« Jack Vance | Main | SFU #15 »

January 12, 2006

NIP/TUCK #21 アガサ・リップ

 スパチャンで「Without a Trace」の東京ロケの模様をほんのちょっと紹介してました。やっぱり噂は本当だったんだ! 五反田あたりで撮影してたようですが、遭遇した人はラッキーですね。知ってたらこっそり見に行ったのになぁ。残念。そういう私も実はNYで「Law&Order」の早朝ロケに遭遇したことがあったりして…(しかし番組を観たことがないため全然ピンとこないのが悲しい)

 さて今週の「NIP/TUCK」はなかなか面白かった。クリニックを訪れたアガサという女性が手首の“聖痕”の治療を依頼する。初めは更生施設を逃げ出し教会で保護してもらうために自分でつけた傷だというが、これが二転三転。さらに今度は手術を終え入院中の彼女の足に傷ができる。イエスがつけたと言うアガサ、自傷癖のあるアガサ本人がつけた傷だと言うシスター。ちなみに傷が本物の聖痕だと信じて疑わない神父はERのアンスポー部長でした(笑)
 一方ジュリアはマットのヒミツを抱えてるストレスから帯状疱疹ができてしまう。まためでたく妊娠したリズだったが、産まれてくる子供が自閉症になる確率が高いことがわかり、育てる自信がないと中絶を決意。しかし一番気の毒なのはクリスチャンでした。リズの中絶を知った直後、今度はマットのことを知ったショーンに殴られる始末。でもねー、ウィルバーを育ててるクリスチャンを見ていたら、障害を持っていようが持っていまいが彼は産まれてきた子供を絶対に可愛がるはずだってわかるよね。リズがそれをいまいちわかってなかったのが残念です。

 結局、アガサの聖痕は教会を守るためにシスターが計画したことだった。それとひきかえにアガサは教会の保護を得るという、利害の一致からくる聖痕騒動(?)人は何を信じればいいのか? という問いに「信じられるものなんか何もない」と言うアガサ。ジュリアの帯状疱疹もそうだけど、人は強く思い込むことによって体にも変化を及ぼす。それほど人の脳は神秘に満ちているわけで、祈りの力もまた然りなんだな。何を信じるべきかではなく、信じてくれる人のために何をすべきかという深いテーマがあるなぁ…と今回はまじめに観てしまいました。

|

« Jack Vance | Main | SFU #15 »

Comments

こんばんは~♪
WATネタに反応です(笑)
WATからみた日本がいかがなものか、
そして、日本での撮影が、アメリカでどう編集されるのか
とても楽しみですね!
願わくば、その日まで、きちんと日本で放映されますように
でも、何か、吹替えとのかねあいで、こんがらがってしまいそう!(笑)
Ayanoさんは、ロケに遭遇されたことがあるのですね!羨ましいです
私もWATの撮影遭遇したかったです!
NY、もっとフラフラすればよかった(笑)

Posted by: まめ | January 12, 2006 at 09:10 PM

おー、東京ロケですかー?
見たいですねー!誰か日本に行って行方不明になるんでしょうねえ。楽しみ、楽しみ。
ちなみに、Dannyが大好きなんですが、最近やたらMartinがかわいそーで気になってきています。シーズン最終回は「えっ!」てところでブッチリきれて終わりました!またまたひっぱる・・・。

Law&Orderのロケ見たんですかー!!!
私の「一番」好きなドラマですよー!!!
これはシブイですよ~!死ぬまでに一度「出演」してみたい・・・。通りすがりの死体発見者でいいから。
「死体発見」→「捜査」→「裁判」→「判決」ってパターンがあるんですよ。不満な判決や、悲しい結果はいっぱいありますが。
元祖Law&Order Law&Order:Sexual Victims Unit, Law&Order: Criminal Intentとありますが、全てNYロケです。
独特の雰囲気とテンポがありますが、くせになります。きっとAyanoさんもはまるかと・・・見れる機会があったら是非見てみてください。

NIP/TUCKは手術シーンが苦手で時々しか見ないですが、クリスチャンもショーンもセクシーな俳優ですよね。

Posted by: EmilyNZ | January 13, 2006 at 04:32 AM

>まめさん
こんにちは。
東京ロケ、ギャラリーも多くてなかなか大変だったみたいですね。ヘリを使ったり、かなり大掛かりな撮影だったようですよ。なのに全然気付かなかった…(泣)
ちなみにストーリーは、在日米軍の海兵隊員がレイプ事件を起こし、被害者がヤクザの娘だった……ということのようで、すでに嫌な予感しまくりなんですが(苦笑)せめて日本在住のアドバイザーを使ってくれてることを祈るばかりです。
個人的にはダニーin関西が観たかったんですけど(爆!)
日本でもぜひ観たいですね!

>EmilyNZさん
というわけで行方不明になるのは刑期を終えて出てきた海兵隊員ではないかと思います。
なるべく普通の日本が描かれてるといいんですけど、どうも無理っぽいです(苦笑)
「Law&Order」は日本でもファンの方が多いみたいですよ。残念ながら私は観たことないんですけど……

ロケに遭遇した時はまだスタッフの人が準備をしてる段階で俳優さんもまだ来てない状態だったので、通りすがりの人が「あっ、Law&Orderの撮影だ」と言ってても何のことやらさっぱりわかりませんでした(笑)
なので当然のごとくどのシリーズだったのかもわかりません。住んでる人の話ではL&Oのロケはよく遭遇するそうですが、勿体ないことしたかな。
ダウンタウンあたりのアパートには撮影に使わせてもらえる部屋を募集するチラシがよく入るそうですよ。スタジオじゃなくて一般人のお宅を使ってるんですね〜!

Posted by: Ayano | January 13, 2006 at 05:01 PM

こんにちは~
おお~そういうストーリーなのですか!!
・・・・それはとても心配だ(爆)
ヤクザは、MHさんですね!
ヤクザの娘ということは、娘さんも日本人が演じるのでしょうか。
多くの日本人が、画面の前でずっこけるに違いない(笑)
ヘリとは・・・さすがブラッカイマー軍団。
でも、放映が楽しみです♪

ダニーin関西はみたかったですね!!
吹き替えになったら、わけわからなくなりそうですが(笑)

EmilyNZさん、はじめまして♪
マーティンファンのまめと申します
そちらでは、シーズン3が終わったところなのでしょうか?
ぜひ、かわいそうなマーティン、応援してあげてくださいませ(^^)

Posted by: まめ | January 15, 2006 at 03:47 PM

まめさん、こんにちは。
ヤクザって時点で「あ〜やっぱりそういう路線か」と思ってしまいましたが(苦笑)
WATは世界中の人が観ている番組ですし、なるべく日本の普通っぽいところも描いてくれるといいですね。
MHさん…誰だろ?(笑)

ダニーは当然吹替えで、関西弁で地元の人たちと交流してほしいです!

Posted by: Ayano | January 15, 2006 at 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/8127119

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK #21 アガサ・リップ:

« Jack Vance | Main | SFU #15 »