« ブラザーフッド シーズン2 | Main | NCIS3「心理ゲーム」 »

April 10, 2008

Dexter S2-#10「ハリーの死の謎」

 デクスターとドークスの直接対決のその後。
 FBIの護衛の目があるためデクスターはドークスを小屋に残して一度帰ることにする。朝帰りした彼の元へリタがやって来て、子供たちのためにも少しずつお互いの関係を修復していきたいと言う。ドークスを殺すのは気が引けるが、彼を自由にして自分がベイハーバー・ブッチャーだと知られればリタや子供たち、そしてデボラも深く傷つけることになると改めて気付いたデクスターはドークスを殺すしかないと考える。しかし鎮静剤を飲ませたドークスが意識を失う直前にハリーのことを口にし、それが気になったデクスターはハリーのかつての同僚の元を訪れ、ハリーの死は心臓病の薬を多量に摂取しての自殺だったことを知らされる。
 小屋に残されていたヒメネスの携帯に麻薬の売人から頻繁にメールが来る。ドークスはハリーの掟に当てはまらず殺すことが出来ないと判断したデクスターは、その売人を呼び出して殺し、証拠を捏造してドークスを犯人に仕立て上げることにする。ドークスは目の前で売人を殺そうとするデクスターに「法に裁かせろ」と言って必死に止めようとするが、デクスターは聞き入れない。仕事を終えたデクスターにドークスは一言「あっちへ行け」と言い放つ。それはハリーが死ぬ3日前、書類の不備で釈放された殺人犯をデクスターが捕えて殺したのを見たハリーが口にしたのと同じ言葉だった。ハリーはデクスターの世界を作り出したが、実際にそれを目の当たりにするとあまりの悲惨さに耐えられず、それで自殺したのだろうか。
 ハリーはデクスターが殺人を続けることを実は望まなかったのかも? ようやくリタとの関係が元に戻りつつあるのに、デクスターはまた悩みを抱えることになりそう。

 デボラはランディに捜査が終われば二人の関係も終わりだと言われて大ショック。遊びの関係ではないけれど、未来がないこともわかってる。デボラも理性ではそれをわかってたけど、いろんな可能性があることを信じたくて考えずにいた。やっぱり別れるしかないのかな〜(泣) でも彼と付き合ったことでデボラはいろいろ成長したし、たとえ別れることになっても無駄じゃなかったと思う。

 ライラはまた怪しげな行動を…。エンジェルと仲良くし始めたのはいいけど、自分でデートレイプを飲んで倒れてしまった。またこの女は何を考えてるんでしょう? ビーチで子供たちと遊ぶエンジェル、ほんとにいい奴だよね〜。彼をはめようなんて許せんライラ! ってことでデクスターの今シーズン最後の獲物はライラになるんでしょうか。そしてドークスはどうなるのか?? もう気になることだらけです。

|

« ブラザーフッド シーズン2 | Main | NCIS3「心理ゲーム」 »

Comments

デクスターがドークスをどうするのかヒヤヒヤしながら観ていました。
刃物セットを広げたときはもうお終いか?と思ったけど、意外な方法でドークスの証拠を捏造。さすが、デクスターです。
しかしベイ・ハーバー・ブッチャーの仕事現場を見てしまったドークスは、真実を述べるチャンスを与えられるのでしょうか?
ランディに信じてもらえないラゲルタにしても、ライラに思うままに操られているエンジェルにしても、OZな人たち、お気の毒すぎます!

Posted by: Garoto | April 11, 2008 at 09:32 PM

Garotoさん、こんにちは。

ドークスの「あっちへ行け」という言葉にはどんな意味があるのか? もうデクスターを捕まえてもしょうがないや、みたいな見放した感もありましたが、はたしてどうなるのでしょう!?

ラゲルタも気の毒でしたね。彼女の勘は正しいと見ているこちらはわかっているだけに、彼女のもどかしさがよく伝わってきます。

OZな人たちといえば、この間「Numbers2」にミゲルが出てました(笑)

Posted by: Ayano | April 12, 2008 at 03:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/40840507

Listed below are links to weblogs that reference Dexter S2-#10「ハリーの死の謎」:

« ブラザーフッド シーズン2 | Main | NCIS3「心理ゲーム」 »