« 闇を追う捜査官 | Main | 危険な逃亡者 »

September 05, 2006

LAX #13、LOST #33

 まとめていきます。
「LAX #13 新たなる旅立ち」 上院議員の娘レイチェルの案内を頼まれていたロジャーだが、税関を前にして急に態度がおかしくなったレイチェルを不審に思い荷物を調べると、バッグにはヘロインが隠されていた。いつも仕事で忙しく自分にかまってくれない母親を困らせようと持ち込んだことに同情したロジャーは何とか彼女が税関を通らずにすむよう考えるのだが…。
 いつもはハーリーが私情出しまくりでロジャーは客観的に処理することが多いけど、今回は逆でした。でも、いくら同情したからってそのまんま家に帰しちゃうのは問題なんじゃないかなー。親の気を引きたくてやったこととはいっても、やっぱり許されることじゃないと思うのね。
 トニーとケイトリンは恋人としては終わっちゃったけど、職場ではうまくやっていこうと和解したみたいです。ケイトリンはいい子だし、いい人トニーとはお似合いだけど、自立を目指すケイトリンにはこうなってよかったんだろうな。
 最後までガキだったのはニック。あの気持ち悪いアジア人のマヤに同情したあげく結婚するんだってさ。どうせ彼も騙されて泣きを見ることになると思うけど。ベティのアドバイスから何も得てないんだなと呆れてしまった(苦笑)
 当初の予想通り気が付いたら職場恋愛話になってしまって終盤はちょっと勢いが落ちた感があるけど、それでも意外に面白かったこのドラマ。ダラスの空港長へのオファーを断りLAXも辞めたハーリーの行く先はいったいどこなのかな。「すべてが欲しいのにその一部しか手に入らないんじゃつまらない」は名言かも。それぞれのキャラクターの生き方がよく表れたなかなかいいラストだったと思います。

「LOST #33」 今回はアナ・ルシアの過去。なるほど〜彼女は警官だったのか。すごく納得(笑) しかも彼女のトラウマってそのまんまWATのサムとまったく同じなんだよね。でもそれで家庭崩壊しちゃったアナはサム以上に辛かったでしょう。だからって犯人を殺しちゃうのは問題だけど。ばれないのかな?
 アデビシに遭遇したときのケイトとジャックのびびりっぷりがすごかったよね(爆!) そりゃ彼がいきなり森の中から現れたらびびるでしょう。シャノンが撃たれたことを聞いたジャックはさっそくウザジャックに変身。それでもアデビシに説得されて落ち着きを取り戻します。アデビシは一体どこでこんな悟りを開いたのでしょうね? しかもなんだかダーマのことを知ってるような素振り…。次回は念願のアデビシエピか?!
 とりあえずラストで前組と後組がついに合流。バーナードとローズ、再会できてよかった〜♪ ジンとサンもね。ヴィンセントは森の中に消えたと思いきや、いつものようにさり気なくビーチに戻ってました。どうせならシャノンの傍で鳴いてほしかったけど、さっさと帰っちゃってたのね。実はあまりいい思いをさせてもらえてなかったとか?(笑)
 ところでヴィンセントを演じてるのは女の子だと聞いたので、今回おしりが映った時に確認してみました。
 女の子でした(笑)
 たしかにまさお君なんかと比べるとひとまわり小さいよね(もっとも比べる対象がまさお君では正確さに欠けるけど。笑) でも横から見るとお腹のくびれが全然ないぞ〜ヴィンセント! みんなから美味しいものをいっぱいおすそわけしてもらってるのかな(笑)

|

« 闇を追う捜査官 | Main | 危険な逃亡者 »

Comments

Ayanoさん、こんばんは。

実は私もヴィンセントのお尻チェックをしておりました。(^^;) 確かに女の子でしたね。

まさお君より小さめですよね。そしてまさお君よりかわいい顔をしています。

ヴィンセントも痩せないですが、生存者のみなさんもほとんど体重が変わっていない感じですね。

Posted by: さとうさんた | September 05, 2006 at 11:26 PM

さんたさん、こんにちは♪

おおっ、さんたさんもやっぱりしてましたか〜おしりチェック!(笑)
ラブラドールにあるまじき巨体&暴れん坊のまさお君と比較するのもどうかと思いましたが(笑)
女の子らしい優しい顔をしてますよね〜♪

>ヴィンセントも痩せないですが、生存者のみなさんもほとんど体重が変わっていない感じですね。

本当にそうですね〜。一度は痩せたけどハッチの中のジャンクフードを食べてリバウンドしたとか?(笑)
ダーマ印のドッグフードもあったのかな。

Posted by: Ayano | September 06, 2006 at 01:52 PM

あはは(^^)
実はわたしもヴィンセント、チェックしましたよ~!
「あ、女の子だ!」って思いました。
"ウザジャック" Ayanoさん、ナイスなネーミングです(笑)
モード切り替わりが早いですよね。
これで医者ってだいじょうぶなのか?といつも思っちゃいます。

Posted by: moon | September 06, 2006 at 10:25 PM

こんにちは。
LAXは結局観ないまま終わってしまいました。
あの空港が苦手なのでまあ仕方がないかな?

LOSTのアナルシア。
警官ってこういうトラウマを抱えてる人が多いんでしょうね。
しかしアナルシアの激しさは別格。
こんなに怖いお巡りさんに助けてもらいたくないです。
ウザルシアとウザジャックの再会。
ウザ度グレードアップしたらやってられませんね。
アデエコさんにおすがりしたいと思います。
TBさせていただきます。

Posted by: Garoto | September 07, 2006 at 12:33 AM

moonさん、こんにちは。
ふふ、みなさんなにげにされてたんですね〜おしりチェック(笑)
ウォルトが確信犯で男の子の名前をつけたのか、それともスタッフが犬のことまでこだわらなかっただけなのか……これも数多い謎のひとつです。
ジャックには診察してほしくないなー。
自信なさげで、かと思うと突然キレるので患者にしてみれば不安このうえないですよね(苦笑)

がろとさん、こんにちは。
TBありがとうございました♪
LAXは案の定恋愛ドラマと化してしまったので、ダラダラ続けず切り上げてくれて良かったです。
アナとジャックのウザコンビ。二人の再会によってなだめ役のアデビシの苦労も二倍になるのかと思うとお気の毒です。
それにしても、医者も警官も冷静さが求められる職業なのに激情型の二人がよく採用されたなぁ〜と不思議でしたが、よく考えたら二人とも親が職場の偉い人だったんですね。
というわけでとても納得しました(笑)

Posted by: Ayano | September 07, 2006 at 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/11770037

Listed below are links to weblogs that reference LAX #13、LOST #33:

» LOST「復讐」 [ドラマ日記 Pt.2]
なるほど、アナ・ルシアはLAPDの警官でしたか。 LAPDってどうもいい印象がなくて。 この間もブラスが腐敗を嘆いていたけど The Shieldを観てれば想像もつきます。 おまけにアナ・ルシアは署長の娘。 やりにくいだろう... [Read More]

Tracked on September 07, 2006 at 12:34 AM

« 闇を追う捜査官 | Main | 危険な逃亡者 »