無料ブログはココログ

« LOST #41 | Main | Tuckerville »

November 07, 2006

タガート「エンジェル・アイズ」

 ジャーディンがかなり太って福々しくなってきましたねー(苦笑)
 ゲイを狙った連続殺人。死体はみなきれいに洗われ、同じポーズで横たわっていた。これで拷問の痕があれば犯人は間違いなくアンジェリカなんですが(笑)
「マクベス巡査」のTVジョンとドク・ブラウンがゲストで出てきました♪ ロックドゥのオヤジたちはあらかた出演していてこの二人も前にそれぞれちょい役で出てきたことがありましたが、今回は二人揃ってしかも重要な役柄で登場したのでおかしかったです(笑)
 ちなみにTVジョンは最初の事件の犠牲者と一緒に暮らしていたゲイの音楽家。ドク・ブラウンは彼らが常連のゲイクラブのオーナーで、他にもゲイ向けのブティックやカフェなどゲイビジネスを展開しているバイの実業家(爆)
 同居していた恋人が死んだことでTVジョンはその恋人の娘との遺産相続争いに巻き込まれてしまいます。26年間一緒に暮らしていた家なのだから自分の家も同然だけど、法的にはそうもいかないんですね。しかし最終的には遺言書がものを言いました。でも娘の気持ちもわからなくはないんだよね。なんとか和解できるといいんだけど。
 タキシード姿でヴァイオリンやピアノを演奏してくれたTVジョンだけど、彼はやっぱりキルト姿とバグパイプの方が似合うなぁ。

 今回はフレイザー君にとってもとんだ災難のエピでした。ゲイであることを隠して警察で働いていたフレイザー君だけど、事件の容疑者として浮かんだのが昔の恋人アンディ。虚言癖のある彼に昔さんざん悩まされたそうですが、今回も彼に脅迫されたりと苦労が絶えません。それでもアンディが殺されたときは相当ショックだったでしょうね〜。
 SFUのキースもそうだったけど、ゲイで警官っていうのはいろいろ大変なようですね。でもその後のエピのフレイザー君を見てると嘘みたいに開き直ってますけど(笑)
 しかしアンディが死んでしまって、彼が一人で運営していた犬の救助センターはこの先どうなるんでしょう? 運営を引き継いでくれるボランティアが現れることを願っています!(てゆーかドラマだってば。笑)

 ドク・ブラウンはちょっと怪しいかなって思ったんだけど、最後にフレイザー君が襲われた時に助けにいくとこはかっこよかったわ♪ 捜査を進めていくうちにジャッキーは彼と親しくなりますが、結局最後にはドク・ブラウン&フレイザー君のカップルが成立(爆笑) SATCで言ってた「バイの男は結局ゲイになる」は本当でした。

 なかなか面白かったんだけど、犯人がゲイを殺す動機がいまいちわかりませんでした。死体を洗ったのは罪を洗い流すためじゃないかと言ってましたが、てことはやっぱりゲイに対するヘイトクライムってことでしょうか。敬虔なクリスチャンのジャーディンにとってもちょっぴり皮肉な事件だったな。
 ゲイカップルの壁紙職人“カウボーイズ”がいい味出してました(笑)

« LOST #41 | Main | Tuckerville »

Comments

ジャーディンは髪の分け目も替えてましたね。イメチェンをはかったのか、それとも生え際に危機感を感じたのかしら?
あのポーズの裸の写真をズラっと並べて眺めてるマイケル君。
このシーンだけを見たら何だか吹いてしまいます。

TVジョンとドク、出てましたねー。
今日「敬愛なるベートーベン」の予告を見ましたら、そこにもTVジョンの顔が見えたように思いました。音楽に縁がありますね。

いばらさん、こんにちは。

>生え際に危機感
爆笑! そうかもしれません。
それともボスらしく貫禄出すためにイメージ変えた?
体型で貫禄は出てきてると思いますけど(苦笑)
カウボーイズに挟まれてビールを飲むシーンは最高におかしかったです。

TVジョン、いろんなところに顔を出してるんですね。
普通のおじさんより芸術家っぽい役が似合う人ですよね〜。

Ayanoさん こんばんは。

ジャーディン、ふっくらしてきましたね~。それでも前髪にときめいています。今回はカジュアルな姿も見れてかっこよかったです。

フレイザー君がゲイバーにいたのには驚きましたよ。
それも巻き込まれちゃって・・・・。
最後、無事でよかったです。

犬の救助センターのその後は私も心配になりました。子犬ちゃんたちかわいかったですし~。

さんたさん、こんにちは。

ジャーディン、短い髪も若々しくて素敵でしたけど、
ゆる〜く流れる長めの前髪も良いですねぇぇ〜〜〜♪
はやくロビーとのオヤジバトルが見たいです。

フレイザー君がゲイであることを隠していたのは今回初めて知りました〜。
私がタガートを見るようになったのはもっと後のエピからだったので…。
いろいろ大変だったんですね〜。でもジャーディンに壁紙職人のこと言ったらばれるに決まってますよね(笑)

アンディはあの救助センターを一人で運営していたようですが、資金はどこから来てたんでしょう?
彼自身はそんな裕福に見えないので、きっとスポンサーがいたのでしょうね。その人がセンターを存続させてくれてると願ってます。
フレイザー君の家に連れてきたワンちゃん、とってもキュートでしたね♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/12590479

Listed below are links to weblogs that reference タガート「エンジェル・アイズ」:

« LOST #41 | Main | Tuckerville »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら