« SFU そしてLaLa TV | Main | Without a Trace - Season2 »

April 03, 2006

LOST #20

 前回のラストであやしく光ったハッチに関しては何も触れられず、今回はブーンの治療とクレアの出産でジャングルERと化していました。これにジャックの過去がほんのちょっと描かれた。へ〜彼って結婚してたんだぁ(←かなり興味ないらしい。笑)
 激しくネタバレです。

 ジャックはサンとともに重傷を負ったブーンの治療にあたる。出血がひどく輸血が必要になるが、自分の血液型を知らない人も多く、仕方なくジャックはOマイナスの自分の血液を輸血することにする。しかしブーンは骨折した脚に血液が溜まり、切断しないと命は助からない。わずかな可能性に賭けて切断しようとするジャックだが、ブーンは「自分はもう助からないからこのまま逝かせてくれ」と言う。

 陣痛が始まったクレアは、誘拐されていた間に何かをされたかもしれないという恐怖から子供を産みたくないと言う。しかしケイトに励まされながら無事に男の子を出産した。

 今回はジンとサンがそれぞれ大活躍でしたね。ジンがだんだんみんなと打ち解けてきてるのが嬉しいな。陣痛で苦しむクレアに笑顔で優しく声をかけるところが素敵だったわ〜♪
 サンも治療においてはジャックより決断力があって頼もしいですね。
 でもケイトはまたやってくれました。傷の消毒用にする酒をソーヤーからもらってジャックに届ける途中、ずっこけてバッグの中の酒瓶を見事に割っちゃいました。あーあ、この人は前にも無線機を落っことして壊したし、今回も絶対やると思ったよ(苦笑)

 ブーンの死は悲しいけれど、赤ん坊の誕生とこれからの成長は島にいる人たちにとっての希望となることでしょう。出産を遠巻きに見守っていたジンとチャーリーの喜びようが微笑ましかった♪ あのソーヤーまで赤ん坊を見てニコニコ顔だったもんね〜。
 しかし次回はまた嫌な予感が………

|

« SFU そしてLaLa TV | Main | Without a Trace - Season2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/9409924

Listed below are links to weblogs that reference LOST #20:

« SFU そしてLaLa TV | Main | Without a Trace - Season2 »