無料ブログはココログ

« 紅はこべ | Main | Sarpe's Siege »

February 07, 2006

ベティ 〜#164

「エイリアス」のシーズン3がついに5月からAXNで放映されるそうな。私はこのドラマ観てなかったのだけど、NHKに忘れ去られた番組がCS局で続々復活してくれるのは本当に嬉しいですね。せっかくのなでこの機会にシーズン1と2の一挙放送を観てみようかな。

 さて本題「ベティ "Yo soy Betty, la fea"」です。
 コレクションが大成功を納め、ベネズエラでのフランチャイズ契約も無事とりつけることができたベティ。しかしアルマンドがマルセラと別れたのは彼がアレハンドラを愛しているからだと思い込んでいるベティは、彼が他の女性と幸せになる姿は見たくないとエコモダを去る決心をする。
 そこへカルタヘナで出会ったフランス人ミシェルが登場! ベティに会うためボゴタにやってきた彼は、ベティがエコモダを辞めると聞くと、カルタヘナでの自分の新しい事業を手伝ってほしいともちかける。
 ブサイク組はベティとミシェルのうわさ話に夢中。それを立ち聞きしベティのバッグの中に二人の写真があると知ったアルマンドは、こっそりベティのバッグを物色。写真とともにバッグに入っていたベティの日記帳を見付けると、それを持ち出し自分のオフィスにこもって読みはじめる。そこにはエコモダに入社した頃からの出来事やアルマンドへの想いが書き綴られていた。再び自己嫌悪に陥ったアルマンドはオフィスで大暴れ! ベティに真実を打ち明けようにも、ミシェルと外出したきり連絡が取れずさらに大荒れ! しまいには後悔しまくりの自分と違ってまったく悪びれていないマリオに暴行(爆!) 実はベティに頼まれたブサイク組がアルマンドと連絡が取れないようにしていたんだけど、彼の荒れ様を見たイネシータはベティが自宅に帰ったことをこっそり教えてあげます。
 慌ててベティの家へ向かうも時すでに遅し、ベティとミシェルは外出した後だった。しかしアルマンドがベティの母フリアに自分の本当の気持ちを打ち明けると、フリアは彼に最後のチャンスをあげると言って、二人が行ったレストランを教える。そこでベティとミシェルの間に割って入ったアルマンドは、ようやく冷静に自分の気持ちを伝えることができた。

 ついに大詰め、最後のヤマがやってきたーって感じです。両親とともにカルタヘナへ移住して新たな人生を歩みたいと思う反面、やっぱりまだアルマンドを愛してるベティ。ミシェルはその辺にするどく気付いたみたいで、きちんと決着をつけるべきだとアドバイス。彼女にはカルタヘナでゆったり過ごす癒しが必要だと言いつつも、無理矢理連れていこうとはしないあたり、ミシェルって本当にいい人ですよね。さすがはカタリーナさんの友人です。
 そしてマルセラがいまだにアルマンドを奪還しようとしているのには驚きでした。あんな目に遭っておきながらナゼ?(ってそれはベティも同じだけど。笑)
 ブサイク組v.s.毛染め女パティの対決は相変わらず。ベティがエコモダを辞めたがっているのを知って悲しんでいるブサイク組に「バ〜〜〜〜〜ッカみたい!」と言い捨てるパティ、笑えました♪(本人の表情も可笑しいんだけど声優さんも芸達者!) しかもベティが辞めたら自分が副社長になれると思っているところがすごすぎます。勘違いも甚だしいが、そこはやはり改心しちゃったらパトリシア・フェルナンデスじゃないので、最後までこのままぶっちぎってください!(笑)

« 紅はこべ | Main | Sarpe's Siege »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/8552069

Listed below are links to weblogs that reference ベティ 〜#164:

« 紅はこべ | Main | Sarpe's Siege »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら