« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

よいお年を♪

 今年最後の更新は「タガート」の感想でしめくくろうと思ったのですが、時間がないのであきらめます。

これから仕事です(泣)

 つってもやることはほとんどないので留守番みたいなもんなんですが。所帯持ちや帰省組に優先的に休みが与えられるので、こんな時はヒマ人(けして暇ではないのだが)がかり出されるのです。
 というわけで職場で年を越し、帰宅は12時半頃でしょうか。

 今年一年、このブログにお越し下さって本当にありがとうございました。
 皆様良いお年をお迎え下さいまし♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 29, 2006

お犬様はOZが好き

「LOST」が終わり、なんとなく余韻に浸るつもりで「OZ」一挙放送を毎晩楽しみに見ております♪ 今までは飛び飛びで見ていたため知らなかったことも多く、シリンガーの息子が「Pepper Dennis」のレスだと知った時は笑ってしまいました(どうりでいつも父親にビクついてるわけだ!)
 でも朝まで起きてるのはほとんど無理なので、またしても飛び飛びで見てしまっているのですが。しかしちょうど寝てしまった時に限ってアデさんがお陀仏してしまったようで(大泣き)それを反省して寝ちゃいそうな時はちゃんと録画することにしました。

 ところでテレビを夢中で見る犬や猫がたまにいるようですが、うちのデミ様は今までまったく興味を示しませんでした。
 それが私の部屋でテレビが見れるようになってからというもの、ちょっとずつ見るようになってきたみたいです。
(画面の動きを目で追ってるので見てるのはたしかです)
 お気に入りの番組はアニマルプラネットの「職業犬」、そしてなぜか「OZ」なんだよね。
 中でもとくにケラーがお気に入りのようで(笑)彼が現れると寝ている時でも食事中でも顔を上げて画面をじっと見ています。
 先日は半年分の雨が一日で降ったんじゃないかってくらいの大雨、しかも夜中には雷&強風の陰鬱雰囲気でOZを見るにはうってつけのシチュエーションだったけど、雷が大嫌いなデミは稲光りにガクガク震えながらそれでもOZを見ていました。
(けしてタイガースカラーの縞々靴下姿のアデさんや、フォークを髪飾りにしているアデさんを見て震えていたわけではありません。爆!)
Dscf0798
「今テレビ見てるからジャマしないで〜」
(注・画面はOZではありません。笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 25, 2006

LOST #49

 いよいよシーズンファイナル。
 ハッチに入れないミスター・エコーはハーリーが隠しておいたダイナマイトを持ち出し、扉を爆破しようとする。ついに爆弾作りをはじめちゃったアデさん、とうとう壊れちゃったんでしょうか。怖すぎる……。

 中ではロックとデズモンドがカウントダウンを見守り続けているけれど、以前一度だけシステム停止させてしまった時に飛行機が墜落したことを知ったデズモンドは土壇場になって主張を変え、入力しなきゃ駄目だと言い出します。でも意地になってるロックはコンピュータを壊しちゃいました。あーあ……何もそこまでしなくても(苦笑)
 でもずっとハッチで生活していたデズモンドはハッチの外のロックの声を聞き、島には自分一人だけじゃないとわかって生きる希望を見いだしたんですね。ロックもそういえば「ハッチの中には何があると思う?」という質問に「希望だ」って言ってたっけ。
 なのに何でその二人が肝心なところで喧嘩するかな(笑)
 いざヒエログリフが現れた時、デズモンドは前みたいにスタコラと逃げるものかと思いきや、地下(っていうかハッチも地下だけど)にあるシステム終了の鍵を回します。

 アザーズ村を目指していたジャックたちは、海からアザーズ村に到着したサイードたちの煙幕が遠すぎることでマイケルが目標と違う場所へ連れて行こうとしていることに気付きます。そこで吹き矢で襲われた一行はアザーズに捕まり、海辺の桟橋へ連れていかれちゃいました。現れたのはハッチで監禁されてたヘンリー。約束を守ったマイケルに船を与え、救助されるための方角を教えます。
 ヘンリーって下っ端なのかと思ってたけど、なんだか偉そうだったよね。実はアザーズのリーダーなんでしょうか? 自分をいい人たちだと呼んでましたが。まあ約束もちゃんと守ったし、もはや信頼関係めちゃめちゃの飛行機組よりはいい人たちなのかもしれません。
 マイケルはウォルトと再会し(しばらく見ないうちに大きくなりましたね〜)家に帰るために出航。

ヴィンセントを連れていかなくていいのか!?

 置き去りなんて〜〜〜気の毒なヴィンセント。でもひょっとしたら途中でウォルトが「ヴィンセントも一緒じゃなきゃ嫌だ!」ってダダをこねるかも。また戻ってくるはめになるんでしょうか……。

 ハッチのシステム停止が飛行機の墜落の原因なのだとしたら、コードを入力することで世界を救ってるというのはあながち嘘じゃなかったってことなんだ。全体がなんとなく繋がってきました。でもデズモンド、前にケイトがパソコン壊したときは「もう終わりだ」とか言ってスタコラサッサと逃げ出したのに、実はコンピュータに詳しかったんじゃないですか。こういうところのつじつま合わせは意外といいかげんなんだよね(苦笑)
 彼が鍵をまわした時、一体何が起こったんでしょう? いや回したから収まったのか?(よくわかってません) いずれにせよダーマの基地は北極(たぶん)にもあって、どうも世界中のダーマハッチを監視してるみたいなんですねぇ。そんでその本部はイギリスで(電話のベルの音でわかってしまった。笑)しかもデズモンドの恋人ですか??
 てことはケイレブ親爺がダーマの親玉だったりして!(爆)

 シーズンファイナルってことでサクサク展開していって面白かったです。毎回このくらいのペースでやってくれるといいんだけどなぁ。来年AXNで引き続き放送決定のシーズン3がお目見えするのは5月頃でしょうか?
 いっそ違う飛行機が落ちてきてレギュラー総入れ替えなんてのはいかがでしょう(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 24, 2006

"1-click"の罠

またやってしまった……
ヽ(T∀T)ノ アッハハハ〜〜〜

「Wire in the Blood」シリーズ3のUK版DVD(日版&米版には収録されていないロブソンのインタビューあり!)を買おうと思って訪れたはずのアマゾンUKで、WITBではなく「Taggart」のDVDをポチッとやってしまいました。
 ミスチャンが続きを放映してくれるかもしれないので春頃まで待ってからにしようと思っていたのに。
 だってホリデーシーズン限定30%offだったし。
 脳内すっかりミッチーモードだし(笑)
 それにしたって、別に焦って買う必要もないんだけど……

 あの“1-click”は魔物だ!!(爆)

 購入したのは日本未放映の63〜71話分、計3本なり〜。早ければ年内に届くかな?
(届いたところで見る時間があるのか?)
 でも字幕無しでフレイザー君の言葉が理解できるかどうか、とっても自信がありません(汗)
 おまけに1時間エピだと内容が濃すぎて字幕付きでもよくわからないのに(苦笑)
 WITBみたいな先行エピガイ掲載は無理だろうな〜〜(x_x;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2006

タガート「悪い奴ら」

ロビー・ロス刑事登場!!

キャー q(≧∀≦*)(*≧∀≦)p キャー♪

 なんか変な髪型〜〜♪(褒め言葉です!笑)
 しかも痩せてますねぇ〜まるでセイン・カミュみたい。
 でも、やっぱり「タガート」にはこの人がいなくちゃねー♪(って元祖タガートさんは?苦笑)
 ミッチーは「タガート3」になる頃(ちょうどWITBでジャック・ヴァンスやった頃)が一番素敵だと思うので、これからちょっとずつ変化していく姿を堪能したいと思います。髪ももっと短い方が似合うなぁ♪

 ジャーディンが今回からDCI(主任警部)に昇進しましたねー。おめでとう! パチパチパチ〜♪
 つっても私が初めてこのドラマを見た時すでに彼はDCIだったので、私にとっては現在の堅苦しいジャーディンの方が本来の姿なんですが。

 というわけで愛しのロビー初登場の今回は陸軍の基地が舞台。スコットランド部隊にいたことが先日判明したデズモンドの姿を思わず探してしまったり(笑)憲兵との縄張り争い的いがみあいを見ていたら「これがアメリカの海兵隊だったらジャーディンもギブスに追い払われるんだろうなぁ」とか想像してしまいました。
 基地内での殺人事件を調べるジャーディンとジャッキーに対し、ロビーとステュは競馬場での偽札の捜査をするつもりが勝馬をめぐる不正に気付き、そちらを調べることに。しかしロビーが情報屋として親しくしていたジェイキーが殺されてしまいます。お堅いジャーディンと違ってロビーはちょっと危ないところにも顔が利くため、親しくしていた情報屋が仲間に殺されちゃうことがたまにあるんですよね。そのたびにロビーは傷付いているのですよ。(ほろ)
 まったく無関係にみえる二つの事件が捜査していくにしたがって徐々につながっていくという展開は「フロスト警部」でよくあったパターンですね。でも今回は人がいっぱい死んだ割にストーリーのテンポはあんまり良くなかったかなー。もっとも私はロビーが目当てで見ているからそんなこと気にしないけど(爆!)
 ステュがさっそくロビーに振り回されてるのが可笑しかったー♪ ほのぼのフレイザー君とモテモテ男ロビーの漫才がまた見れるのが楽しみです。
 そしてそんなロビーにだんだんジャーディンの角が伸びてきて険悪なバトルに突入するのも…(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 21, 2006

エッジ・オブ・トゥルース #4

 昨日「ジュリー・レスコー」を見ていたらトマが登場してびっくりした! 一瞬これは何かのコラボかと思ってしまいました。ゲスト出演してらしたんですねぇ〜。でも髪や服までトマそのまんまっていうのは………違う役柄なのだからせめてもうちょっと変化してほしかった(苦笑)

 で、本編。なかなかおもしろくなってきましたよ。
 事件の夜に目撃者バスチャンと一緒にいたという友人マッサンを突き止め、トマは彼の元を訪れる。彼は事件当夜トマとエレーヌの姿こそ見なかったものの、エレーヌの家の脇にグレーの車が止まっていたのを覚えていた。それはアレックスの妻パオラのものだった。
 アレックスはトマがエレーヌ殺しの犯人ではないと気付きはじめるが、その矢先に狙撃され殺されてしまう。そして事件の夜のことを裁判で証言すると約束してくれたマッサンも職場で何者かに殺された。アリバイのなかったトマは二人を殺した容疑で逮捕されるが、隙を見て警察署から逃げ出す。

 トマが土壇場で頼りにしたのが意外にもダヴィッド。もっともスクープ目当てとはいえ彼もトマの無実を信じる人間だから、協力して当然かもしれません。でも警官を殴っちゃっていいの? たとえ殺人では無罪でも警官に対する暴行で起訴されたらどうするんだ(笑) しかし事件が解決したらこういうのはすべてうやむやにされるんでしょうね。タリアの時みたいに(爆!)
 アレックスまで殺されてしまうとは意外な展開でした。それに愛犬ロッキーまで殺されてしまうなんて〜〜〜〜〜(涙) アメリカやイギリスのドラマではああいう場面では人間は殺されてもワンコは殺されないのがお約束なので、倒れてた時は本当にショックでした。ヴィンセントによく似た風貌なだけに何だかだぶって見ちゃうんだよね。せめてヴィンセントは最後まで無事でありますように……(って違うドラマじゃん。笑)
 カジノに出入りしていたアメリカ人女性は何者なんですかね? なんとなく詐欺師っぽいかなとも思うけど。
 真犯人も全然想像つかないし、まだまだ目が離せません!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2006

LOST #48

 帰ってきたデズモンド♪(嬉しいらしい。笑)
 船を隠し持っていた彼はハッチから脱走した後フィジーを目指しましたが、やっぱりダーマ島に戻ってきちゃいました。
 その船を提供したのはなんとリビーでした。単独世界一周を目指す彼に出資してたんですね。世界は狭すぎます(怖)
 本格的に引きこもってしまったアデさんにハッチから閉め出され涙に暮れるロックは、デズモンドと結託して今度はアデさんをハッチから閉め出してしまいました。焦ったアデさんはチャーリーに協力を求めます。意外とチャーリーのこと当てにしてたんですねぇ(笑) サバイバルオヤジコンビとアデチャリ教会コンビのバトルの行く末は…? そしてダーマ島大爆発はあるんでしょうか。
(いっそ大爆発してくれた方がスッキリするかも。笑)

 ところで、デズモンドってスコットランド人だったんですねぇ! ダーマ島にはいろんなアクセントの人がいるので今まで気にしてませんでしたが、いわれてみればジャーディンと喋り方同じじゃん! おおおおお〜〜〜(なぜか興奮。笑)
 ダーマ島で思いがけず耳にしたグラスゴー弁。デズモンドはS3にかけてレギュラー入りするんでしょうか。S2ファイナル目前にして楽しみがひとつ増えてしまいました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 16, 2006

NIP/TUCK S3いよいよ!

 番宣始まりましたねー!
 1月16日の夜10時50分スタートだそうです。これならスパドラで「ECO MODA」見た後に続けて見ることができるぞ! 火曜の夜は嬉しい二本立てになります♪
 FOX CRIMEでは「Law & Order / SVU」の番宣も開始。なぜか映像がないのだがそれがかえって期待を高めてくれます。年明けの新ドラマスタートにむけていよいよ盛り上がってきた感じでワクワクしますね〜。

 番宣といえば以前からずっと気になってたのが「NCIS」の宣伝。あれってなんでスペイン語なの? 最初見た時は実は英語版とは別にこっそりスペイン語吹替え版も放送されてるのかと思ってしまいましたよ(笑) どうせならそちらも見せてほしいかも。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 14, 2006

エッジ・オブ・トゥルース #3

 関係ないけど、トマって髪の毛すごい多いよね(爆!)
 エステルもタリアも崖から落ちたのでトマもそのうち落ちるんだろうと思ってましたが、予想より案外早く落っこちましたねー(笑)
 でも話はなかなか進まないな~。ゾディアックやディープ・シークレットは毎回さっさと進んでいったので、ちょっと物足りない気もします。もっとも最後にバタバタっと片付いていくのかもしれないけど。

 山道を車で走行中に狙撃されてトマは崖から落ちてしまいます。でも落ちる直前に車から飛び降りて無事生還(もちろん無傷なのはお約束です)
 そのまま通りすがりの車に乗せてもらい、事件の夜の目撃者が入院している病院へ行きます。彼は白血病で面会謝絶だったけど、トマの姿を見ると病室に招き入れます。そこで事件の夜には友達と一緒だったことを告げるんだけど、その名前を言う前に息絶えてしまいました。

 ロベールが車の修理を頼もうとして捕まっちゃったこととか、時々出てくるあの女の子なんかも話の本筋とどう関係あるのかまだわからないんだけど、無関係だったでは全然面白くないのでそのうち絡んでくるのでしょう。
 それにしても崖から落ちそうになったのにその後何事もなかったかのように普通に振舞ってるトマの精神力ってすごいです。普通は怖くて誰かに言うもんなんじゃ(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NCIS #12

 ウエストバージニアの小さな町で、切断された右脚が発見される。人工関節のシリアルナンバーから身元が判明するが、24時間以内に切断されたというダッキーの意見とは違い、その人物は2年前に心臓発作で死んでいた。
 今回は植物のDNA鑑定が事件の謎を解く鍵となりました。日本ではコシヒカリのDNA鑑定なんてものがありますが、ギブスはそれを知らなかったようですねぇ(笑)

 ところで脚が発見されたウエストバージニアの地元警官は「LOST」のソーヤーじゃなかった??? ものすごいちょい役でしたけど。どなたかご存知でしたら教えてくださいまし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 13, 2006

まさお君、ありがとう

 私の部屋のテレビはBS、CSだけで80チャンネル以上視聴できるので地上波民放は存在しないに等しいくらい見ることがないのですが、唯一かかさず見ていた番組が「ポチたま」です。
 その番組の人気者で今や忠犬ハチ公や南極犬タロー、ジローをしのぐ日本一有名な犬となったまさお君が先日亡くなったそうです。まだ7歳でした。
 日本全国を旅して、毎回たくさんのペットと出会い、およそラブラドールらしくない自由奔放&暴れん坊っぷりで笑いを提供してくれました。今年からその座を息子のだいすけ君に譲り旅犬を引退したけれど、もう本当にまさお君の姿を見れなくなってしまうのだなぁと思うととても寂しいです。
 今までたくさん楽しませてくれてありがとう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 11, 2006

LOST #47

 思っていたほど衝撃の展開ではなかった…。
 ウォルトを探して行方をくらましたマイケルの13日間。彼はアザーズ一味に捕まってアザーズ村へ連れて行かれました。そこでウォルトと再会するけど、彼らはヘンリーを逃がしてかわりにジャック、ソーヤー、ケイト、ハーリーの4人を連れてくればウォルトを解放すると言います。
 ふーむ、やっぱりそうでしたか(あっさり。笑)

 アデ神父は教会建設を放り出してハッチに引きこもってしまいました(笑) 一緒に建てるって約束したのに〜と言うチャーリーは(いつに間にそんな約束を?笑)荷物を持ってきてほしいというアデさんの頼みを無視して一人で教会を作ろうとします。でも彼の腕力ではうまくいかず…(苦笑)
 そこへ何かをくわえて現れたヴィンセント! おおっ、お仕事をお手伝いか、それともメッセンジャーとして働いてるのか!? と思ったら、彼がチャーリーの元へ持ってきたのはあのマリア像でした。駄目じゃん〜〜(がくっ)
 どうやらヴィンセントはビーチのテント(ソーヤーのテント?)で勝手にお菓子をあさっていてマリア像を発見したみたいですねぇ。それにしたってわざわざチャーリーのところへ持っていかなくても……。それとも「自分の手で捨てろ」って言いたかったのかな?
 それにしてもみんなからおすそわけをもらうだけではなく、ちゃっかり盗み食いまでしてたのねー。痩せない理由がわかったぞ!
 マイケルの横でくつろいでる姿もかわいかったわ♪
(今回はヴィンセントのことしか書いてない……笑)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 08, 2006

M.I. 緊急医療捜査班

 FOX CRIMEで新たに始まったドラマ。原因不明の難病や感染症などの調査をする人たちの話です。
 これって「HOUSE」のようなメディカルドラマなのかと思ってたけど、治療よりも感染源の調査がメインでどちらかといえば科学捜査ものに近いかも。それに人体実験まがいの治療で毎回患者を死なせかけるチーム・ハウスよりは、原因が突き止められるまで無茶な治療はしないチーム・コナーの方がまっとうな医療って気がしました(苦笑)
 当分は木曜夜は空いてるのでじっくり観ていこうと思ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タガート「秘密の小部屋」

 観ていてとても悲しくなってしまった。学校でのいじめは万国共通。そして波風たてるのが面倒なために見て見ぬ振りをする教師も万国共通なんですね。これが寄宿制の学校なもんだからいじめられてる生徒は登校拒否すらできず八方塞がりになってしまいます。
 犯人役のおばさんは「Wire in the Blood」でトゥルーディ事件の陪審員を次々と殺した人でしたね〜。WITBで世間の不条理に天誅を下していたので、今回も同じなのかと思ったら最後に驚きの真実が!
 しかし学生時代の恨みっていうのは結構深いよね。好きな奴の顔は忘れても嫌いな奴の顔っていうのはいつまでたっても忘れないもんです。
 おばさんいわく「いじめる人間も最低だけど、見て見ぬ振りをする人間も最低」だそうで。もちろんそうなんですが、一番悪いのは他人をいじめるような人間に育てた親だと思うなぁ。親は自分の子がいじめられないように守ることには熱心だけど、よその子をいじめない人間に育てることの方がもっと大切なんじゃないかな。「うちの子はやんちゃだけど心の優しい子だから他の子をいじめたりしない」なんて平気で言ってる親こそ要注意です。
 あの三人組は鞭打ちよりいっそ放校にしてしまえばいいのに。軽い気持ちでやったことがいかに相手を傷つけているか身をもって思い知ればいいんです。

 フレイザー君もつらい学校時代を過ごしていたんですね。たしかにそういうタイプかも…(苦笑) でも立派な(といっていいのかどうかは微妙だが)警官になって相手を見返してやれたので良かったですねー。ジャッキーがいじめっ子だったのも納得。ジャーディンはどうだったんでしょう? 朝礼ではりきって歌ってる姿がかわいかったです(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 07, 2006

1月、どうしよう!

 迷っているという意味の「どうしよう」ではなく、困ってしまって「どうしよう!」です。
 ちょっと気が早いのですが、1月の海外ドラマ視聴ラインナップ。
 まずはFOX CRIMEで新たに始まる「Law & Order / Special Victims Unit」。あちこちで評判が高いので非常に期待しています。

 シリーズものの続編ではまずミステリチャンネルの「炎の英雄シャープ」の新作! シャープとハーパーは「危険な逃亡者」「Wire in the Blood」でそれぞれお見かけしてましたが、やっぱり二人並んでる姿がいいんだよな。

 Super Drama TVではいよいよ「ベティ Yo soy Betty, la Fea」の続編「ECO MODA」が放送開始。先行プレミアでは相変わらずの騒々しさも健在(毛染め女がいないのは残念だけど)。先日観た「ECO MODA カミングスーン特番」では(特番っていうほど特別な内容でもなかったのだが…)フレディが社長のふりをしたことで大騒動になったり、アウラマリアに新恋人が!?という新たな展開も待ち受けているようで、本放送が今から楽しみでなりません〜♪
 ますます女らしくなったウーゴの毒舌も楽しみだ!

 そしてFOXでは待ってました!の「NIP/TUCK」シーズン3!! 更新遅すぎの(人のことは言えないが。苦笑)FOXサイトではまだ発表されてませんが、どうやら1月16日スタートで確実みたい。それにしてもこんなに人気のあるドラマの日本版DVD発売がなぜ実現しないのでしょう? もっともそれを言ったら同じ境遇のドラマが他にもわんさかとあるわけだけど。

 これだけでもなかなか嬉しいのに、なんとAXNでは「Dead Zone」のシーズン3が登場するそうではないですか! きゃ〜〜〜これも本当に嬉しいです♪ 衝撃のS2ラストの後、ジョニーの運命やいかに!?
 ジョニーとブルースの漫才も見守っていきたいです(笑)

 で、何が「どうしよう!」なのかというと、Law & Order、ECO MODA、そしてNIP/TUCKの放送時間がバッチリ重なっているのです! N/Tは発表がまだだけど、たぶん今「HOUSE」やってる枠に入るのだろうし。今でも火曜夜10時は「エッジ・オブ・トゥルース」と「TUCKERVILLE」があるというのに、このうえ3本プラスですか!
 一体どれを最優先させればいい?? となると再放送の回数の少ないスパドラ(ECO MODA)を優先させることになるんだろうな。
 ますます盛り上がりそうな1月の海外ドラマ。今から待ちきれません♪

 一方で放棄してしまったのが「BONES」と「NUMBERS」。ERのようにある日きっぱり縁を切ったのではなく、気が付いたら観なくなってました(苦笑) これってようするに私にとって魅力的なドラマではなかったということなので、もういいや。
 FOXで始まったばかりの「CHARLIE JADE」は主役の吹き替え小山さんだけど一発でアウトでした。どうしてもついていけない世界というのは誰しもあるものです…。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 04, 2006

LOST #46

 マイケルに撃たれたアナ・ルシアは死んでしまいましたが、リビーは息を吹き返しました。自分が撃ったことを口にされるんじゃないかとドキドキのマイケル。でもリビーは結局「マイケル」と言っただけで死んでしまいます。こういうシーンでいつも思うんだけど、「マイケルが撃った」と言えないもんかね?(苦笑)

 アデ神父は夢のお告げに導かれ、ロックをともなってハッチの扉に描かれていた?マークを探しに行きます。途中で帰ると言い出すロック止めるため頭突きの一撃!
 アデさん強っ!(笑)
 普通は頭突きなんてしないよね(爆!) それに頭蓋骨はロックの方が硬そうだけど。アデさん本来の姿を見た気がしました。

 二人がたどり着いたのは弟のイェミの飛行機が墜落した場所。そこにもまたハッチが……。モニターには他のハッチの様子が映し出され、どうやら監視基地でありダーマの本拠地でもあった模様。前組のハッチ、後組のハッチ、クレアが入院してたハッチとありますが、どうも他にもまだあるみたいですね。でも引き払ってずいぶんたつようですが……時間の経過の感覚がいまいちつかめません。
 持ち帰ったノートから何を見出すのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 02, 2006

The Pale Horse

 ミスチャンで「蒼ざめた馬」を観ました。今までに何度も再放送してるけど観るのはこれが初めて。私は1920〜40年代あたりの女性の細眉&真っ赤な唇が苦手なのでクリスティ物はあまり好きではないんですが、今回はどうも50年代あたりが舞台のようで、わりと安心して観ることができました(笑)
 お目当てはもちろんWITBでキャロルを演じているハーマイオニー・ノリス。出番が多い割にはぶっちゃけいてもいなくてもいいようなキャラでしたが(苦笑)キャロルでは絶対ありえないブリッ子ファッションの彼女を見れただけで得した気分。
 それに他にも見覚えのある人がたくさんいてとってもラッキー♪
 一発でわかったのは「炎の英雄シャープ」のネヤン少佐ことマイケル・バーンですね〜。それとケイト役の女の子もシャープに出てたよね。(たしか行方不明になったお父さんを探す女の子の役だったような気が)
「検死医マッカラム」のお気に入りボビーもいました♪ 彼はヘビメタファッションや手術着の方が見慣れていたので、タートルネックにジャケット姿はなんか変な感じ(笑)
 びっくりしたのは巡査部長役の人! どこかで見た顔だと思ったら、彼は「クリーガン」でリバーズ君を殺したあいつじゃないかーーー!! レトロな眼鏡が妙にお似合いでした。彼は映画にもいろいろ出ているよね。
 それにしてもハーマイオニー・ノリスの睫毛の長いこと! 今回は付けまつげのようにも見えたけど、キャロルの時もかなり長いのでひょっとしたら自前だったのかもしれません。うらやましいな〜。

 ストーリーはそれほど面白くなかったけど、思いがけない豪華キャストで楽しませてもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »