« SPIRAL #5 | Main | キタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ !!!! 2008 »

December 17, 2007

デッドゾーン #56「禁断の果実」

 いよいよシーズン5が始まりました♪
 シーズン4の最後でミランダはジョニーの身の安全とひきかえにジャヌスと取引きし、スティルソンとの結婚を決意。
 結婚式の日が迫る中、ミランダの父がドレスを抱いて悲しむヴィジョンを見たジョニーは、ミランダと取引きしたジャヌスに会うためパーディの元を訪れる。パーディはジャヌスの連絡先を知らなかったが、ジャヌスと関わりのあるらしい住所を見つけてジョニーに教える。そこはジャヌスがかつて幽霊会社のオフィスとして使っていた場所で、ジャヌスはトムリンというのジャーナリストとコンタクトを取っていたらしい。トムリンは世間を騒がせている政府の内部文書流出に関する記事を書き、その情報源について一切口を開こうとしなかった。しかしトムリンの妻が毒蛇に噛まれるヴィジョンを見たジョニーは危ういところで彼女を助け、トムリンは家族にこれ以上の危害がおよぶのを防ぐため情報源の名を記者会見で明らかにすることに。ところが彼が口にした名はジャヌスではなく、スティルソンの政治的ライバルであるケリー上院議員だった。
 ヴィジョンでトムリンの家に蛇を放った男が売人から蛇の毒も買っていたことを思い出したジョニーはミランダに危険が迫っていると感じ結婚式の会場へ向かう。しかしすでに遅く、ミランダは式の直前に亡くなった。式がテレビで中継される予定だったこともあり、花嫁を失ったスティルソンの姿は全米に映し出され、彼はマスコミからヒーローとして扱われることに…。

 ミランダは死ぬ必要あったのかな?(苦笑)
 やっぱりジャヌスが持ってきたピアスに毒が仕込まれてたんでしょうね。でもヴィジョンは法的な証拠にならないから、ジャヌスのせいだと証明できないジョニーはさぞ歯痒いことでしょう。
 ジャヌスのやり方はわかったけど、じゃあなんで他の若手議員ではなくスティルソンなのか?ってところが謎。やっぱりスティルソンの父親が絡んでいるのでしょうか。いずれにせよスティルソンがミランダへの愛情を示した時はハルマゲドンのヴィジョンが消えたってことは、彼女との結婚がなくなった今はまたハルマゲドンへの道を進みつつあるわけで、ジョニーはこれをどうやって変えるのか?! それらが明らかになるのはまたシーズンエンドまで持ち越しだと思いますが。
 そして相変わらずジョニーにくっついて回ってるブルース。理学療法士の仕事しなくていいのかなぁ。それともジョニーと一緒にいるときは仕事ってことで時給が発生してるとか(笑) でもジョニーはもう普通に歩けるし、やっぱりたんに友達としてつるんでるだけなのかも。もっとも二人の会話が好きだからこちらとしては嬉しいけど(笑)
 ウォルトが今回登場しなかったのはちょっと残念でしたが、シーズン5もオヤジ三人衆の姿を拝みつつ楽しく観ていこうと思います♪

|

« SPIRAL #5 | Main | キタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ !!!! 2008 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/17390104

Listed below are links to weblogs that reference デッドゾーン #56「禁断の果実」:

« SPIRAL #5 | Main | キタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ !!!! 2008 »