« Without a Trace - Season2 | Main | 最近は…… »

LOST #21

 例によってネタばれ。BS-iでの放映待ちの方はご注意を〜。

 

 ロックがブーンを殺したのだと思い込んでいるジャックは、ビーチに戻ってきた彼を責める。貧血でフラフラしているジャックを休ませるためケイトは飲み物に睡眠薬を混ぜて彼を眠らせる。しかしその間に銃を保管しているケースの鍵が盗まれてしまう。ブーンの死に対する悲しみと怒りからシャノンはロックに銃を向ける。

 サイードがオーストラリアからLAへ行くことになった理由もわかりました。あのナディアを探して世界中を放浪してたのね! そしてナディアの居場所を教えるのと引き換えにCIAはサイードにシドニーでのテロを未然に阻止するための協力を要請(というか強制)。古い友人に近付き自爆テロ計画に加わるふりをするけれど、いざテロ実行という時になってサイードの裏切りを知ったその友人は彼の目の前で自殺。
 なんて辛い経験をしたのでしょう、サイードは。ロックの過去といい勝負です。
 だから、この二人の駆け引きは本当に緊迫感があって今回のエピの一番の見どころでもありました。シャノンがロックを撃ったのはジャックのせい(そうだよね)でも、サイードだけがロックに対して冷静でいたのは、ああいう過去があったからなんですね。ジャックはもうちょっと考えてからものを言うという術を身に付けた方がよさそう。あんな激情タイプの医者は嫌だ!(笑)
 それにしても、かつてルソーのメッセージの発信源を探していた時にサイードが誰かに殴られたことがあったけど(見てるこっちはそんなことすっかり忘れてた。苦笑)あれがロックの仕業だったとは……

 クレアの赤ん坊は何をしても泣き止まず、子守を引き受けたチャーリーも困惑。(てゆーか泣き止まない原因を医者のジャックじゃなくてハーリーに相談するところが可笑しい) その後、ソーヤーの声を聞いているときだけは泣き止むということに気付いたチャーリーは、ソーヤーに本を読ませる。なんだかソーヤーはだんだん二枚目半キャラになってきてるようで、でもそれはそれでなかなかいい感じ♪
 しばらくはソーヤー(子守唄係)、チャーリー(だっこ係)、クレア(エサ係)の3人での子育てになりそうです。

 さて次回はいよいよ筏が完成する模様。もうすぐS1ファイナル。どんな展開が待っているのかドキドキです!

« Without a Trace - Season2 | Main | 最近は…… »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/9528457

Listed below are links to weblogs that reference LOST #21:

« Without a Trace - Season2 | Main | 最近は…… »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ