« マルク注射に行く | Main | ニューヨーク自転車主義 »

June 27, 2008

NCIS3 #14「コリアタウンの秘密」

 リタイアするのしないのと言いながらいまだにNCISを観てるのは、ちょうどこの日この時間が空いてるからなんだよね。ディノッゾとジーヴァの言い合いは中学生が主役のシットコムを観てるみたいでもう限界なんですが、今回はそれもかなり控えめだったので気持ちよく観れました。
 いやーしかし、東洋人女性は夫に殴られても黙って耐える…みたいなオチじゃなくて良かった。実際、韓国の女の人は気が強くて夫婦喧嘩になったら夫を殴るのなんかザラだそうですし^^; 日本人だって黙って耐える人の方が少数派ですよねぇ。
 商店の韓国人オヤジはDeadwoodの中国人ウーでした。「c*cks*cker」以外の英語も喋れるんだ!(笑)

 ところでNCISのアビーや「HOUSE」のキャメロンがよくパフスリーブのブラウスを着ていて可愛いなと思っていたので、私も一枚買ってみました。が、似合わない………筋肉質な腕と袖の可愛さがアンバランスすぎて笑えます(爆) デザインはとっても気に入ってるんですけど。やっぱりあれは華奢な人が着るものなのね〜^^;

|

« マルク注射に行く | Main | ニューヨーク自転車主義 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
>ディノッゾとジーヴァの言い合いは中学生が主役のシットコム
適表現ですわ。それにウケ狙いの脚本がミエミエです。もう少しナチュラルに笑いをとれる会話ができないものでしょうか。

>東洋人女性は夫に殴られても黙って耐える
私も変にステレオタイプに描かれないか心配でした。
虐待をウケていたのは旦那だったというオチは考えましたね。

Posted by: さとうさんた | June 28, 2008 at 05:58 AM

さんたさん、こんにちは。
ウケ狙いが見え見えで、逆に冷めてしまいますよね〜。
ディノッゾが子供っぽいキャラだから仕方ないのかな?って気もしますが、それにしても大人げない…と思うことしばしば(苦笑)
それにくらべてHOUSEのメンバーのようなピリッと毒のきいた大人の掛け合いはやっぱり楽しいですね。

夫を虐待してた韓国人妻、おそるべし(怖)
妻がスパイだとわかった後も責めたりせず、愛してると言う旦那は誠実でいい奴だな〜と思いました。^^

Posted by: Ayano | June 28, 2008 at 07:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/41667040

Listed below are links to weblogs that reference NCIS3 #14「コリアタウンの秘密」:

« マルク注射に行く | Main | ニューヨーク自転車主義 »