« BBCのコメディ「My Family」 | Main | ただ今静養中? »

デッドゾーン #67「ハンティング・パーティー」とシーズン5総括

 ジョニーの元に雑誌の懸賞で当選したパソコンが送られてきた。セットアップしている途中で一通のメールが届き、ジョニーはネット放送のエンジニアが殺されるビジョンを見る。
 ウォルトとともに現場へ向かうと、そのネット放送をしているジャーナリストのフロストが逃げて行くところだった。彼は自分も殺されると言って怯えていたが、スタジオに戻ってみるとエンジニアのフィルの死体は消えていた。

 フロストはネット放送で副大統領を攻撃していたが、その情報は週に一度「ウルフ」と名乗る人物から送られてきていたと言う。しかし彼が暮らしているトレーラーで彼と契約して付き合っているケンドラという女性に会ったジョニーは、彼女からフロストが危険な人物だという話を聞く。そしてその夜、ジョニーは副大統領が二日後に暗殺されるというニュースが放送されるビジョンを見る。
 ジョニーはウォルトからフロストには精神疾患で入院していた過去があり、以前から副大統領に対してストーカー行為を繰り返していたことを知らされる。しかし彼と付き合っていたケンドラもアメリカ改革連合という組織と関わりがあり、その生活はすべて作り物だった。
 ウルフから呼び出されたジョニーとフロストは公園で彼に会うが、その直後にウルフはケンドラに殺されてしまう。ウルフの体からは軍が開発している薬品が検出されたが、捜査もしないうちにFBIを名乗る人物がウルフの遺体を引き取って行ってしまった。そしてフロストも自宅のトレーラーで軍服を着た何者かに連れ去られてしまった。
 ウルフの腕にあったタトゥーに見覚えがあったウォルトは、海兵隊時代の友人から一枚の写真を預かる。そのタトゥーはアフガニスタンで極秘任務にあたっていたレンジャー部隊のもので、その写真にはウルフとともに、ケンドラ、殺されたエンジニアのフィル、そしてジャヌスの姿が……。

 ジョニーはボストンにあるジャヌスのオフィスを訪れ、彼らがスティルソンを利用して副大統領の暗殺を計画していることを知る。さらにFBIからはフロストの逮捕状が出る。副大統領が狩りをするためにメイン州を訪れていることを知り、ジョニーとウォルトは現場へ向かうが、すでに事件は起きた後だった。フロストが副大統領を撃った犯人だとされたが、暗殺を実行したのはケンドラだった。そして副大統領を守るためフロストを射殺したスティルソンは英雄として報道された。

 アメリカ改革連合って何なのか? スティルソンも彼らにとっては駒の一つでしかないってことでしょうか。
 シーズンエンドということもあってか実に話が濃かったです。でも残念ながらこういう話になるとブルースってあんまり必要ないんだよね(苦笑) それでも最初に出てきてジョニーと一緒にパソコンのセットをしてたのは視聴者へのご挨拶といったところでしょうか(笑)

 さてさて、デッドゾーンは大好きなドラマだというにも関わらず、シーズン5はWITBに追われていたせいで感想はおろかじっくり観ることさえできませんでした。というわけでシーズン総括して感想を……。
 今までのシーズンとくらべるといまいち全体的にパッとしない感はありましたが、一番印象に残ってるのは「独立記念日」のエピ。バイクオヤジ達が実にいい味出してました(笑)
 このエピの演出を手がけたのはウォルトだったんですねぇ! そして今や「Numb3rs」ですっかり有名になっちゃった弟のDylan Brunoがゲスト出演。実は彼が見たくてNumbersシーズン2はちょこっと観てたんですよね。やっぱり時々、そっくり!って思うことがあります(笑) そしたらNumbersの方でも兄弟共演エピがあるじゃないですか。仲良し兄弟なんですね〜。
(そういえばウォルトってCSIマイアミ5に出てくるんじゃなかった? たぶん今週か来週放送のエピ。観たいな〜)
 ジョニーがプロデューサーでウォルトが監督、じゃあブルースは?って思ったら彼も「暴かれた真実」(パーディがサイロで埋もれるエピ)で監督をしたんですね。ドラマを地でいく見事なチームプレー。現場は楽しそうだなぁ^^

 他には久々にデーナが登場したエピや、聖ヨハネの指の骨を盗み出すエピなどが印象に残ってます。それとシーズン4の「コレクター」の話からつながってる「心の闇」も面白かった。サラを殺したと言う犯人を撃つのか!?撃つのかーー!?と思わせておいて「あなたには黙秘権がある」って言ったウォルト。やっぱり彼はかっこいい。#^^#

 シーズン6はこの夏放送ですか。でもこれで本当に最後なんだよね……もっともっと観ていたいのに(泣)
 すでにジョニーとブルースとウォルトが恋しいです。

« BBCのコメディ「My Family」 | Main | ただ今静養中? »

Comments

今シーズンもなんだかあっという間に終わってしまいました。
私は前回の「心の闇」がベストエピかな。
サラの妊娠を知ったときのジョニーの衝撃。
それをウォルトに伝えるジョニーもせつなかったんだけど、ウォルトのジョニーへの思いやりも素敵だなって、JJは理想的お父さんを二人も持つことが出来て幸せ者です。
次シーズンが本当のファイナルは寂しいですね。
そういえばウォルトは先週のマイアミに出てました。地味なキャラでしたが。

Garotoさん、こんにちは。
「心の闇」は3人の気持ちがよく描かれたエピソードでしたね。
次のシーズンではサラとウォルトの子供も登場するのでしょうか。お兄さんらしくなっていくJJも見てみたいのに、終わってしまうなんて本当に残念です。

ウォルト登場のマイアミは先週でしたか!
お知らせくださってありがとうございます。
地味なキャラだったんですね。^^;
ウォルトはいつもいい人だったので、たまには悪い役を演じている姿を見てみたいです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/40481040

Listed below are links to weblogs that reference デッドゾーン #67「ハンティング・パーティー」とシーズン5総括:

« BBCのコメディ「My Family」 | Main | ただ今静養中? »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ