« ドルメン #3 | Main | NIP/TUCK #36 ベン・ホワイト »

An Eye For An Eye / タガート日本未放映エピその1

 同じタイトルのリアリティ番組も好きですが(アキム判事が出てるやつね。笑)今回書くのは「タガート」の日本未放映エピソードの感想です。ミスチャンでは当分放送してくれなそうなので、ちょっと時間があったし観ることにしました。日本で放送されるときはタイトルそのまんま「目には目を」になるんだろうな(笑)
 以前にも書きましたが、ミスチャンで最後に放送されたシリーズは60分エピだけど、以降はまた90分もしくは100分エピになっています。なのでメンバーのプライベートもまた垣間見ることができるのかなって思ったけど、第1弾はそれより事件をみっちり描いていてなかなか濃かったです。そしてイギリスドラマファンには嬉しいゲスト出演もあったので、そちらに注目してみます。

 まずはこの人。

Cap005

 Wire in the Blood第1話であらぬ疑いをかけられたうえ偽の証拠品で逮捕され、留置場で自殺してしまったスティーブ・マクティアを演じていたマーク・ボナーですねぇ。今回の役どころは命を狙われている女性の夫でドクターです。
 WITB1話の容疑者と2話の犯人(ミッチー)が一緒に出ているというだけでWITBファンとしてはニヤリとしてしまうんですが、このエピが撮影されたのはWITBのシリーズ1とほぼ同時期なので彼もミッチーも全然変わらずWITBからそのまんまこっちに来たって感じです(笑)

 お次はこの方。

Cap006_1

 TVジョンが三度目の登場!
 一度目は薬屋さん、二度目はゲイの音楽家(ドク・ブラウンも出てました)そして今回は殺された女性のお父さんの役。

 そしてこのおじさんも出てきました。

Cap017
 イギリスのドラマではお馴染みの顔ですね~。

 さて話の方は、とにかくフレイザー君が大変!
 ヘルスクリニックを営む二人の女性医師が脅迫され命を狙われる。フレイザー君が彼女の家に泊まりこんで、犯人が出入りしているらしいチャットルームをチェックしてるんだけど、ついウトウトしてしまった間に彼女が殺されてしまいます。もともとチャットなんかするより聞き込みの方が重要だと言っていたバーク警部はこれでめちゃめちゃ怒っちゃって、フレイザー君を捜査から外してしまいます。

Cap008

 ここで「スチュアートのせいじゃない!」ってバークに食い下がるロビーが好き♪ いつも自分が怒鳴られてるもんだからフレイザー君の気持ちがよくわかるんでしょうか(笑) 停職同然で家に帰されるフレイザー君を車で送りつつ慰めてあげてました。ジャッキーもロビーと同じで、あまりに厳しいバーク警部の判断にちょっと顔をしかめたりして。
Cap020_1

 しかし最後はフレイザー君の粘り勝ちで、チャットからついに犯人の住所を特定することに成功。「明日の朝から戻れ」っていうバーク警部の言葉に「今のは“よくやった”って意味だよね?」っていうフレイザー君&ロビー。なんだかなあ、ますますNCISのメンツと似て見えてしまいますね。(誰が誰かというのはあえて言いませぬが。笑)

 最後にこの人たちの写真も♪

Cap021_1

 そういえばロビーはジャーディンがいなくなってからあんまり派手なシャツを着なくなりましたね。バーク警部が黒っぽい服が多いのでスタイリストさんがバランス取ってるのかも。それでもフレイザー君意外は基本的に黒服シーンが多いです。

 早く日本でも放映してほしいな~♪

« ドルメン #3 | Main | NIP/TUCK #36 ベン・ホワイト »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。

>そういえばロビーはジャーディンがいなくなってから
ジャーディンはいなくなるのですか!(泣)
来月から「タガート3」となるので何か変化があるとは思っていましたが・・・・。
そういえば、彼、狭心症だし・・・とかいろいろ悪いことを考えちゃいます。

TVジョンがまたゲスト出演するのですね!(喜) メガネがステキです。

さんたさん、こんにちは。

ジャーディンは演じているジェームズ・マクファーソンさんの健康上の理由で降板となったそうですが、実は彼が去るエピは私もまだ見たことがないのです。
(どのように去るのか知ってはいますが…)

新しいボスのバーク警部もなかなか良いですよ。
「危険な逃亡者」でショーン・ビーンを追いかけていたオヤジです。

TVジョンは登場するたびに髪が少なくなっていきますね(苦笑)
相変わらず優しいおじさんという役どころでした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/14066314

Listed below are links to weblogs that reference An Eye For An Eye / タガート日本未放映エピその1:

« ドルメン #3 | Main | NIP/TUCK #36 ベン・ホワイト »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ