« ドルメン #11 | Main | ドルメン #12 »

April 26, 2007

NIP/TUCK #44

 カーバーは誰だ?!

 大学の女子寮で9名の学生がカーバーに襲われる。被害者はみなディルドーでレイプされたため警察はクエンティンの部屋に踏み込むが、そこにはベッドに縛り付けられ顔を切られたクエンティンがいた。
 彼はショーンとクリスチャンに手術を頼む。今までのぎこちない関係を考えて他の医者を紹介すると二人は言うが、クエンティンの申し開きを聞いて結局彼の手術を引受けることにする。
 ところが手術中にキットが現れ、リズがカーバーだとして彼女を逮捕してしまう。デモに参加した過去や、スパのクリーム製造のために精子バンクに出入りしていたことが仇となった。しかしリズは断固として否定する。
 術後の治療のためにショーンがクエンティンの病室を訪れると、ベッドにいたのは顔を傷付けられたジーナ。そしてカーバーが彼に麻酔薬を打つ。カーバーはやっぱりクエンティンだった!
 縛り付けられたショーンとクリスチャン。クエンティンによる拷問が始まった時、キットが現れて彼を射殺した。

 マットはアリエルとその父に捕まり、彼女の家の地下室に連れていかれる。そこにチェリーも連れてこられた。父親は二人を痛めつけようとするが、結局最後にはチェリーとマットの反撃にあってしまう。

 クエンティンと彼の妹ヴァイオレットは身体的障害を理由に親から捨てられた過去があった。キットの話ではヴァイオレットは顔の手術中に麻酔への拒否反応で死んだということだったが、疑問を抱いたショーンとクリスチャンがクエンティンたちの育った修道院を訪れ、シスターからヴァイオレットは生きているという話を聞く。最近送られてきたという兄妹の写真に映っていたのはクエンティンとキットの姿だった……。

 リズが逮捕されたときはさすがに「はあぁ?!」って思いましたけど、そんなことあるはずないよね〜〜〜。ほっとしましたよ。
 凄腕捜査官といわれながらどうも詰めが甘いというか、絶対キットは怪しいと思っていたらやっぱり共犯だったんだ。それに彼が撃たれた時も奴がこんなあっけないくたばり方をするはずがないと思っていたので、生きているのがわかったときはやっぱりなって思いました。でもクエンティンの妹だったってのは意外!
 身体的障害が強烈なコンプレックスとなって、外見的な美の象徴であるマイアミに現れたカーバー兄妹。でも彼らは本当にそんな社会によって生み出されたのでしょうか? 障害を理由に両親に捨てられたという悲しい経験こそが二人を狂気に走らせた根源ではないかと思います。親の愛情不足がカーバー兄妹を生んだ。親の犠牲になったこの二人もある意味で被害者といえるのかも。
 アリエルはまだ間に合う。それにマットも。クリスチャンと彼の母のこともあったし、結局このシーズンで一番訴えたかったのは親が子供の人生に与える影響がいかに大きいかということだったのかなって思います。
 ショーンとジュリアの間に新たに生まれる子が健やかに育ちますように。

|

« ドルメン #11 | Main | ドルメン #12 »

Comments

こんにちは~
ついにカーバーの正体が明らかになりましたね。
キットの捜査には疑問がありましたけど
妹とは驚きました。
マットたちはアリソンパパをどうしたのか気になります。
来シーズンはどうなるのか楽しみです。

Posted by: Jasmine | April 27, 2007 at 01:24 PM

やっぱりカーバーはクエンティンでした。
二人は次に降り立った地でまた独自の正義を下し続けるのでしょうね……
世界をまたにかけレクター博士と肩を並べるつもりでしょうか?!(笑)

アリエルの父親はあの穴に埋められちゃったんじゃないかな?
当然の如く次のシーズンまで尾を引くでしょうね〜。
FOXで放映される日が楽しみです♪

Posted by: Ayano | April 27, 2007 at 07:04 PM

カーバーの予想は当たったけど、キットがクエンティンの妹だとは想定外でした。
でも2ショットを見てると雰囲気似てるかも・・・と納得。
とりあえず穏やかに終わったファイナルでしたが(マットはまたトラブルを抱えてしまったけど)
S4はどんな展開か楽しみですね。
TBさせていただきます。

Posted by: Garoto | May 03, 2007 at 03:16 PM

ごめんなさい!
間違えてWATをTBしちゃいました。
改めてNIP/TUCKの方もTBしますので、消去して置いてくださいませ。
お手数をおかけします。

Posted by: Garoto | May 03, 2007 at 03:18 PM

Garotoさん、こんにちは。

キットは何かの形で事件に関わってるに違いないと思ってはいましたが、妹だったのは本当にびっくりですよね!
でもクエンティンとキットが抱えていた心の傷を考えると気の毒でなりません。
(だからって他人を傷つけるのもどうかと思うけど)

マットとチェリーもまだまだ事件をひきずりそうだし、ジュリアの子供もなんだか問題がありそうでしたよね。
続きが待ち遠しいです。
TBありがとうございました♪

Posted by: Ayano | May 04, 2007 at 01:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/14848856

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK #44:

» NIP/TUCK「クエンティン・コスタ」 [ドラマ日記 Pt.2]
結末の予想は半分当たって半分はずれ・・・かな? いくらペニスがないとはいえ、 カーバーはクエンティン以外考えられなかったので 突如豹変したクエンティン=カーバーにはものすごく納得でした。 カーバーに切られた... [Read More]

Tracked on May 03, 2007 at 03:19 PM

« ドルメン #11 | Main | ドルメン #12 »