無料ブログはココログ

« Soldier Soldier | Main | DVD増殖 »

June 28, 2006

モンク「夢の100万ドル」

 前回まったく寝耳に水的に三行半をつきつけられショックを受けていたストットルマイヤー警部ですが、そのわりにお元気そうなのでほっとしました。

 仕事のオファーがなくナタリーへの給料も払えないモンク。ナタリーに説得され、懸賞金目当てに美術館から盗まれたダイヤモンドの行方を追うことに。
 一方、銀行のペンを盗んだとかハムスターが死んだとかでやたらと警察に自首してくるジェニーと名乗る女性。警察に来るたびに「違う取調室にして」と言い、なにやら怪しげ。

 うーん、今回も面白かったー。清掃係のグラディスさんがいいキャラでしたね。机の裏まで拭けとうるさく言うモンクに苛立つ彼女をなだめるストットルマイヤー警部の「あれはモンクなんだから、なるべく無視するよう努力してくれ」って台詞がおかしかった。
 それと、警察署に駆け込んで息切れしたモンクとナタリーが「ディッシャーはどこ?」って意味で目を大きく広げるシーンは爆笑。それで通じちゃうとこもまた可笑しかったです。

 しかしアメリカのドラマにはお約束の勘違いな東洋も出てきました。太極拳も禅も畳もごっちゃになってるところがおそろしいです。これがたんなる勘違いではなく、そういう怪しげな施設なんだという設定でわざとやったことならならいいんだけど、どっちにしたって視聴者にはそんなことわからないわけで、ますます中国と日本と韓国の違いに混乱をきたすのではと心配です。

 ふと思い出したんだけど、以前にもモンクはシャローナに給料を払えないことがあって、そんな時シャローナはさっさと照明のお店かなんかでバイト始めたよね。モンクのギャラの交渉も自分でやっちゃうし、こういうところがやっぱりナタリーよりシャローナの方がたくましかったなと思います。

« Soldier Soldier | Main | DVD増殖 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Soldier Soldier | Main | DVD増殖 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら