« ニューヨーク自転車主義 | Main | Me Telly on July »

Spooks (MI-5) S5-#3

 前回父親のことでかなり感情を爆発させてたロスですが、あんなことはもう二度としないんだってさ^^; 今回は情報部エージェントとしてのロスの徹底した冷酷ぶりが描かれておりましたよ。お〜〜怖〜{{{{(゚∀゚;)}}}} ブルブル

 ザファーはイギリスのアルカイダグループに潜入中。目の前で一般人を“処刑”されてショックを受けるけど、何とか頑張ってます。ザファーの任務は同居している仲間の一人マイケルを懐柔して5課との二重スパイにさせること。そして裏でザファーをサポートするのが今回のロスの役目。ロスはそのためにマイケルの元恋人リーを利用するんだけど……。
 ザファーはグループのリーダーからロンドン中心部で爆弾テロの計画があることを告げられる。使用される最新の爆弾がアルカイダのテログループの手に渡ることを阻止するため、アダムとジョーは武器商人に会いに行き高値での取引をもちかける。ところがそのオヤジがジョーに目をつけて、酒を拒否されたことにキレてジョーに暴行(←下心見え見えのオヤジにありがちな展開)すんでのところでアダムとロスが助けに入ったけど結局情報部の人間ってばれて、おまけに爆弾もすでにテログループの手に渡っていた。そして何も知らないザファーとマイケルの車にそれが積まれ、起爆装置を手にした人間が近付いていく。アダムは阻止できるか!?

 もしあの武器商オヤジが男が好きでアダムを誘ってたらどんな展開になったのだろう(爆)
 えー、前回コリンが死んでしまいジュリエットもあんなことになったばかりなので、ここでザファーがどうにかなるってことはさすがにないだろうと比較的楽観的になって観てました^^; でもリーは…………ま、しょせん一般人ですから、スパイのように臨機応変な対応は無理ってもんだし仕方ないですよね。それを承知の上で使うロスもすごすぎるけど。キャロル・ジョーダンなら絶対やりません、あんなこと。5課に来たばかりでおとなしくしてるかと思いきや、ロスはしょっぱなから自己流なんですね。アダムをひよっ子呼ばわり、ルースは化石、ジョーのことはマスカラの塗りすぎで死亡扱い(爆) 最後もアダムじゃなくロスだったら迷わず撃てと指示したことでしょう。
 楽しかったのがハリーがルースを食事に誘うシーン。ルースも驚いてたけど本当にいきなりなんだもん(笑) でも翌日マルコムに冷やかされ、全員がディナーのことを知ってて噂になってることを察知したルースはやっぱりハリーとは付き合えないって答えを出したのでした。ヨーロッパの首都を旅してまわりたいというハリーは旅行に行くなら絶対パリ、でもルースの希望はニューヨーク。「大西洋を渡らなきゃ」と言う彼女にはやっぱり、パリで男の肩に寄り添うよりも大都会ニューヨークを闊歩する姿の方が絶対似合うと思います。
 せっかく勇気を出して誘ったのに……という声が聞こえてきそうなほど凹んでるハリーにオヤジの悲哀を感じました(笑)

« ニューヨーク自転車主義 | Main | Me Telly on July »

Comments

ジョー、確かにマスカラ付け過ぎ?お召し物がカジュアル系な割にばりばりっとマスカラですもん。ロスが笑いもせずさらっと言うから余計強烈です。
ルースは、髪型が少し女っぽかったですよね。ちょっとカールを入れるだけであんなに変わるんだなぁ〜♪マルコムは好意で&励ますつもりで言ったんだろうけど、完全に逆効果。あの部署で内緒で付き合うってのは無理でしょう皆さん諜報のプロだから。ただハリーは公認の付き合いにしてもいいと思ってたのでしょうね多分。
ロス、怖いけど活躍が楽しみですわ!

atsumiさん、こんにちは。
私も二人は公認の仲って形でやっていくものと思ってましたが……意外とルースって恥ずかしがりやさんだったんですね^^;

>お召し物がカジュアル系な割にばりばりっとマスカラ
実は私もなのですよ〜(笑)
ハーマイオニーはマスカラ無しでも睫毛長〜〜いですよね。うらやましいです。^^

ルースはいままで女性キャラの中では引き締め役って感じでしたが、さらに引き締まった(締まりすぎて怖い)ロスの登場でちょっとゆるい雰囲気にしてみたのかもしれませんね〜。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/41699524

Listed below are links to weblogs that reference Spooks (MI-5) S5-#3:

« ニューヨーク自転車主義 | Main | Me Telly on July »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ