« ジュリー・レスコー #67「ゆがんだ正義」 | Main | ドルメン #11 »

April 18, 2007

NIP/TUCK #43

 忙しくてブログの更新もサボり気味になってしまいました…反省。
 仕事で帰宅が遅いためドラマもあれこれ見逃してしまっています。The Closerも見てないし、Kidnappedは再放送で見るつもりがそれも忘れちゃったので、もう諦めてAXNのキャッチアップ放送でまとめて見たいと思ってます(あればの話)
 それでもN/Tだけは絶対忘れず見ています! シーズンファイナル間近、もう毎回ドキドキですね〜。

 クリニックに血の付いた豊胸用インプラントが送られてくる。シリアルナンバーを調べるとそれはキンバーのものだった。中に入っていたメッセージから犯人はカーバーだということがわかる。クリスチャンがキットに心当たりを聞かれて即座にクエンティンの名をあげたのには笑っちゃいましたが、警察もあれ以来クエンティンをマークしていたんだね。
 そんな中でキンバーが発見される。彼女は今までに整形をした箇所を元通りにするかのような手術をされ、傷だらけの体になっていた。ふたたびクリスチャンによってその傷は治してもらったけど、もう彼とは一緒にいられないと言う。
 傷だらけのキンバーの姿を見て思わず涙が出そうになってしまいました。なんてひどいことをされたんだろう! これから彼女の心のケアをどうしていくのか、ファンとしてはぜひ見守ってあげたいのですが…。

 マットに怪我を負わされたチェリーがクリニックを訪れる。傷を治すお金がないためにヤブ医者に手術してもらうしかなかった彼女は、マットがしたことの責任をとってほしいとショーンに無料で手術をするよう言う。脅迫まがいの依頼にはじめは手術を断るが、反省しているマットは彼女の手術をしてほしいと頼む。
 だいぶ落ち着いてきたマットはありのままのチェリーを受け入れられるようにまで成長したのだね。ちょっと安心しました〜。でもアリエルの方はねちっこく引きずっているようですね。それに彼女の父親も怪しい。

 キットはあのまま隠居しちゃったのかと思いきや、しっかり仕事に復帰してたんですねぇ。クエンティンがカーバーではないと一応証明されたようですが、それもなんかしっくりこないかな。容疑者から外れたとなるとますます怪しく思ってしまうんだよね。

|

« ジュリー・レスコー #67「ゆがんだ正義」 | Main | ドルメン #11 »

Comments

ちょっとご無沙汰してました。
シーズンエンドに向けて、盛り上がってきましたね。
キンバーが痛々しかったです。
体の傷はクリスチャンが治せても
心の傷は無理かなって思いました。
誰がカーバーなのかわからなくなりましたね。

Posted by: Jasmine | April 20, 2007 at 11:42 AM

Jasmineさん、こんにちは。
キンバーはマイアミを離れて静かに暮らすのが一番かもしれませんね。
それでもあの経験を忘れるのは無理でしょうけど……本当にかわいそうです(涙)

カーバーはやっぱりクエンティンのような気がしてしまいす。ただ動機がわからないのが不気味。
アリエル親子もまだ何かやりそうだし、いよいよ盛り上がりも最高潮になってきた感じです!

Posted by: Ayano | April 20, 2007 at 12:09 PM

いろいろなドラマを溜め込んでも、N/Tは即座に観るようにしています。
でも次週ファイナルは火曜日にWOWOWをセットするために水曜の再放送をチェックする事にしました。いち早く観られずちょっと寂しいです。

いくらクエンティンにペニスがなくても、やっぱりクエンティンがカーバーに思えます。クエンティンならなんでもやりかねそうな気がするし。
TBさせていただきます。

Posted by: Garoto | April 20, 2007 at 11:31 PM

Garotoさん、こんにちは。
クエンティンは自分でちょん切ったのかもしれませんね〜。
彼なら証拠隠滅のためにそれくらいやりそうです。
結局捕まるのか、それとも逃げ切るのか?
まっとうな結末はありえないと思うので、今度はどんなラストが待ち受けているのかドキドキですね!
TBありがとうございました♪

Posted by: Ayano | April 21, 2007 at 01:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/14753875

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK #43:

» NIP/TUCK「チェリー・ペック」 [ドラマ日記 Pt.2]
キンバーが無事でよかったけど、クエンティンの不気味さに唖然・・・ クリニックに顔の整形のやり直しを頼みに来たのは マットとバーで意気投合した後、男性である事がばれて マットにボコボコにされたチェリー・ペック。... [Read More]

Tracked on April 20, 2007 at 11:31 PM

« ジュリー・レスコー #67「ゆがんだ正義」 | Main | ドルメン #11 »