« January 2008 | Main | March 2008 »

February 27, 2008

パブロ・モンテロにハマりかけてます

 アメリカのiTunes Storeを物色していて、残高であと一曲買えるけど何にしよう?と迷った末に買ってしまったのが、スパドラで放映されたテレノベラ「ビクトリア〜愛と復讐の嵐〜」の主題歌「Olvidarte Jamas」でした。まさかあるとは思わなかった(笑)
 この曲はPablo Monteroさんのアルバムの中に収録されています。ドラマのオープニングでは派手な衣装で熱唱しておりましたが、アルバムのジャケットはすごくセクシーでかっこいいです。

516acfzamgl_aa240_

 他の曲も視聴してみましたが、すごく良かったですよん。ラテンの美声にうっとり(笑) アルバムそのまま買いたくなっちゃいました。もしiTunesをお持ちでしたらぜひ聴いてみてくださいませ♪(アカウントがなくても視聴はできます)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 26, 2008

Wire in the Blood「セブン」撮影裏話

 悲しいラストでしたねぇ(涙) でも結局鳩を放たなかったカートの心には良心が残っていたということだから、まだ救いがあるのかな。

 さて、今回は「炎の英雄シャープ」でシャープの嫌な上官だったシマーソンことマイケル・コクレインさんが登場しましたね〜。相変わらず嫌な奴でしたが、ご本人はいたずら好きのとってもお茶目な方のようでです。

 たとえばこのシーン↓
W4_3_0053_2

 テーブルに乗っかってる頭は作り物ではなくご本人です。
 それを知らないロブソンが近付いたときマイケルさんがこの生首状態で「やあロブソン」って話しかけたので、 ロブソンはメチャクチャびびったそうです(笑)

 WITBはこういう陰惨な話や残酷なシーンが多いけど、現場はとっても楽しいそうです。とくにロブソンはみんなに冗談を言ったりして、彼がセットに来ただけで現場の雰囲気が明るくなるとか。「ロブソンはすごく面白い人!」とポーラ役のエマ・ハンディも言ってます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 22, 2008

Jelly Belly

 ドラマのお供にちょっとつまめる甘いものがないかな〜と思って、こんなものを買ってしまいました。

0981

 アメリカのゼリービーンズことJelly Bellyです。
 ポイッと口に入れられる粒タイプのお菓子を買おうと思って、まず頭に浮かんだのがm&m'sやHERSHEY'Sの粒チョコ。でもすぐに飽きそうだ……かといって日本のチョコレート菓子(コアラのマーチとかアポロチョコ)やクッキーなんかは量が少なくて一気食いしてしまいそう。そこで思い出したのがアメリカに行ったときに買ったJelly Bellyなのでした。これが歯にくっつくし味もそんなに美味しくないんだけど、45種類のフレーバーが入っていて飽きがきません。しかも今回は巨大サイズを購入。4ポンド入り(約1.8kg)なので“ちょっと”って量じゃないですよね(それでもすでに半分近くなくなってますが。笑)
 テレビを見たりパソコン使いながらついつい手を出してしまってます。

 みなさんはドラマのお供にどんなものを用意してらっしゃいますか?
(ガツガツ食べてるのは私だけだったりして…笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 20, 2008

US版クリーガンがミスチャンに!

 ついにお目見えするそうですよ! わ〜い!!happy02
 オリジナルを放送した局なんだからリメイク版もいつかはやってくれるはずだ!と信じて何度かリクエストをしましたが、実現して嬉しいです(感涙)
 これで地方局独特のものすごいローカルなCMも入らずに見ることができます。
(あれはあれで味があったけど。笑)
 ミステリチャンネルさん、ありがとう!

 あ、ちなみに4月6日スタートです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2008

Mac Book デビューしました

写真はあんまりきれいじゃないけど……

0979_001

 新しいパソコンが届きました♪
 13インチのワイドスクリーンなので、以前のもの(12インチ)と比べると縦(高さ)はそのままで横に5センチくらい伸びたかんじ。重さもちょっと増えたかな。なんかiPodシャッフルっぽいリモコンが付いてるんだけど何に使うんだろう?
 どうやらOSは最新のLeopardとかいうのが入ってるそうな(←よくわかってない)
 それはともかく、いや〜〜美しい! 画面が綺麗!!
 しかも画面の上にカメラが付いてるっ!!
 そして速い!!!
 今まで使ってたiBookとはまるで違う世界です。なんといっても、死にかけのハードディスクが回転する嫌〜な音がしないのが嬉しい(そこか?笑)
 でもキーボードのデザインは前のiBookの方がよかったかな。今度のやつは手の汚れがついてだんだん黒くなっちゃいそうなんですよね。
 それと、お気に入りのブラウザFireFoxがまだLeopardに対応してないみたいでインストールできないのが悲しい。当分はSafariで我慢するしかないですね。
 例によって全機能使いこなすのは絶対無理ですが、おかげでまた快適にPCライフを楽しめます。happy01

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 18, 2008

WITB4 先行エピソードガイド最終章

 Wire in the Bloodシリーズ4最終話「Wounded Surgeon(邦題:ナイトメア)」の先行エピガイをアップしました。

 疲れた・・・・・

 頑張って作ったので、ぜひご覧になってみてください。
 こちらよりどうぞ。
(ネタばれはそんなにありませんがラストシーンについて触れてます)
 多少の誤字脱字はご容赦ください。パソコンが死に掛けてるのでもう直せません。coldsweats01

 はああ~~~しかし肩の荷が下りたっていうか、これでやっと録画をためっ放しにしてたギャラクティカとアッシュ&スクリブスに手をつけられるし、テレビも通常スケジュールで見れるので楽になります。先週N/Tがお休みだったのも寂しいながら個人的には助かった。(バレンタインデーにN/Tやらなくてどうするんだ!って気もしましたが。笑)

 ブログではミステリチャンネルの放送にあわせて引き続き撮影の裏話などを書いていきたいと思います。皆様も残りのエピソードをじっくりお楽しみくださいね♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 17, 2008

Wire in the Blood「ボイス」撮影裏話など

 詳しいあらすじ等はHPのエピソードガイドに書いてますので、そちらをご覧下さいまし~。
 今回はポーラとケビンが頑張ってましたね。原作を読んでいたのでポーラが無事なのはわかっていたのですが、それでも助けを求める彼女の姿は演技とは思えないほど真に迫っていて、さすが舞台で経験を積んでる女優さんだなぁとあらためて感じました。

W4_2_40_2

 おとり捜査のシーンの撮影について、ポーラ役のエマ・ハンディはこんな話をしています。

「真冬の北東部での夜間ロケということで非常に厳しい寒さの中での撮影だった。衣装のスカートは超短くてしかも生脚。見えないようにブーツの中にフットウォーマーを履いてたけど、それでもちょっと風が吹いただけで肌が切れそうなほど痛い。そんな中スタッフが用意してくれた暖かいコートと熱々のスープは本当に有難くて、おかげでこの撮影を乗り切ることができた」

 上半身ノースリーブになるシーンもありましたもんね~。役者さんって本当に体力勝負なんだなぁ。
 ちなみに彼女はポーラとケビンの関係についても語っています。

「ポーラとケビンは長いこと一緒に仕事をしてきて、お互いに同僚としてだけではなく友情に近い絆も感じている。二人はとてもいい関係になってきていると思う」

 彼女は自分のナローボートを所有していて、運河や海へ出て過ごす時間が大好きなのだそうです。ポーラ同様とってもアクティブな方なんですね~。

::ついでの情報::
 ついにパソコン(iBook)が虫の息に・・・shock
 ハードディスクが臨終寸前でHP作成ソフトのファイルの保存もできなくなってしまいました。一応ページの作成とアップロードはできるのでエピガイの残り1ページは突貫工事で作らねば。個別ページのファイルはなんとか全部拾えたので、パソコンを買い替えてもまた1からHP作り直しということにはならずにすむと思いますが・・・ちょっと不安。とくにジョーディーのページは本当に苦労したので、また作り直すなんて考えただけで凹みます。
 まあサブマシンのWinでブログは更新できるし、画像の管理もWinを使ってるのが救いだったな。というわけでエピガイより先にフォトギャラリー第4弾を公開。左サイドバーに入口があります。
 来週中には新しいMac Bookにお引越しです。(懐が痛いなーbearing

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 13, 2008

Wire in the Blood 4 :: Photo Gallery 3

 シリーズ4のフォトギャラリー第3弾をアップしましたので、ぜひご覧になってみてください。
 左サイドバーの入口よりどうぞ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2008

Wire in the Blood 3「ドミネイト」撮影裏話

 いよいよミステリチャンネルでの放送が始まりました。
 何度も観ているのに、ミスチャンマークと字幕があるだけで違うドラマに見えてしまうのが不思議です(笑)
 あらすじと感想はHPのエピガイページにすでに書いてるので、ここではちょっとした小話をいくつかご紹介します。

 まず、ヒル先生を変態呼ばわりしたゴスの女の子キャシー。彼女は前シリーズの「9P.M.」のエピにも登場してました。冒頭の空港のシーンでチェックインカウンターにいた(そして最後に連れ去られた)彼女ですよん。メイクが違うので別人みたいだけどお気づきになりましたでしょうか?

 さて、今回初登場のアレックスことシモーヌ・ラビーブさん。彼女は出産してわずか3ヵ月後にWITBシリーズの撮影に入りました。体がかなりふっくりしてるのはそのせいなんですね。(エピが進むにつれて少しずつしぼんできます。笑)

「典型的な働く母親であるアレックスを演じるにあたり、自分自身が母親になったことが大変役に立っている。コースタル・プロダクションは私のために特別に大型のトレーラーを用意してくれて、撮影の合間に子供の面倒を見ることができるよう配慮してくれた」
(Wire in the Bloodキャスト・インタビューより)

 普段はロンドンで暮らしている彼女ですが、WITBの撮影中はニューカッスルに住まいを移して生活しています。

::追記です::
 第2話「Torment」(邦題:ボイス)のフォトギャラリーをアップしました。
 左サイドバーのサムネイルよりお入りください♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 10, 2008

WITB4 先行エピソードガイドその3

 シリーズ4第3話「Hole in the Heart」(邦題:セブン)の先行エピソードガイドをアップしました(眠いsad
 パソコンが半壊れ状態なので時間がかかってしまいましたが、なんとか無事完成しました。あらすじは最初もっと詳しく書いたんだけど、長ったらしいので後半部分を削りました。その分に関しては放送後あらためて書き加えたいと思います(パソコンが生きてればの話)
 それにしてもミスチャンの考える邦題がだんだん手抜きになってきているように思えるのは気のせいでしょうか(苦笑) 2話のタイトルは原作そのまんま「殺しの仮面」じゃだめだったのかなぁ。

 エピガイはこちらよりどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

NIP/TUCK #46

 思ったことだけ簡単に書きます。

どうしてみんなアニーの優しさに気付いてあげられないんだろう!?pout

 アニーが自分の指を縛ったところまではジュリアも理解したけど、人形の指を切ったりしたのは生まれてくる弟への侮辱だって言う。でもアニーはきっと弟が自分の指を不自然だと感じなくてすむようにと考えてやったことだと思うんだよね。なのにアニーの言い分を誰も聞こうともしない。一家で唯一まともな子なのに、こういう積み重ねでだんだん歪んでしまったらと思うと悲しいです。そりゃ整形で指を治してあげることも必要だとは思うけど、一番大切なのはアニーのような心を持つことだと思うんだよねー。
 マットは親から言われてしぶしぶ出かけたスポーツクラブでキンバーに再会。以前と違っていきいきとした彼女の姿に影響され、彼女が入会たという新興宗教に自分も入ることにする。また極端な行動にはしってますが(苦笑)まあそれで自分の心の安らぎが得られるのはいいと思うけど、心配する親たちの気持ちもわからなくはないな。キンバーはもう登場しないと思っていたのですが、思いのほか元気そうで安心しました。今までの儲けのおかげでいい生活は続けてるみたいですね。

 で、クリスチャン。自分はゲイじゃないんだ〜〜!と主張することに必死(笑)
 でも私はクリスチャンはゲイではないと思う。相手が男じゃないと愛せないのがゲイだとして、クリスチャンは男だろうが女だろうがショーンじゃなきゃ愛せないってことだと思うんですよ。ゲイとかバイとかそういう区別は超えたところでね。だから男にせまられても嬉しくないし(養父にレイプされた過去もトラウマになってる)女が相手でも一時の楽しみで虚しさしか感じない、それは相手がショーンじゃないから!!(←決めつけてます)
 物事をありのままに受け入れることがいかに難しいか。それを乗り越えた時にクリスチャンもショーンもマットも生まれてくる子もみんな幸せになれるのだろうけど、道のりはまだ長そうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 07, 2008

DEXTER シーズン2

 今月の4大ドラマのひとつ「デクスター」のシーズン2がいよいよ始まりました!
(ちなみに他の3作は言うまでもなくN/T4、SVU2、WITB4です)

 兄を殺してから38日。ドークスが目を光らせているためデクスターは仲間とボウリングに付き合って楽しむふりをしたり、デボラが部屋に住み着いてるせいもあって一人の時間が持てず殺人の欲求が満たせない。ようやくドークスを追い払うのに成功しターゲットを捕らえたものの、いざ実行というときになってなぜか躊躇してしまい計画は中止。リタの子供たちに持って行ってあげたドーナツも不評でデクスターは完全にスランプに陥ったかにみえた。

 デクスターは獲物が盲目の黒人男性だったことが実行をためらった理由ではないかと感じ始め、新たな獲物を探すことにする。そこでギャングによる殺人事件が発生。犯人はリトル・チノという殺し屋で、彼が今まで何件もの殺人を犯していたのは明白だったがいずれも証人が殺されて不起訴、以来彼に殺されるのを恐れて事件が起きても誰も証言をせずチノは野放し状態だった。
 殺された少年の妹の瞳にかつての自分と同じ悲しみを感じたデクスターは次の獲物をチノに決める。ところが相手は屈強な筋肉男で、デクスターが手間取っている間に体に巻きつけられたテープを破って逃げ出してしまった。

 刑務所にいるポールは自分の無実の証拠になる靴を探すようリタにしつこく言うが、デクスターを巻き込みたくないリタはポールが刑務所にいるのは自業自得で靴は見つけたけど処分すると言い捨てる。しかし翌日ポールが刑務所内で喧嘩をして殺されたという知らせが入る。面会のときにポールが怪我をしているのに気付いていて、彼を救うことができたかもしれないのに見捨ててしまったことをリタは後悔する。

 デボラは復職するがいまだ事件のショックを引きずっている。ニュースで彼女のことをしった野次馬たちに冷やかされてもどうにか笑ってやりすごすが、バーで男に触られるととっさに彼を殴ってしまった。
 デクスターもデボラもどうしたら今の状況を打開できるのか? という時に、海で沈没船の宝を探していたトレジャーハンターが海底に沈むビニール袋に入った死体を発見。それはデクスターが今までに殺して海に捨てた死体の数々だった。デボラはこの事件を解決することで自分を取り戻せると確信し、追われる立場になったデクスターは久しぶりに生きていると実感することができた。

 冷凍車キラーの事件が幕を下ろし、シーズン1以上にハラハラする展開がはたしてあるのだろうかと少し気になっていたんですが、なんのその。シーズン2も期待を裏切らないスタートとなりました。
 ドークスがどこまでデクスターを追い詰めるのか(でもデボラには優しいんだよね)
 リタはデクスターの正体に気付くのか(気付いても受け入れそう)
 リトル・チノとの対決もどうなっていくのか目が離せません。毎週ドキドキしながら楽しみたいと思いますheart02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2008

Wire in the Blood 4 :: Photo Gallery 1

 ミステリチャンネルでの放送がいよいよ明後日となりましたheart04

 先行エピソードガイドに続き、第1話「Time to Muder and Create(邦題:ドミネイト)」のフォトギャラリーをアップしましたので、よろしければご覧になってみてくださいまし♪

 左サイドバーの入口、またはこちらよりどうぞeye

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 04, 2008

NYジャイアンツ スーパーボウル制覇!!

感無量です!!!(号泣)

「Rescue Me」や「アグリー・ベティ」などニューヨークが舞台のドラマでたびたび話題に登場するので海外ドラマファンの方もチームの名前くらいはご存知かと思いますが、おかげさまで私の大好きなNYジャイアンツが今シーズンのスーパーボウルチャンピオンの座に輝きました!!

 思えば今から7年前、勢いに乗って一気にスーパーボウルまで行ったけどQBコリンズがインターセプト連発でパニクって自滅するという最悪のパターンに陥りボルティモアに惨敗、そのショックで翌朝歯にばい菌が入って顔半分が持田香織のよーにパンパンに腫れ上がり歯医者に駆け込んだという苦い記憶があります。
 でも今年はシーズンの成績もイマイチでプレーオフも第5シード、7年前のような勢いはまったくなく気が付いたら地味~に勝ち進んでいたって感じでした。
 一方のニューイングランドはここ数年スーパーボウルの常連で今年は全試合勝利というすごい成績で来たわけで、正直言ってジャイアンツにはあまり期待してなかったんですよね。
(私が応援するチームは負けるというジンクスがあって、期待しなければショックも少なくてすむから)

 だから4Q残り40秒でTD決めた時はもうマジで泣きました。
 やったねイーライ! MVPおめでとう!
 でも褒められるべきはやはりディフェンス陣だと思います。ブレイディは完全にダメダメ。足の調子が良くなかったそうですが、そこへNYディフェンス陣のあのプレッシャーじゃきつかっただろうなぁ。それにしても彼らしさが全然見られなかったけど。何かあったんでしょうか。
 ともあれ、ずっと願い続けてきたスーパーボウル制覇の夢。バーバーは去年で引退しちゃったし、前回出場のメンツで残ってるのってストレイハンとトゥーマーくらい?
 久々の明るい出来事に心晴れやかになりました♪

 ちなみに先日アーセナル戦でまたもや敗北を喫したまぐす。こっちは完全に期待を捨てています(苦笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 02, 2008

WITB4 先行エピガイその2

 ↓クリックすると元の大きさの画像をご覧いただけます♪

Cap033

「Wire in the Blood」シリーズ4第2話「Torment」のエピガイをアップしました。

激しくネタバレありますので原作を読んでいない方はご注意ください。

 こちらよりどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »