« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

ブラザーフッド #4

 モーの行動をマークしているデクランたちが彼が出入りしているホテルの部屋に踏み込むと、モーがシークレットサービスの事情聴取を受けているところだった。
 その後、偽札製造の容疑でマイケルの母親の家が家宅捜索される。警察はマイケルの店も捜索し、警察から目を付けられたくないフレディはマイケルに偽札造りから完全に手を引くよう言う。
 家計が火の車のトミーは本職である不動産業に有利になるための税制法案を成立させようとする。しかしマイケルの偽札の件が表沙汰になったせいでトミーはなじみの食堂でもからかいの的にされ、議会では法案成立をあきらめるように促されてしまう。
 警察に密告したのがモーだと気付いたマイケルは治ったばかりのモーの耳をふたたびちぎり取り(痛!)仲間の一人を殺して放火、それをモーがやったかのように偽装して彼に罪を着せる。

 トミーの家ってそんなに裕福じゃないと思ってはいたけど、まさか娘の学費が払えないほどとは思いませんでした。それでも前回高い靴を衝動買いしちゃったアイリーンがそれを返品しようとすると「きみにはオシャレさせたい」と返品しないように言うトミーって、いい旦那ですねぇ。もっともアイリーンは家計を心配して返品したわけじゃないけれど(苦笑)
 マイケルはまたあの女子大生と会ってるのね。でもフラれそうになると「今度はスシに連れていく」って……小娘に振り回されてどうすんだよ(笑) この前の姪っ子のことといい、ふだん悪いことやってるぶん普通の女の子に好かれたいんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2007

DR. HOUSE シーズン2

 シーズン2最初の患者は死刑囚。最近なぜか刑務所づいてますね(笑)
 死刑囚よりも末期の肺ガンの女性の治療に力を入れるべきだとしつこく言うキャメロンをしり目に、原因不明の病気の治療にあたるハウス。ドラッグ中毒じゃないかとか患者がコピー機のトナーを飲んだとか、いろいろ考えられたけど結局アドレナリン過剰の体質で、今までに犯した殺人もそれが原因なのではということになる。
 善良な人間と死刑囚、どちらを優先的に救うべきか?ってことを考えさせられるけど、目の前に二人の患者がいたら人間性や犯罪歴ではなく症状や助かる可能性だけを考慮して治療にあたるべきなんだよね。でも医師も人間である以上、どうしても感情が入ってしまうのは当然。それを出さずにいられるドクター・ハウスはやっぱり天才なのか、それとも相当なストレスを抱えて結果鎮痛剤に依存するようになってしまったのでしょうか。カディとのボケ&ツッコミも健在。シーズン2も見応えがありそうです。

 ところで、入れ墨に含まれる重金属がMRIで反応して苦しむという場面がありましたがあれはウソです!
 たしかに古い入れ墨などは重金属が含まれていますが、それでもMRIでは多少ピリピリと感じる程度。しかも最近の入れ墨は重金属の含有量は少ないので、MRIでもほとんど何も感じないそうです。
 前にディスカバリーチャンネルの「怪しい伝説」という番組で実証してました(笑)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 25, 2007

LOST #53

 檻に電気がきていることに気付いたソーヤーは水たまりに電気を流して見回りに来た奴から鍵を奪おうとする計画をたてるけど、ヘンリーにあっさりバレて失敗。捕まって注射を打たれ、心拍数が140を超えると心臓が破裂するペースメーカーを埋め込まれてしまう。
 地下室でアニメを見せられていたジャックは、サンに撃たれて負傷したコリーンの治療にかり出される。でも手の施しようがなくコリーンは死亡。怒ったダンナはソーヤーをボコボコにして八つ当たり。
 ペースメーカーが恐くて反撃もできないソーヤーをヘンリーは山に連れ出し、ペースメーカーを埋めたのは嘘だと話す。山の上から海を見ると、隣にはもうひとつ島が……。もうこれ言うの嫌なんだけど、
なんで今まで誰も気付かなかったんだ?!
 サイードたちもヨットで島を周ってきたんだし、それ以前にソーヤーだってイカダで海をさまよったじゃないですか。かなり強引な展開だよね(苦笑)
 逃げようとしても無駄だと教えられたソーヤーはこれからどんな態度を取るんでしょう?
 それにしてもアザーズってあんまり利口じゃないんだね。コリーンが死んだのはそもそもヨットを奪えと指示したヘンリーが悪いんじゃないか! ソーヤーに八つ当たりするのは筋違いってもんです。人のものをこっそり持ち逃げしようとするからこういう結果になるんだよ。最初から何でも秘密にせずすべて話してりゃ無駄死にする人はいないのにね(ドルメンのよーに…)ってそれじゃドラマにならないけど。

 今週のデズさん。まともな服を着せてもらえたようでほっとしました(爆!)
 ハーリーの許可を得てゴルフクラブを拝借し、避雷針を設置。さっそく夕立が来て避雷針に雷が落っこちます。なぜか嬉しそうなデズさん(笑!) ロック、アデさんに続いてわけのわからない行動で我が道を行く路線を突っ走るキャラがまた一人……。
 今回はアデさんの安否のその後について一切触れられなかったので心配してたんだけど、次回の予告にしっかり登場してましたね! 復活&大暴れに期待しています♪

| | Comments (8) | TrackBack (2)

June 21, 2007

地中海 ー愛の海ー #8

 ヴァルボンヌ家の女はみんなおかしい!

 シルヴィとニースへ行っているマルコから電話があったことでますます沈むベアは、薬を多めに飲んで眠ってボヤを起こしてしまう。おまけにニルスの差し金で彼女の中傷ビラがあちこちにばらまかれ、村長選挙はアレックスが勝利。ベアの鬱病とボヤ騒ぎに加えマルコが娘のエマの親権についていちゃもんつけてきたこともあって、ついにエマは置き手紙をして家出してしまった。
 サビーヌはカーニバルの夜に声をかけてきた音楽プロデューサーのすすめでレコーディングに臨むが、失恋のショックでボロボロ。
 マリーの父が発見した海底の遺物を引き上げたパスカル。汚れを落とすために薬品に浸けておくけど、ピエールが敷地内に忍び込んでバルブを開けたため薬品が海に流れ込み、魚が死んだほか船上パーティをして海に飛び込んで遊んでいた若者たちが中毒になる被害が出る。
 マリーとパスカルの結婚式は新たに村長に就任したアレックスが取り仕切った。とりあえず平和にすんだのでよかった…。

 ベアもいつまでも悩んでてどうすんだよって気がするんだけど。マルコが出ていって傷付いてるのは自分だけだと思ってるのか? 母親なんだから自分ばかりを悲観してないでもっと娘のことを考えてあげようよ。
 ピエールはアレックスと一緒に選挙活動に励んでたのでてっきり更正したのかと思ったら、実はニルスの言いなりになってただけなんですね。こいつのおかげでパスカルは業務停止を食らっちゃうし、アレックスも自分の差し金だと疑われてとんだとばっちりです。
 でも、新婚旅行でレストランを借り切っちゃうパスカルは素敵ですね〜。選挙が終わって「牡蛎を食べよう!」とルンルンのパスカルさんもかわいいです(笑) それだけに、優柔不断なマリーの態度がどうも理解できないんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 19, 2007

「ディープ・シークレット」再び!

 全然知らなかった!
 ひたすら突っ込みまくったあのフランスドラマ「ディープ・シークレット」がなんと再放送してるんですね!
 昨日、スカパーの週間番組画面を見ていて発見、すかさず予約しました(笑)

 お話はハチャメチャだけど、このドラマ実はなかなか素敵オヤジが揃ってるんだよね。「ドルメン」の刑事ルカもいるし、今やってる「地中海」のパスカルが陰気くさい彫刻家の役で出ているし、なんといっても「エッジ・オブ・トゥルース」の悪役リュドが漁師マルクとして登場するのが見ものです♪
 それに、アメリカのドラマではいつも勘違いされまくって描かれている日本人&文化をまともに描いてくれている数少ない貴重なドラマでもあります。
(アメリカのドラマもこれを見習ってほしい!)
 フランス版DVD買おうかと迷っていた矢先にこの再放送、なんて素晴らしいタイミングなんでしょう!
 この勢いでついでに「エッジ・オブ・トゥルース」もやっていただけるとありがたい。
(もちろんリュドが目当てです)
 陽気パスカルと陰気クレマンの違いを楽しみつつ、マルクに注目して楽しんでいきたいと思います♪
 タリアは極力無視して……(苦笑) 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 18, 2007

LOST #52

 ハッチの爆発の後、ジャングルの中で目覚めたロックは島と対話すると言い出しビーチにサウナを作る。そこに現れたのがブーンの幽霊。幽霊なのに髪長くなってるのはなぜだ!とすかさず突っ込みたくなりましたが(笑)ブーンに導かれて見た夢の中で美人スチュワーデスたちを引き連れてるパイロット姿のデズさんに爆!
 その後、ロックはアデさんを助けるためジャングルの奥へ向かう。アデさんの杖とともにシロクマが通った痕跡を見つけたロックは、アデさんがシロクマに襲われたと考えてシロクマの後を追う。途中、ゴソゴソと動く茂みに向かってナイフを投げると、それはアザーズから解放されてビーチへ戻るハーリーだった。ハーリーは持っていた水筒でそのナイフを防ぐことができたからよかったとしても、アナ・ルシアがシャロンを撃った時もそうだけど、ちゃんと相手を確認してから攻撃しようよ!
 ロックとチャーリーはたどり着いた洞窟の中で傷だらけのアデさんを発見。シロクマをスプレー缶攻撃で追い払ったすきにアデさんを救出するが重傷を負っていた。
 ビーチへ向かうハーリーが遭遇した素っ裸のデズさんにまたまた爆! 服は一体どうしちゃったんですか?! ハーリーがヒッピー風の絞り染めデカデカTシャツを貸してあげるけど、それがまた妙に似合ってるんだよね(爆笑)

 FBは予想どおりロックの過去。父親に裏切られたあと果樹園で働いていた彼は、ある日ヒッチハイクをする青年と遭遇。求職中の彼を連れ帰り一緒に働くが、彼が潜入捜査の警官だということがわかる。敷地内のビニールハウスで大麻を栽培していた農場主たちは発覚をおそれてそこを引き払おうとするが、ロックは自分が後始末をすると言う。
 ふーむ。チャーリーにドラッグをやめさせようとしてたのは以前自分が栽培に関わってたことと関係あるみたいですね。じゃあ箱の会社で働くようになったのはその後だよね? なんか、もうどうでもよくなってきたけど(苦笑)前回のロックのFBの時よりも髪の量が減ってたのがちょっと笑えました。

 今回は久々にハリ&チャリコンビが顔を揃えたのと、アデさんデズさんの姿も拝めて嬉しかったです。あとはヴィンセントさえ現れればねぇ〜。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

June 15, 2007

ブラザーフッド #2

 マイケルとピートはぼったくり価格で酒を売っているディーナを銃で脅し、自分の活動の拠点にするため酒屋を地価の半額で強引に買い取る。店を持つなという命令に背いたことでマイケルはフレディの怒りを買うが、これは金儲けと偽札のマネーロンダリングのためにやったことだというマイケルの言葉にフレディはとりあえず納得し、店を任せることにする。
 店を奪われたディーナは告訴すると言ってトミーに苦情を言いに行く。トミーは友人である刑事デクランにディーナの件を連絡するが、デクランはマイケルが刑務所行きになるのを承知の上で本当に告訴してもいいのかトミーの真意を確かめようとする。しかしトミーはデクランの判断に任せるの一点張り。結局デクランは「告訴すればマイケルたちは黙っていないが、警察が24時間監視をすることはできない」とディーナに言い、告訴しないようにと暗にほのめかす。

 新しい高速道路建設の第一候補にヒル地区があがっていることで、トミーは建設地を違う地区にするよう議員たちとかけあう。しかしみな自分の出身地区に道路を造るのには反対で、取り引きにも耳を貸そうとしない。行き詰まったトミーはマイケルからもらった議員の借金リストを利用することに…。

 今回もみごたえがありました〜。
 前回モーに耳たぶを切られちゃった女の子は、あれきりかと思いきや今回も登場。彼女にオヤジ呼ばわりされてちょっと凹んでるマイケルがかわいかったです(爆)
 アイリーンは子宮ガン検診で性病の疑いがあることがわかる。結局は杞憂に終わったけど、浮気がばれるのも時間の問題かも? パーティでコカイン吸ってる女の子の姿を物欲しそうに見ていただけじゃなく、自宅でもマリファナ吸ってしまいました。大丈夫なんでしょうか……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2007

地中海 ー愛の海ー #7

 やっと録画を見ることができたので、まとめてアップします。

○マリーの近況
 パスカルと海に潜ったマリーは、父が殺されたのではなく事故で死んだのだということを思い出す。(なぜ今まで忘れてたんだ?苦笑)
 誕生日のプレゼントとしてアレックスからビニールハウスが贈られ、そこでシルセを栽培して花を咲かせることに成功するが、採石場から石灰を運ぶトラックが居眠り運転でハウスに突っ込みシルセは全滅。怒ってアレックスを責めるマリーはその勢いでパスカルのプロポーズを受けることにする。あ〜〜パスカル気の毒すぎ……。

○ベアの近況
 村長選に立候補しようとした矢先に夫のマルコがシルヴィと浮気して家を出ていく。ショックを受けたベアは鬱病になって精神安定剤に頼るようになる。こんなんで村長が務まるのかなぁ。

○アニエスとサビーヌの近況
 採石場で働くメルヴィルに惹かれるアニエス、そしてサビーヌもアコーディオンを教えてもらううちに彼に夢中になる。しかしアニエスはカーニバルの夜、メルヴィルがサビーヌの父親だということに気付く(てゆーかなんで今まで気付かないんだよ!笑)
 アニエスとやっと仲直りできたと思いきや、自分の恋路を邪魔されたと思い込んでるサビーヌはまたまたウザビーヌに変身。でも結局はメルヴィルをあきらめることに。彼が父親だってことはまだ知らない模様。

○ラントスク家の近況
 罰金を払って出所したギィは脳に腫瘍があることがわかる。手術を拒んだ彼はカルラから薬をもらい、イタリアの山奥に隠れてるピエールの元へ行き、アレックスと仲良くするよう言い残して一人でひっそり息を引き取る。
 アレックスは採石場に投資したニルスこそがギィを罠にかけた張本人だと知る。ニルスはヴァルボンヌ家に対抗するためアレックスに村長選に立候補するようすすめる。アレックスはニルスと対当の権力を得るために村長選に出ることを決意。

 マリーの父親の死の真相だけがこのドラマの唯一のミステリ要素だったのに、それもあっさり解明されちゃいました。
 オオカミのクラウディアがちょっとだけ登場。でも苛ついたアレックスは彼女に石を投げて八つ当たり!! 数日後ふたたびクラウディアが姿を現した時、アレックスは「おいで。怖がらなくていいんだ」って言うけどクラウディアは完全にびびってます。嫌に決まってるよね! こないだ石投げたくせに何言ってんだよ!(かなり根に持ってます→私)
 というわけで私の中では完全にウザレックスのままです。おバカなピエールのほうがずっとかわいいよね。
 いっそマリーとレボがカップルになってしまえ(爆!)

 ところで海女さんマリーの「ドルメン」もDVD化されたんですねぇ。でもなんで一番評判良かったレテ・ルージュ(エッジ・オブ・トゥルース)をDVD化しないんだ?! またリュドに会いたいのに〜!
 このさいディープ・シークレットでもいいです、マルクがいるから。これはフランス版DVD出てるけど字幕ないと絶対わかんないし(一度見てるからストーリーはわかりますが)やっぱ日本版出してほしいなー。でも字幕なしでも買っちゃおうかなーー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 11, 2007

LOST #51

 アデさん&デズさんは今回も出番なし……。

 ソーヤーとケイトは強制労働にかり出される。ジャックは相変わらずひきこもったまま。ベンは自分達は外の世界と連絡することができ、素直に協力すればジャックを故郷に帰してやると言う。
 ジャックたちと合流するため海からヨットで島をまわってるサイードたちは、桟橋を見つけてそこでのろしをあげることにする。しかしこれはジャックたちと合流するためではなく、アザーズを捕らえようとするサイードの罠だった。ジンはサンにヨットで待つように言い、夜になってアザーズたちが現れるのを待つが、罠だということにとっくに気付いてたアザーズはサイードたちよりもヨットの強奪を狙う。

 今回また描かれたサンとジンの過去。あのハゲ兄ちゃんは死んじゃったのね。やっぱり飛び降りたんじゃなくて殺されたのかな? ジンには殺せないとわかっていたサンの父ちゃんが裏で手をまわしてたんじゃないかって気もする。
 とにかく過去はもういいのでさっさと先に進んでほしいです。
 次回はまたまたロックが意味不明なことを始めそうで嫌な予感が……

| | Comments (6) | TrackBack (2)

June 08, 2007

BROTHERHOOD

 FOX CRIMEで始まったドラマ。前に先行プレミアを見ていたんだけど、もう一度よく見てから感想を書こうと思って本放送開始まで待っていました。

 ロードアイランド州プロビデンス。州議会の議員を務めているトミー・カフィは、アイルランド系の労働者階級の住民が多いヒル地区の期待の星。彼がバイパス工事の入札に便宜をはかったメイベリー建設の組合長ジャマールが、上納金を納めろと脅しをかけてきたギャングのメンバー、パティを殺してしまう。会社側はパティが人種差別的発言を繰り返したことが原因だとしてジャマールに罪はないと訴える。
 そこへ、かつてパティに街を追われ行方不明になっていたトミーの兄マイケルが7年ぶりに街に戻ってくる。彼はかつて自分が仕切っていた事業を取り戻そうとするが、現在街を仕切っているギャングのボス、フレディとの間にはいまだにしこりが残っていた。
 フレディは州の除雪事業を自分の会社にまわさないとマイケルを殺すとトミーを脅すが、トミーはそれを拒否。マイケルはトミーを裏社会と関わらせないようフレディと協定を結び、彼の信頼を得るために、パティを殺した組合長のジャマールを消すと約束する。
 しかしパティ殺しは実はマイケルがジャマールに多額の報酬と母親への送金を約束してやらせたことだった。マイケルはジャマールに約束の金を渡し、ニューヨークへ行き姿を消すよう言う。
 そしてメイベリー建設に上納金を納めさせるよう指示していたのはトミーだった。また彼は裏取引きでフレディに除雪事業の権利を手に入れさせることに。

 別の道を歩んでいるように見える兄弟だけど、街を守るという基本理念は同じ。だけど政治と企業とギャングのつながりは切っても切れなくて、そこで生き残っていくためにはいろいろな裏取引きが必要なんだよね。
 他にもトミーの妻が高校時代のボーイフレンドと浮気していたり、マイケルが母親に渡した金が実は偽札だったり、見どころはあちこちにありそう。

 ところでロードアイランド州プロビデンスといえば、私の大好きなドラマ「プロビデンス」の舞台でもありました。しかし毎回ほのぼのとして心があたたかくなる(そしてワンコ満載の)「プロビデンス」とは正反対で、この街のマイナス面がかなり強調して描かれています。でもプロビデンスという名でもわかる通り、この街の住民の多くはアイルランド系カトリック教徒でわりと保守的だというのは聞いたことがあるし、人種差別やマフィアのことは「プロビデンス」でも取り上げられたので意外というほどでもないかな。

 兄のマイケルがすごくかっこいいです〜♪(#^^#)
 最初からこの人は絶対イギリス人だと勝手に決めつけて見てたんですが(笑)本当にイギリス(リヴァプール出身)の俳優さんだったので驚いた。しかも絶対前にイギリスのドラマで見た顔だぞと思ったら、やっぱり「タガート」に出てたんだよね!
(20話「二重露出」のエピです)
 ジャーディンと共演してたなんて、何だか嬉しくなっちゃいました♪

 なかなかハードで重い複雑なドラマですね。でもすごく面白い! 見れば見るほどはまってしまいそうです。最後は「クリーガン」の時のようにどっぷりかも!?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2007

名探偵モンク4「モンクに親友」

 スーパーの外でぶつかった男性ハルと親しくなったモンク。今まで親友がいなかったモンクはハルとの付き合いにすっかり夢中になってしまうが、ナタリーや警部たちはハルがモンクと親しくするのには何か目的があるのではないかと疑う。その予想どおり、ハルはアパートで殺され発見された女性の恋人で、かつてモンクの同僚だった彼女はいつかギリシャに行ったら写真を送るとモンクに約束していた。ハルの目的は自分が恋人だと知られないためにその写真を手に入れることだった。
 目的を果たしたハルは急にモンクに対してそっけなくなる。でも彼と親友になれると喜んでいたモンクは、たった2日間電話がかかってこないだけで自分が嫌われたんじゃないかと心配しいてもたってもいられず、ハルの家まで押し掛ける始末。

 結局最後には警部たちのおかげで危うく助かったモンクだけど、生まれて初めて親友ができたと思っていただけにさぞや落ち込んでるだろうな……と思いきや、ハルが逮捕された後もまだ親友だと思い込んで彼のことを心配してるんだよね(笑)

 それにしても目的のためとはいえハルの演技は見事。モンクが何をやってもそれをポジティブに受け止める、トゥルーディもこんな人だったんだろうなと想像することができました。
 ハルとのことを嬉々としてクローガー先生に話すモンクがまるで子供のようで面白かった!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 04, 2007

永沢君

Marc_naga

 ドラマを見る時間がなくてネタもないのでこんな写真を(笑)

 3月に我が家にやってきたマルク。全身フケだらけで地肌が見えるほど毛が薄く耳もボロボロだったのに、今では鼻の先まで毛も生えて手もフサフサです。エサの力ってすごいなぁ。

 はじめのうちはよそ者の登場にストレスで吐いていたデミも、そのうち順位争いの大喧嘩を毎日のように繰り返すようになりましたが、その段階も過ぎて今ではお互いにうまく距離を取って仲良くしています。

0445_1
こんな光景を見れる日がくるなんて…うう(嬉し涙)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 03, 2007

6月のTV視聴予定

 だんだん面倒くさくなってきたので今回はプロフィールページからコピペで失礼します。m(_ _)m

名探偵モンク4
FBI 失踪者を追え
Six Feet Under S4
ECO MODA
Everwood
CSI:NY
Law&Order SVU
メグレ警視
ボストン・リーガル
BROTHERHOOD
DR.HOUSE シーズン2
The OC シーズン2
LOST シーズン3
騎馬警官2
地中海 ー愛の海ー
ブラッドリー夫人の推理
Tne Closer

 NHKで観ていた騎馬警官2は除いて、新しく始まるドラマが5本。もっともHOUSEが始まるのは月末だから、実際に忙しくなるのは7月からかな。ミスチャンの「ブラッドリー夫人の推理」は苦手な1920年代が舞台なのでかなり微妙……ゲストオヤジをチェックしてから観るつもりです。てゆーかおばさんが主役のミステリはもういいからタガートとバーナビーとフロスト警部の続きをやってくれよー!
 FOX CRIMEの「Brotherhood」は先行プレミアを観たけど面白そうですよ。しかも舞台があのプロビデンスなんだよね! もっともあの街の闇の部分ばかりが描かれるわけですが…………主役の兄弟がなかなかいい感じなので楽しみです。
 あとブロードバンドで配信されていたベネズエラのテレノベラ「ヴィクトリア〜愛と復讐の嵐〜」がいよいよスパドラ放映、3日(あ、今日だ)の先行放送が楽しみ。前もって何話か放送してくれると、その後観るか切るかの判断材料になるからありがたいです。たぶん突っ込みながら楽しく観てしまうと思いますが(笑)
 SVUとThe Closerは録画でなんとか観ている状態です。でもメグレ警視は完全に滞ってる(汗)

 ついでに、以下はドラマじゃないけど気になるドキュメンタリー/リアリティ番組。

野犬たちの格闘
幻の白いオオカミ
パンダ保護チームの活躍
メーデー!4 航空機事故の真実と真相
(←こういうのを見ても飛行機が怖くならない自分がすごいと思う。^^;)
K-9 to 5 働くワンコたちの姿を追った大好きなシリーズです♪
 あと見逃せないのがジョン・ネトルズさんが時折ナレーションで登場する「ナチュラル・ワールド」シリーズ。それとファイナルが迫る「アメリカン・アイドル」も。
 録画したけどまだ観てないのが「新種の泳ぐオオカミを探して」「オオカミの隠された真実」の2本。早く観て感想書きたいんだけどなぁ〜。

 今月も忙しいので、全部観れるかどうか自信がありません……(苦笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 01, 2007

海外ドラマNAVI

 ニフティの新しいサービスに海外ドラマNAVIというコンテンツが加わりました。
 まあ例によって「海外ドラマ」といいつつ実際は「アメリカドラマ」なわけですが…(苦笑)
「CSIシリーズでボスにしたいのは誰?」という投票もやってますので興味のある方はぜひ。投票結果は……ああやっぱりなと納得(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »