« NCIS2「生き写しの捜査班」 | Main | Touching Evil「血の記憶」 »

November 10, 2007

Wire in the Blood 4 - episode3

 日本未放映のシリーズ4第3話“Hole in the Heart”を観ました♪
 ネタバレありません。感想を簡単に〜。

 前回ヒドイ目に遭ってしまったポーラは無事復活。しかし今度はイーデン次長がピーンチ!!
 事件は最初フリーメイソンが関わっているのではと思われました。フリーメイソンってもともとはケルト地方の石工職人のギルドで、階級によって握手が違うとかそれくらいしか知らないんですが……とにかく「炎の英雄シャープ」でおなじみシマーソンがフリーメイソンのブラッドフィールド地区のマスターとして登場!(爆) 本業は判事で、またしても同じような役柄でござんした。
 それにしても教会や聖書や宗教が絡んでくると私にはさっぱりです。というわけで今回は事件の黒幕が誰なのかいまいちよくわかりませんでした(苦笑)
 ラストもヒル先生にとって非常に辛いものとなってしまいました。あれはショックだよな〜〜(涙)

 今回はキャロルとコンビを組んでいた頃には絶対に考えられなかったシーンもありました。ヒル先生がアレックスに付き合ってある発表会に行くんですが、笑いのツボがわからず一人で首を傾げているところがいかにもヒル先生らしくて可笑しい♪ キャロルともいつかはこういう関係になれたんだろうなぁって想像してしまいました。
(ヒル先生とカエルの傘……ありえない。笑)
 今回は撮影した場所やセットがイギリスにしては古典ヨーロッパ的で、まるでフランスのドラマを見ているようないつもと違った雰囲気のWITBを楽しめましたよ♪

|

« NCIS2「生き写しの捜査班」 | Main | Touching Evil「血の記憶」 »

Comments

ayanoさん今日は。

新コンビ誕生ですか。
キャロル役の女優さんが容姿もクールすぎたので(他のドラマや映画で見ても冷たい感じの役ばかりのような…)、アレックスに代わって何となくいい感じになってきそうですね。救いのない話が多いので、事件意外のシーンでは笑いも欲しい…。

ミスチャンではいつ新シリーズやってくれるのかな~? まだまだ先でしょうね(泣)

Posted by: とに | November 18, 2007 at 04:42 PM

とにさん、こんにちは。
アレックスはなかなか良い感じです♪
笑いというか、ちょっとほっとするようなシーンは増えたかもしれません。
キャロルはすごくクールでしたよね。
ミスチャンでも放映された「蒼ざめた馬」ではお金持ちのお嬢様役で、ちょっと能天気なキャラクターでかわいかったですよ(笑)

ミスチャンでの放映は早くて来年春ころでしょうか?
たくさんの方のご感想を聞いてみたいので、ぜひ放映していただきたいです。

Posted by: Ayano | November 20, 2007 at 05:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/17032970

Listed below are links to weblogs that reference Wire in the Blood 4 - episode3:

« NCIS2「生き写しの捜査班」 | Main | Touching Evil「血の記憶」 »