« オヤジバトン | Main | ドルメン #8 »

NIP/TUCK #40

 マットの学校でユダヤ系の生徒のロッカーに鍵十字が書かれるなどのヘイトクライムが起き、それらがマクナマラ/トロイの患者だったことでショーンはマットを疑う。でもマットは相変わらずで、ジュリアも状況の悪化をおそれて勝手にさせ放題。
 キンバーが姿を消し、ショーンは事件性があるのではと感じてるけどクリスチャンは平静を装っている。でも実はとっても傷付いていて、患者のアビーに八つ当たり。でも自分がマゾだと気付いたアビーはクリスチャンの仕打ちを責めなかった。

 そんな二人はクエンティンいじめを始め(関係がぎくしゃくしてるって言ってたけどあれはどう見てもいじめだ)ついに彼をクリニックから追い出すことに成功。ところがクエンティンの再就職先はジュリアが経営するラ・メールだった。
 ジュリアって……もう本当にどうしょもない女だなぁ。マットは絶対に母親に似たんだ!
 クエンティンはマジで怪しい奴。でもちょっとずつ好きになってきたかも(笑)

 傷付いたクリスチャンの元に届いたキンバーからの手紙。そこには「もうあなたを忘れたいから探さないで」と書かれていたが、それは監禁されているキンバーがカーバーに書かされたものだった。

 うああああぁぁ〜〜〜!! やっぱりキンバーはカーバーに連れ去られてたんだ!
 なんとなく予想してたけど、やっぱりショック! 本当に、なんでキンバーにそんなことするの? いよいよカーバーの本当の狙いが明らかになっていくのでしょうか。お願いだからキンバーを解放してあげて〜〜!

« オヤジバトン | Main | ドルメン #8 »

Comments

キンバーはカーバーに!は当たってしまいましたね。
ジュリアはクエンティンのどこに惚れてるんだ?ってクエンティン役の俳優さんの濃さはかなり好みですが(ブラジレイロだし!)クリニックを立ち去ってもまだまだクリスチャンとショーンに突っかかってきそう。
マットに好き放題させてるジュリア。クエンティンと楽しむ前に息子の心配をしてもらいたいです(泣)
TBさせていただきます。

私もクエンティンの濃さは結構好きですよ〜(笑)
ジュリアは彼と付き合いつつもいまだにショーンやクリスチャンに未練がましいところがあるし、結局惚れっぽいだけなんでしょうか?
それとも二人を忘れるために無理してクエンティンを好きになろうとしてるとか。
どっちでもいいけど、親である以上自分のことよりもマットのことを最優先で気にかけてあげてほしいですね。
TBありがとうございました♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/14436486

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK #40:

» NIP/TUCK「アビー・メイズ」 [ドラマ日記 Pt.2]
最悪な結末が待ってました。 キンバーが去った後クリスチャンは平然を装っていたが そこへアビーという患者が訪ねてくる。 彼女はクリスチャンに憧れ、美しくなりたがっていた。 だが具体的にどうしたいか話さないの... [Read More]

« オヤジバトン | Main | ドルメン #8 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ