« Wire in the Blood 4 - episode3 | Main | SPIRAL〜連鎖〜 »

Touching Evil「血の記憶」

 テレ玉でもやってるそうで、さっそく視聴。しかし視聴といえるのかどうか……。うちは地方局といえば東京MXとテレ玉が入るのですが、いずれも砂嵐で見れたもんじゃありません。ただMXの方は一応カラーで映るしギリギリ視聴に耐えうる状態、でもテレ玉はどちらかといえば白黒砂嵐の中に画像が映ってるって感じで、人間の顔も輪郭くらいしか認識できず不気味でまるで貞子の呪いのビデオのようです(苦笑)
 それでも音声はクリアなので、てんかんを起こしそうなチカチカ画面はいっそ見るのをやめて声だけで楽しみました。だからあまり突っ込んだことは書けませんが一応オリジナルとの比較や感想などを……。
(微妙にネタバレあります)

 まずクリーガン。アメリカのファンサイトなどで今までさんざん動画を見てきたので外見的なイメージが違うのは承知してました。それにどうせうちのテレビじゃ顔がわかんないし(苦笑)なので今回の比較材料は“森田さんじゃないクリーガン”。US版はニック・フォーリンの声だよね? 顔が見えないだけに、あの声を聞いてるとどうしてもピッツバーグのタレ目弁護士の顔が目に浮かんでしまいますが(笑)これがほぼオリジナルクリーガンのイメージと変わらなかったのでちょっと安心しました。
 キャラクターや設定はちょっと違うかな。娘の名前も違うし(オリジナルはルビーとルイーズ) それにオリジナルは元妻ケリーの新しい恋人との関係も描かれてましたが、いまのところUS版はそこまで複雑じゃないみたい。
 あっ、そういえばUSクリーガンは左目の視野が狭まっているとか言って、スーザン(ブランカ?なぜにテイラーじゃないの?笑)に「だから相棒が必要なんだ」なんて言ってましたが、ないない! オリジナルじゃ絶対こんなこと言いませんから! だいたいあの人(ロブソンクリーガンのこと)は何でも一人で抱え込んじゃって他人の助けを拒否しまくる人ですからね(←内に溜め込むタイプ) でもやっぱりあの事件の後はスーザンの助けが必要で、スーザンも同じように助けが必要なのに、自分が弱いところを見せたらクリーガンのためにならない!とばかりに強がってみせる姿が痛々しくて見てるこっちも一緒に落ち込むんですよねーー。そう考えるとUSクリーガンはそれを口に出せるだけまだ救いがあるのかな。かわりに身体的後遺症に悩まされそうだけど。

 さて今回のエピソードはオリジナルの第5話「呪われた記憶」が元の話でした。しかしこれほどまでに深いのかと見る側をも悲しくさせる犯人の心の傷や、それゆえに歪んで暴走していく様はオリジナルの方がはるかにじっくり描かれています。ただしこれはオリジナルが前後編で作られているということもあるわけで、US版の方も1時間に縮めるしてはそれをうまくまとめた感がありました。でも結末はやっぱりアメリカ的なのね……オリジナルではかなり悲惨なことになっちゃいましたが。もっともあそこで悪い結末にするということはアメリカによるイラクへの派兵は(人道支援のためとはいえ)間違ったことかもよって意味になっちゃうわけだから、ブルース・ウィリスがプロデューサーってことも考えるとあの結末が当然なのかもしれません。
 次回以降も楽しみに観て(正確には聴いて)いこうと思います♪

« Wire in the Blood 4 - episode3 | Main | SPIRAL〜連鎖〜 »

Comments

こんにちは。
砂嵐での視聴、たいへんでしたね。
私もチバテレビから見てみました。
こちらは割と映りは良いのですが、クリーガンのイメージは大分違いますね。イメージというより、やっぱり年齢かな? もう少し渋いところを望みたいのですが、やっぱり別ものと考えたほうがいいですね。
お話はテレ玉とは進み具合が違うようで、若者たちが謎の指令に従ってエスカレートしていく回でした。
オリジナルと同じように進んでいきつつも、味つけはやっぱり違っていて、結末も変えてありました。
ラストが少し唐突でしたが、これはやっぱりオリジナルより時間が短いのが原因でしょうね。
オープニングでプロデューサー、ブルース・ウィリスと書いてあるのもしっかり確認いたしました。
私も続けてみていきたいと思います。


 

いばらさん、こんにちは。
砂嵐ですが音声が普通に聞くことができたのがせめてもの救いです(苦笑)

アメリカ版クリーガンはどちらかというとWITBのケヴィン君っぽいですよね(笑)
ロブソンも一応あの頃はまだ30代前半だったのですが、やっぱりスーツとカジュアルの違いは大きいです。
テレ玉は他局より1週遅れの放映のようですよ。
オリジナルのストーリーをベースに独自のアレンジを加えてるあたり、リメイクとしてはなかなかいい作り方だなと思いました。
ブルース・ウィリスご本人のゲスト出演はあるのでしょうか?
この先クリーガンがどこまで精神衰弱していくのか見届けたいと思います(笑)

こんにちは。

このエピは面白かった!
久々にCKRの悪役振りを堪能できたし。

すっかりUSクリーガンにハマっていますが、アメリカドラマ歴の長い私には(笑)出てくるオヤジたちがお馴染みさんなのも嬉しいところです。
今週のエピ(テレ玉では来週ですね)のクリーガンと対決するオヤジもよく観る顔でした。

砂嵐の中での視聴、ご苦労様です・・・

Gerotoさん、こんにちは。
US版もすごく面白いですよね。
お馴染みのオヤジが現れると嬉しいです。
OSCの上司はケイレブでもよかったかな(笑)

このエピは砂嵐でしたが(苦笑)
他の地上波チャンネルももともとあまり映りが良くないので、これを期に電器屋さんにアンテナを調整してもらいました。
おかげで来週のエピからはちゃんと観ることができるようになります♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/17071370

Listed below are links to weblogs that reference Touching Evil「血の記憶」:

« Wire in the Blood 4 - episode3 | Main | SPIRAL〜連鎖〜 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ