« ZODIAQUE | Main | Sharpe's Justice ほか »

March 01, 2006

NIP/TUCK #28

 ジーナがクリニックを訪れ、HIV検査で陽性だったことをクリスチャンに告げる。過去に関係を持った女性全員に連絡を取らなければならないクリスチャン。そしてウィルバーも血液検査のためにクリスチャンの家にやって来る。
 カーバーの事件の無償手術をしているショーンはカーバーから狙われることになり、家に潜んでいた彼(彼女?)に襲われて右の頬を切られる。「今度被害者の手術をしたら殺す」と脅されるが、同じくカーバーに襲われたマットの高校の女子生徒はショーンに手術してもらいたいと希望。ショーンは悩んだ末、その女性の手術を引き受けることにする。

 クリスチャンがHIV感染疑惑に巻き込まれるのは何だか今さらって気がしますが(というか今までなかったのが不思議だ。苦笑)彼が不安になっている時の「俺がついてる。結果がどうであれ俺が助ける」というショーンの言葉が愛ですねぇ〜。キンバーのとこへ行かなくても、ここでショーンにすがって泣けばいいじゃないですか?と勝手に思ってみました(笑)

 健康保険に入っていないためHIVの治療を受けられず、孤独に死んでいくのが嫌だと言うジーナはちょっと可哀相かなとも思ったけど、やっぱり自分が今までやってきたことの代償だから仕方ないのかもしれません。とにかくウィルバーに感染してなかったのには見てるこちらもほっとしました。

 そして気になるカーバーの正体。きっと過去に出てきたことのある誰かなんだろうとは思いますが、これがアバだったら面白いのに。名前も似てるし(笑)

|

« ZODIAQUE | Main | Sharpe's Justice ほか »

Comments

またまた来てしまいましたw

カーバーの正体、私はコスタ医師が怪しい気がします。
あのタイミングであれだけ印象に残る扱いが
匂うんですw
ショーンを襲ったとき自分のことを『俺』と
表現したのも大きいし、
ミステリアスにするならば『私』と訳すべきでしたよね。

いや、実際はアバの方が面白いのかも!
う~~ん、該当者は色々いますよねぇ。
ボボリットもそうだしw

Posted by: ちょん | March 02, 2006 at 04:54 PM

ちょんさん、こんにちは。
コスタ医師も怪しげですね(笑)
というか、このドラマって怪しい人しか出てこないからカーバーの正体もまったく見当つきません。
誰でも可能性があるってとこが怖いですねぇ〜。

いよいよシーズンファイナル。
問題てんこもりだけど、前シーズンのラストのようにうまくまとまるのでしょうか。

Posted by: Ayano | March 02, 2006 at 06:21 PM

カーバーを暴け!
確かにコスタ医師の不気味な登場も気になるし
顔を切ってたボボリットはいかにもやってくれそう。
アバはそこまでパワーがなさそうな気がしますが。
または過去の患者の誰かかもしれませんね。
恨みを持っている人、たくさんいそうだもん。

ショーンとクリスチャンの愛の言葉にただ感動してました。

TBさせていただきます。

Posted by: Garoto | March 02, 2006 at 08:24 PM

該当者が多すぎてカーバーの正体は想像もつきませんね〜。
ここまできてまさか全然無関係の人だった、なんてことはありえないでしょうし。
次回は明らかになるのでしょうか!?

がろとさん、せっかくTB送ってくださったのに、また反映されてないようです……
どうもココログは最近おかしいようで。
ご迷惑をおかけして本当にすみません〜!
m(_ _)m

Posted by: Ayano | March 03, 2006 at 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/8895186

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK #28:

« ZODIAQUE | Main | Sharpe's Justice ほか »