無料ブログはココログ

« Spooks S4-#9「The Sting」 | Main | The Fixer »

June 03, 2008

ブラザーフッド S2-#10(最終話)

 政界の大物だったジャッドが死んだ。しかし彼を失った悲しみよりも議員たちは彼が努めていた経済開発委員の後釜を誰にするかで揺れている。ジャッドはきっとトミーを後継者に指名するはずという意見と反対に、議長のドナルドは他の議員にその座をすでに約束していた。しかしどうしても引こうとしないトミーにドナルドは事務所の鍵を変え駐車場も奪うという姑息な手段を使い、あわよくば院内総務の座まで奪おうとする。なんとか自分の味方を増やそうとするトミー。しかしフレディがノゾーリにマイケルを殺してほしいと頼んだことで、マイケルは昼間から住宅街で派手な銃撃戦をし、そのことがトミーの政治家としての地位を本格的に脅かし始める。
 ジャッドの妻は葬式なんかやらないと言っていたが、息子であるコリンは彼を慕っている人たちのためにもお別れ会くらいはやるべきだと告げる。しかし逆に「あんたなんかジャッドと血がつながってるだけのよそ者、どうせお金が目当てなんでしょ」と言われてブチキレ。ティファニーのランプとキャンディボウルをかっぱらって出て行く。
 フレディとマーティの襲撃事件、くわえてラルフがそれに加担していたとしてクビになり、フランクリンのやりかたに嫌気がさしたデクランはついに捜査班を辞めて交通整理の職にまわされる。退屈だがこれでやっと不正のないまともな仕事ができる。だいぶ落ち着いてキャシーとも普通に話せるようになってきた。ところが滞在している部屋に逃亡中のフレディがあがりこんでいた(ウケる〜♪笑)
 状況が不利だと感じたマイケルはノゾーリに貴重な情報と引き換えに自分と手を組むよう言い、フレディを呼ぶ出すよう頼む。デクランに送ってもらって待ち合わせ場所に着いたフレディを待っていたのは州警察だった。

 デクランの元にラルフが死んだという知らせが入る。マイケルが殺したのは明らかだった。デクランは覚悟を決めてキャシーに会いにいく。目の前にある悪を見逃すことはできない。仕事が原因でキャシーと別れることになり、ずっと彼女とよりを戻すことしか考えてなかったけど、やっぱり自分は刑事だから。
 大きな決意をしたデクランがこれからどうなるのか。「昔はよかった。敵と味方がはっきりしていたからな」とフレディはつぶやく。今までトミーの味方をしてきたドナルドもこれ以上は無理だと言う。みんながみんな「マイケルさえいなければ」という気持ちに向かっている。そして母とコリン以外に明確な味方がいない不安定な立場のマイケルの行く末は?
 あと一話あると思っていた私がバカでした(泣) えーーーこれで終わりなんて! クリフハンガーとかいう以前の問題じゃないっすか? これで続きがないとか言ったら暴れますよっ!!

「シェリーは専業主婦とイギリス人の飲み物」というローズの言葉が良かった。私はWASPの奥様方とは違う、誇り高いアイルランド人なんだと主張してるみたいでかっこいい。このドラマのテーマが凝縮された一言のような気がしました。

« Spooks S4-#9「The Sting」 | Main | The Fixer »

Comments

最終回だ、ということは意識して見ていたのですが、こう終わるとは意外でした。
引っぱる一山を期待していた私がおバカさんでした(笑)。
おバカさんといえば、トミーの格好悪さが目立ったシーズンでもありましたね。
トミーの浮気相手がホワイトハウス(スパドラで視聴中)のドナというのも受け入れにくかったです。
マイケルを応援するのはもちろんですが(笑)、デクランとキャシーに幸せが見えたところがベストシーンだったように思います。
刑事に戻っても今度のキャシーは支えてくれるかも…と期待してS3の早期放送を願います♪

ブラザーフッドとは関係ないのですが、フィッツの特別番組も見ました。
ジミー・ベックの俳優さんがまん丸顔で一瞬誰かわかりませんでした(笑)。

カクテキさん、こんにちは。
こう普通に終わられるのも、ある意味最強のクリフハンガーですよね^^;
自分の使命に目覚めたデクランを、キャシーもきっと支えてくれることでしょう。

トミーの浮気相手ドナ、ホワイトハウスにジェイソンさんが出演したとき彼女にちゅっ♪としてたシーンを見て、おいおいそれは弟の愛人だぞ!と速攻突っ込んでしまいました(笑)

>ジミー・ベックの俳優さんがまん丸顔で
笑! たしかにだいぶ変わっておられましたよね。
「ホーンブロワー」で再開した時にはすでにあの丸顔になってたので、個人的にはあまり違和感ありませんでしたが(笑)
降板すると言う彼を脚本家が「今度は君を死なせるから!」と言って引き止めた、という話には爆笑しました。
息子のマーク君はLOMに登場した時より若々しく見えましたね^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/41410170

Listed below are links to weblogs that reference ブラザーフッド S2-#10(最終話):

« Spooks S4-#9「The Sting」 | Main | The Fixer »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら