« LOST #30 | Main | アメリカドラマ検定とUS版ベティ »

August 16, 2006

HUSTLE #4

 華麗なるペテン師は華麗な銀行強盗になってしまいました。
 いきなり見覚えのあるオヤジ登場! 銀行の警備主任は「フィッツ」や「バーナビー」で見かけた人。
 そしてどうでもいいけどステイシーってけっこう顔がでかいんだなと気付いてしまった(笑)

 今回はマーク・ウォーレンのおしりが見ものでしたわん♪(笑) イギリスの俳優さんは結構平気で脱いでくれるので(その先頭に立ってるのはもちろんあの人ですが。爆)とはいえ前回のローリー(もとい偽造屋チップ)なんかは「マクベス巡査」でもそんなキャラだったから今さらだけど、マーク・ウォーレンってあんまりそういうキャラ見たことがなかったので今回はラッキー。でも脱ぐ時はロブソン先輩のようにいさぎよくやりましょう(爆!)

 なにげに迷惑かけてるアルバートも今回は先輩としての風格を見せてくれました。「自分一人ですべてを抱え込めばなんとかなると思ってる」というミッキーへの言葉を聞いて、そういえばロンドンにはもう一人そんな人がいたよなぁ〜(←クリーガンのこと)と思い出してしまいました。

 今回はアッシュの活躍が少なかったのが残念だわ〜〜。相変わらずタバコを吸いまくってるところはやっぱりリード部長刑事に見えてしまいます(笑) またフロスト警部とのコンビが見たくなってきました!

|

« LOST #30 | Main | アメリカドラマ検定とUS版ベティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« LOST #30 | Main | アメリカドラマ検定とUS版ベティ »