« ブラザーフッド #5 | Main | ゾディアック2 〜十二宮の闇〜 »

デッドゾーン シーズン4

 大好きなドラマの新シーズンが始まりました♪
 今まで木曜夜の初回放送は吹替え版だったのに、今シーズンからなぜか初回は字幕版なんですね。私としてはデッドゾーンは吹替えで観る派なので、これからは土曜の夜の放送待ちです。
 それとオープニングの音楽も変わった……なんか、慣れるのに時間がかかりそう(汗)

 ストーリーはシーズン3のファイナルからそのまま続き。
 レベッカがスティルソンを撃つビジョンを見た後に意識を失ったジョニーは病院に運ばれるが、すぐに意識を取り戻す。ブルースとともに病院を抜け出してレベッカの部屋へ向かうが、レベッカの部屋が盗聴されていて近くに捜査官が張り込んでいることに気付き、ブルースがおとりとなってジョニーはタクシーを奪って逃げる。しかし結局追いつめられたジョニーは川に飛び込み、ホームレスから服を買ってスティルソンの会見場に到着。レベッカに電話をしてなんとか暗殺を食い止めることはできたが、今度はレベッカがホテルの部屋でスティルソンを撃つビジョンを見る。

 拘留されていたパーディ牧師のもとに謎の人物が現れる。彼は「名声を求めていない人々の代表」と称し、パーディの保釈金を支払ったうえ自分が所有する衛星放送でふたたび説教をするよう依頼する。

 ジョニーはふたたび未来の自分から「レベッカを止めるな」と言われるが、ウォルトの協力を得てスティルソンが滞在しているホテルに潜入。そこで顔を合わせたスティルソンの父親こそがレイチェル殺しの犯人だったことを知る。レベッカが凶行に及ぶ寸前にジョニーは彼女を止めることができたが、自分の父親がレイチェルを殺したことを知らなかったスティルソンは、その事実をつきつけられてショックを受ける。子供の頃からすべてを父親に仕切られてきた彼はついに切れ、父親の首を絞めて殺してしまった。そこへパーディを釈放させたあの人物が現れ、父は事故で死んだのだと言うようスティルソンに諭す。
 未来の自分の声で運命を左右されることを拒否したジョニーは、自分自身で運命を切り開くべく杖と決別した。

 ついにジョニーが二本足になりました(笑)
 それにしてもいきなり衝撃の展開。スティルソンが実は何も知らなかったなんて! でもあの謎の人物は一体?? これからは父親にかわって彼がスティルソンを動かしていくんでしょうか。ということはジョニーが見るハルマゲドンのビジョンは彼と関わりがあるってことなのかな。
 ブルースは相変わらずジョニーを守って逮捕されてるし(笑) ビジョンを見せる証拠を得るために相手を殴ったウォルトもかっこよかったぞ! シーズン4もまたまた楽しんで観ていきたいと思います♪

« ブラザーフッド #5 | Main | ゾディアック2 〜十二宮の闇〜 »

Comments

私はずっと字幕で観てきたので、そのまま木曜夜をチェックですが、オープニング音楽はちょっと戸惑いました。

ジョニーの杖は走るとき邪魔だなと単純に思っていたので、決別してよかったのでしょう。でも彼のビジョンにどんな影響が出るのかな?

Garotoさん、こんにちは。

オープニングの曲、映像だけは今までとまったく同じなのでかえって違和感がありました(苦笑)

ジョニーの杖ってもともとは弱った脚の筋力を補助するためのものだったのに、いつの間にか未来との交信アイテムと化してましたよね〜。
捨てちゃったということはもう未来のジョニーは登場しないのでしょうか。
どういう展開が待っているのか毎週楽しみですね♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/15704039

Listed below are links to weblogs that reference デッドゾーン シーズン4:

« ブラザーフッド #5 | Main | ゾディアック2 〜十二宮の闇〜 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ