL!」でニューカッスルの監督をしていたオヤジでした! でも襲撃されたうえ最後のオチは………ニューカッスルが勝てない理由はここにもあったんだな。これは完全に呪いだshock

|

« le gilet élégant 秋ファッション&盛夏の休日 | Main | あの夏の私は熱く…(明治通り編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/42137191

Listed below are links to weblogs that reference Spooks (MI-5) S5-#9:

« le gilet élégant 秋ファッション&盛夏の休日 | Main | あの夏の私は熱く…(明治通り編) »