« ドルメン #5 | Main | ちょっと、わけあって… »

March 09, 2007

タガート「死の罠」

 バーク警部初登場、そしてジャーディン最後のエピです。

 河岸地域の再開発に伴う道路建設の反対派同盟で活動しているジョニーが高速ライフルで射殺される。前夜の集会で穏健派のマクリーンがジョニーと喧嘩をしていたことから彼が疑われるが、公安からやってきたバーク警部はマクリーンよりも他の人物の聞き込みを徹底させろと言う。
 ジョニーの父イネスは計画推進派の議員で、かつてジャーディンが担当した事件で当時検事だった彼が容疑者の精神鑑定書を紛失したことがあり、それ終身刑となってしまったケネディによる復讐かとも考えられた。かつての確執からイネスの差し金で捜査を外され資料整理を命じられたジャーディンは、独自に捜査を始める。

 ジャーディンの殉職は知ってはいましたが、まさかこんなにアッサリ死んでしまうとは(泣) 殴られて川に落ちて、しかもあんな泥んこの汚いところで見つかるなんて気の毒すぎました。おまけに自殺じゃないかとまでいわれてしまうし。めずらしく感情的になってしまうジャッキー。ずーっと一緒にやってきたんだからそりゃ辛いよね。
 バーク警部は初登場から相変わらず! 鑑識が人間よりハトの狙撃事件を優先させてるってのはあまりにのんびりしすぎだけど、バーク警部は前にハト好きオヤジの役でゲスト出演したんだからハトを大事にして当然かな(爆笑)
 悲しいエピだったけど、ドラマとしては今までで一番完成度の高いエピだと思います。

 今回の舞台となった「アルマジロ」、私は勝手にアルマジロ&ダンゴ虫と呼んでたんだけど、まさか本当にアルマジロと呼ばれているとは知りませんでした(笑) 企業がらみのエピにはよく使われる場所ですね。
 ちなみに今回イネスの家として使われていた部屋は、後にフレイザー君の部屋としてまた出てきます。(日本未放映エピ)

 最後にメガネ君の画像を♪

Cap003

 なんでメガネかける必要があったんでしょう?(爆)

|

« ドルメン #5 | Main | ちょっと、わけあって… »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。

ジャーディンの降板劇はドラマチックだと想像していたんですが、あっけなかったですね。(涙)

>めずらしく感情的になってしまうジャッキー。
ジャッキーがどこまでもジャーディンを信じていたのが救いでした。
最後の葬儀の言葉に涙しましたよ~。

来週からは1時間エピになるんですよね?
ロビーがどうスネるのか楽しみに見たいと思います。

Posted by: さとうさんた | March 10, 2007 at 01:04 AM

さんたさん、こんにちは。

もっと劇的な最期かと思いきや、反撃すらせずドボンとは…(泣)
でも「捜査官クリーガン」のリバーズ君みたいなのよりはましだったかも。
これでタガートさんの門下生はジャッキーただ一人になってしまいましたね。
ジャーディンのことは家族のように思っていたんだろうなぁ。

あ、1時間エピになるのはもうちょっと先です。
拗ねる中年ロビーを見守ってあげてください(笑)

Posted by: Ayano | March 10, 2007 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/14203665

Listed below are links to weblogs that reference タガート「死の罠」:

« ドルメン #5 | Main | ちょっと、わけあって… »