« 「The OC」と「BONES #3」 | Main | NUTS for MUTTS »

華麗なるペテン師たち

「モンク」が終わり、次までの場つなぎ的にシリーズ1だけ放映されるイギリスドラマ「HUSTLE」。正直者を騙してはいけない、狙うのは強欲で堕落した金持ちのみ……じゃあLivedoorのホリ○モンなんか真っ先に狙われたでしょう(苦笑)

 これはグラナダ製作ではなくBBC作品なので「シャーロック・ホームズ」シリーズや「第一容疑者」をはじめとした本格作品とは違って誰でも気軽に楽しめる娯楽作品だろうと楽しみにしてましたが、まさに期待どおり♪ 明るくてオシャレ〜〜な雰囲気がいいですねぇ。「ルパン三世」を実写版にしたらこんな感じかなー(笑)
 そしてなんといっても「フロスト警部」のなかで大好きな登場人物の一人であるDSリード(ロバート・グレニスター)にレギュラーでお目にかかれるってのが嬉しいです! 輪ゴムセラピーも効果がなくタバコだけはやめられなかったリード部長刑事だけど、アッシュ・モーガンになってもやっぱりタバコ吸いまくってるんだ(笑) でも吹替えの声がちびまる子ちゃんのおじいちゃんですかぁ? ご本人の声とはかなり違うと思うんですが、それでも役のイメージには微妙に合ってるとこがすごい。
 ダニー(マーク・ウォーレン君)がミッキーに殴られたのは「フロスト警部」での誘拐と子犬殺しの酬いかも、なーんて。

 さてさて、記念すべき最初のカモはなんと「炎の英雄シャープ」のロス少将でしたよ! さすがに少しお歳を召してましたが、それにしてもかっこいいロス少将のイメージはどこへやら……どっちかっていうと「第一容疑者4」の酔っ払いオヤジに近いキャラだったかな。どうせなら吹替えも第一容疑者の時と同じトックおじさんにしてくれればよかったのに(笑)

 しかし見てるこっちもすっかり騙されましたよ。そうか、DSリード(もといアッシュ)が持ってたスイカはああいうことだったのね! あの手錠オヤジはそういうことだったのね! これからもこんな感じで気持ち良く騙してほしいです。

 本家BBC-JAPANがつぶれたことでまたNHKにBBC作品が入ってきやすくなったのだとしたら「Rocket Man」の放映も期待したいところです。どうせミニシリーズなんだし、子供も楽しめる作品だから年末年始とかにババンと放送してくれないかしらん。

« 「The OC」と「BONES #3」 | Main | NUTS for MUTTS »

Comments

皆様にお薦めいただいたおかげで
心から楽しむことができました。
まさかあんなオチがあるとは想像もしてなかったし。
知ってる俳優さんがロバート・ヴォーンくらいだったのが
アメリカにどっぷり状態の情けなさですが
イギリスでは有名な俳優さんがたくさん登場してたんですね。
これから楽しみながらいろいろ学んで行きたいと思います!

Garotoさん、こんにちは。
お気に入りのオヤジ目当てで楽しみにしていましたが、
思いがけないゲストの登場に驚かされ、そして何より内容の面白さにも釘付けになってしまいました!
さすがは娯楽の王道BBC。
最近は同じイギリス物でも暗いドラマを見ることが多かったので、久しぶりに気楽に構えて楽しめるものに出会えて嬉しいです♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「The OC」と「BONES #3」 | Main | NUTS for MUTTS »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ