« ブログのタイトルを変更しました | Main | 「Touching Evil」UK版DVDが来た♪ »

April 22, 2008

SPOOKS(MI-5)

 BS11で放送中のイギリスドラマ「SPOOKS」をやっと観ました。なんと!

クリーガンの相棒スーザン・テイラーがいるではないですかっっ!!

 わーっ、これはノーチェックでした! S5からハーマイオニー・ノリスが出るということだけしか頭になかったもんで。^^; ロブソンとコンビを組んだ女優さんが立て続けに登場するなんて豪華だわ〜!(←個人的に)
 ちなみに彼女(ニコラ・ウォーカー)が演じているのはルース・エヴァーシェッドというキャラクターでMI-5のエージェントの一人です。クリーガンとコンビ組んでた頃とくらべるとさすがにちょっとおばさんっぽくなりましたが、これがまたスーザンを彷彿とさせるかっこいい女性で、まるで出世してクリーガンと別々の道を歩むことになったスーザンの物語を見ているみたいでなんだか嬉しいんですよね♪

 さてストーリーはというと、いきなりS4からの放送なのでダニーって誰さ?って感じですが、途中のシリーズからではあってもストーリー的にはそれほど問題なく観ていけそう。
 ロンドンで爆弾テロが発生。数時間前に爆破予告があり、たとえひとつを防いでもまた次の爆弾が仕掛けられる。犯行グループは地球の生態系のために人類を淘汰させようとする集団。たしかに人間がいなくなれば地球上のすべてはうまくいくとよく言われますが、それにしてももうちょっとマシな方法を考えつかないもんだろーか。全世界一人っ子政策するとかさ(苦笑)
 というわけでこのドラマは一話完結かと思ったらそうじゃないんですね。まだ1話しか観てないので今のところろくな感想も書けませんが、スーザンことルースの活躍に期待して今後も楽しく観ていこうと思います♪

|

« ブログのタイトルを変更しました | Main | 「Touching Evil」UK版DVDが来た♪ »

Comments

最初に気に入ったのがルースです。かっこいい〜♪アダムはでこっぱちで目が小さいので‥そんなこと気にするなって?
『輝く夜明け』団、短絡的で破壊的考え無しですよねー人類が淘汰された後あんたたちは生き残るのかいっ?
BS11はちゃんと続けて5、6と放送してくれるのかしら?それだけが心配です。

Posted by: atsumi | April 22, 2008 at 09:18 PM

atsumiさん、こんにちは。
わ〜い、atsumiさんもルースがお気に入りなのですね!
アダムは私もまんまし……^^; てか、男性陣は今回はパスかも。この先ハーマイオニー・ノリスの登場もあり、女性がかっこいいドラマかもしれません♪
そして「輝く夜明け」のリーダーはアンドリュー・ティアナンでしたねー。フィッツの頃から相変わらずまだこんなことやってるのかと思ってしまいました(あくまで役の上ですが。笑)
「ホーンブロワー」でもさんざん文句ばっか言ったあげく脱走を試みる水兵だったし(苦笑)
5以降も引き続き放送して欲しいですよね〜。BS11のMI-5ページにもわりと好意的な感想が多いので、期待していいのかなって思ってます♪

Posted by: Ayano | April 23, 2008 at 05:25 PM

お久しぶりです。昔の名前で出ています(!?)
久しぶりに活きのいい英国もので期待して見てますが、さすがに面白いです。初回は見逃したんですが、今週の話はかなり厳しい内容でした。
(最初は、これって現在の「スパイ大作戦」?って感じで軽く見てたんですが、全然そんなことはありませんでした)
アダム演じてるルパート・ペンリー・ジョーンズは「プリンスは大学生」のプリンスですよ!Ayanoさん!
ニコラ・ウォーカーとともにロブソンとは縁が深い人が揃ってますなぁ。
これからも楽しみです。
PS
「ハヤカワミステリマガジン」(海外ミステリドラマ特集)にロブソンのインタビューが載ってましたがお読みになりましたか?

Posted by: SIREN | April 29, 2008 at 11:42 PM

SIRENさん、こんにちは。おひさしぶりです。^^
SPOOKS、私は初回を観たきり録画を溜め込んでる状態なのですよ〜〜最近ちょっと忙しくて。>_<;
おおっ、アダムはプリンスだったのですね! プリンスにはほとんど興味なかったので全然気がつきませんでした(笑)

ミステリマガジン読みました♪
内容はDVDやRGwebに掲載されていたのと同じものでしたが、出版物に活字になって掲載されているというのはまた嬉しいものですね。
いつかロブソンのオリジナルインタビューが日本の雑誌に掲載されるようになる日を心待ちにしています!

Posted by: Ayano | May 01, 2008 at 01:51 AM

今wowowで「ルワンダの涙」を放送中なんですが。あら!ルースではないですか!私、映画館で見たのですがその時はニコラ・ウォーカーのことは知らなかったのですね〜でもこの映画での彼女の役柄(BBCの記者)は知的で、台詞も良かったので強く印象に残っています。
やっぱりいい役者さんなんだなぁと改めて思った次第です。

Posted by: atsumi | May 15, 2008 at 07:55 PM

atsumiさん、こんにちは。
優柔不断男だった「杉の柩」のアダムと違い、ルースはどこへ行ってもキリリとしてかっこいい役が似合いますね♪
「クリーガン」でもそうだけど、彼女とくらべるとアメリカ版のスーザンは見た目も甘すぎてやっぱり違うなぁと。
彼女ちょっと前にはコメディのシリーズにも出ていたそうなんですが、想像つきません〜〜^^; 機会があったら観てみたいです。

Posted by: Ayano | May 15, 2008 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/40961712

Listed below are links to weblogs that reference SPOOKS(MI-5):

« ブログのタイトルを変更しました | Main | 「Touching Evil」UK版DVDが来た♪ »