無料ブログはココログ

« タガート「隠された情報」 | Main | 第64回GG賞 »

January 19, 2007

エッジ・オブ・トゥルース #8

 ヴァレリーの恋人リュド・ファルカス=「ディープ・シークレット」のマルクだということが判明して、このドラマに新たな楽しみが増えました(笑)

 トマは入院中で活躍の場なし。かわりにダヴィッドがド・グラフ邸に潜入し、トマが落としてきたエレーヌのファイルを手に入れる。そこへでしゃばりオドレイ(いつの間にかウザキャラの仲間入り!?)が現れ、警察に通報。でもルブレック警部のおかげでファイルは無事トマの元へ届けられました。しかし事件の証拠となる公証人からの手紙が抜き取られていることに気付く。
 カジノの経営が危うくなって窮地に追い込まれているパオラはオドレイに自分の過去を打ち明けるが、その後姿を消してしまう。そして警察にパオラから「エレーヌは自分が殺した」と書かれた手紙が届き、ホテルの浴室で死んでいる彼女が発見される。

 トマの無実を訴えたことで検事の怒りを買って捜査を外されてしまったルブレック。なのに結構顔を突っ込んでるよね(笑) 彼も辛い過去の持ち主ですが、だからこそヴァレリーを本当の娘のように思って真剣に更生させたいと思っているのでしょう。
 ヴァレリーはそんなルブレックとマルクリュドの板挟み状態で、ついには自殺しようとしてしまいます。でもルブレックの気持ちが伝わって、やり直す気になったみたい。ヴァレリーの部屋を荒らしてスタコラ逃げていくリュド。おいおい、応援してるんだからもうちょっとかっこよく立ち回ってよ!(笑)

 怪しいと思っていたパオラが死んで、ますます真犯人の見当がつかなくなってきました。トマの狙撃はリュドが犯人に雇われてやったのかなって気もするけど。(デルクール家に雇われたマルクの時と同じだ!笑)
 あと残り2話。悪人リュドの大活躍に期待しています。

« タガート「隠された情報」 | Main | 第64回GG賞 »

Comments

確かにオドレイはうざいですね。
ていうか、自分が話聞かせてくれとかいって、
その態度はなんなんだよ。
ジュリアンの母はなぜ、パオラがきたあと動揺したのか?
エレーヌの財産はどのくらいあったのか?

マルクリュド(笑)、今度は頼むからかっこいい死に方してください。

ルブレックがかなり気に入ってしまった・・・。

猫飼いルブレック、私も好きです♪
今までのシリーズに出てきた刑事の中では一番まともですよね(笑)

ウザキャラになってしまったオドレイ。自分だって妻子持ちと不倫したうえ子供まで産んだくせに、パオラの過去を責める資格があるのか!?と突っ込みたくなりました。

マルクリュドはやっぱり死んでしまう運命なのでしょうかねぇ…。
せっかく坊主頭なのだからそのまま囚人役やってほしい気もしますけど(笑)
氷攻めだけは勘弁していただきたいです(爆!)
最後にもうひと暴れしてほしいですね!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/13574257

Listed below are links to weblogs that reference エッジ・オブ・トゥルース #8:

« タガート「隠された情報」 | Main | 第64回GG賞 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら