« M.I. 緊急医療捜査班 | Main | まさお君、ありがとう »

December 11, 2006

LOST #47

 思っていたほど衝撃の展開ではなかった…。
 ウォルトを探して行方をくらましたマイケルの13日間。彼はアザーズ一味に捕まってアザーズ村へ連れて行かれました。そこでウォルトと再会するけど、彼らはヘンリーを逃がしてかわりにジャック、ソーヤー、ケイト、ハーリーの4人を連れてくればウォルトを解放すると言います。
 ふーむ、やっぱりそうでしたか(あっさり。笑)

 アデ神父は教会建設を放り出してハッチに引きこもってしまいました(笑) 一緒に建てるって約束したのに〜と言うチャーリーは(いつに間にそんな約束を?笑)荷物を持ってきてほしいというアデさんの頼みを無視して一人で教会を作ろうとします。でも彼の腕力ではうまくいかず…(苦笑)
 そこへ何かをくわえて現れたヴィンセント! おおっ、お仕事をお手伝いか、それともメッセンジャーとして働いてるのか!? と思ったら、彼がチャーリーの元へ持ってきたのはあのマリア像でした。駄目じゃん〜〜(がくっ)
 どうやらヴィンセントはビーチのテント(ソーヤーのテント?)で勝手にお菓子をあさっていてマリア像を発見したみたいですねぇ。それにしたってわざわざチャーリーのところへ持っていかなくても……。それとも「自分の手で捨てろ」って言いたかったのかな?
 それにしてもみんなからおすそわけをもらうだけではなく、ちゃっかり盗み食いまでしてたのねー。痩せない理由がわかったぞ!
 マイケルの横でくつろいでる姿もかわいかったわ♪
(今回はヴィンセントのことしか書いてない……笑)

|

« M.I. 緊急医療捜査班 | Main | まさお君、ありがとう »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。

ヴィンセントの"痩せない謎"が解けたエピでもありましたね~。
ビスケットをクンクンやっている姿にディーフを思い出しました。

>マイケルの横でくつろいでる姿もかわいかったわ♪

マイケルに撫で撫でされていて嬉しそうでしたね。
ヴィンセントのためにもマイケルにいい人になって欲しいです。(--)

Posted by: さとうさんた | December 11, 2006 at 11:01 PM

さんたさん、こんにちは。
ヴィンセントって登場しない時は誰かのテントでゴソゴソやってるのかもしれませんね(笑)
ハーリーが捨てた食糧もきっとたいらげたことでしょう。
ウォルトが帰ってきて笑顔全開になるヴィンセントをはやく見たいですね〜。

Posted by: Ayano | December 12, 2006 at 01:35 PM

なるほど、ヴィンセントはこっそりおいしい物を頂いてたんですね(笑)
マリア様をきっちりチャーリーに届けてしまう辺り、なんと賢い奴って褒めてあげたくなりました。でもそのせいで貴重なヘロインは海の中・・・やっぱりもったいなかったな。

アデさん、このままでいいのかな。一人引きこもる姿にOZで不敵な笑みを浮かべて何かを企んでいたアデさんを思い出してしまいました。怖いぞ。
TBさせていただきます。

Posted by: Garoto | December 12, 2006 at 08:54 PM

Garotoさん、TBありがとうございます♪
ヘロインってそういえば麻酔(痛み止め?)がわりに使えるんでしたっけ。
そう考えると貴重な医薬品なのでもったいないですね〜。

引きこもりアデさん、ニヤリとした時の目が本当に怖いです。
寡黙な大工さんの方がまだ健康的でよかったのに…。
ガラスご飯を作ったりしないよう祈ってます(笑)

Posted by: Ayano | December 13, 2006 at 01:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/13026369

Listed below are links to weblogs that reference LOST #47:

» LOST「隠された取引」 [ドラマ日記 Pt.2]
OZな人たちの不可解な行動についていけず・・・ 元囚人だから仕方ないか!ってそういう問題じゃないんだが。 マイケルがさらわれたのは13日前。 そのエピソード「境界線」を観たのは9月24日。 なんと長い13日間だったん... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 08:54 PM

« M.I. 緊急医療捜査班 | Main | まさお君、ありがとう »