« Sharpe's Peril | Main | リンリー警部「エレナのために」前編 »

May 29, 2008

Deadwood S2-#9

 今週はSpooksもラストでびっくりしたけれど、こっちの方が驚きというかショックでした。こんな終わり方なんて……ひ、ひどすぎるよ(泣)

 すっかりセスになついてるウィリアム。彼が亡き父の思い出を語り、子供の頃に兄と別れたセスは兄がどんな人物だったのか聞くのを楽しみにしている。「ひまわりはパパが好きだったから、きっとおじさんも好きなはず」と言って庭先に種をまくウィリアムは本当にいい子だなって思う。
 セスはウケないジョークを言って「意味が分からない」って言われたり(笑)アルのメリックに対する皮肉も上手いし、アルマのプロポーズ待ちのエルズワースに「きっとクソ真面目に告白したのね」というトリクシーの一言も可笑しかった。ソルは雑貨店でセスの義理の妻と本命の愛人に挟まれてギクシャクしたランチタイム、それを横で見て楽しんでる風のトリクシー。
 その他の人々はというと、チャーリーはヒコックの妻に彼の手紙を届ける決意をしデッドウッドを出て行くことに。唯一の心配事はジェーンだけど、彼女はジョ アニーの売春宿に間借りして暮らすことにしたみたい。探偵社の女はアルにうまくだまされて、金を受け取って町を出て行く決心をする。
 今回はちょっと笑いどころもあって楽しいエピソードだなぁと思ったら。外では何やら騒ぎが始まる。去勢しようとした馬が暴れて逃げ出した。人や物を蹴散らしながら走る馬、そして駆け抜けた後には泥まみれで道に倒れているウィリアムが…………

 ウィリアムの安否は?! そしてこれが妻とアルマとの関係にどんな影響を及ぼすのか。先が全く見えないデッドウッド。だけどとりあえずアルは完全復活、やっぱり彼はこうでなくっちゃ!

|

« Sharpe's Peril | Main | リンリー警部「エレナのために」前編 »

Comments

Ayanoさん、こんばんは。
私は一週遅れで見ていたのですが、Ayanoさんの記事の最初の3行を目にして「なになになにーっっっ??」と今9話を見終えました。がーん…そんなバカな。
ウィリアムは母親同様聡明で素直で、ひたむきな少年。今までもこれからも真っすぐ成長するであろう彼が、こんな事故に巻き込まれるなんて。
全て順調とは言えないけど、セスとアルマとマーサの関係が若干進み始めたようだし、サイの立場は下降気味だし(ふふん)、アル元気!なエピだったのに(涙)
毎週いろいろと予想してみるのですが、なかなか先が読めませんね。でもあと数話でS2終了なんだなぁ、ああどうなるんだいっ!

Posted by: atsumi | May 29, 2008 at 09:40 PM

atsumiさん、こんばんは。
本当に、がーん!ですよね。
ウィリアムは町の大人からもかわいがられて、荒くれ者の集まるデッドウッドに輝く希望の星(どこかで聞いたキャッチコピー^^;)なのに、こんなことになるなんてあんまりです(泣)
マーサは彼女なりにアルマと良好な関係を築こうとしているみたいでしたね。
本当にどんなシーズンエンドを迎えるのでしょう??

Posted by: Ayano | May 30, 2008 at 02:37 AM

もう3週分溜め込んじゃったかな?
なかなか気合を入れないと観られないので
つい後回しになっちゃって・・・
12話でシーズンファイナルなんですね。
なんとか時間を作って観なくては。
観始めると雰囲気が好きだし楽しめるんですけど。

Posted by: Garoto | May 30, 2008 at 07:20 PM

Garotoさん、こんにちは。
Deadwoodはたしかに腰を据えて観ないと話がこんがらがっちゃうんですよね。
でもCRIMEは再放送やキャッチアップ&マラソンなどが多いので、きっとゆっくりご覧いただける機会がやってくることと思います。
久しぶりに骨のあるドラマです。
それにしてもヒコックって本当にすごい人だったんだな、と改めて感じています。

Posted by: Ayano | May 31, 2008 at 02:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/41357858

Listed below are links to weblogs that reference Deadwood S2-#9:

« Sharpe's Peril | Main | リンリー警部「エレナのために」前編 »