« LOST #11 | Main | キャンセルされた… »

January 24, 2006

ベティ 〜#156

 エコモダの新たなフランチャイズ展開のためアルマンドは南米各地、マルセラはマイアミへ出張する。その間、ベティはウーゴにブサイク組(グティエレス含む)のための服をデザインさせる。ファッションは美人のためだけのものじゃない(そりゃそうだ)というコンセプトのもと、販売戦略の一環として各ショップにファッションアドバイザーを置き、人それぞれの個性にあった服選びができるブランドを目指すことになる。

 1カ月後、新しいコレクションの発表の日に会わせアルマンドが出張から戻ってくる。しかし一緒にやってきたベネズエラのアパレルメーカーの重役アレハンドラは元モデルですごい美人! あくまでフランチャイズ契約のためのビジネス上のお客様とはいえ、やはりアルマンドと彼女の関係が気になって仕方ないベティはちょっとイライラ……。
 でもアルマンドの方は出張から戻ったらなんだか落ち着いたというか、一皮むけた感じ。出張中に何があったのかな。アルマンドからいつもベティのことを聞かされていたというアレハンドラが一役買ったような気もします。ベティにつきまとってボロボロ状態のアルマンドもかわいかったけど、しゃきっとした彼はやっぱり素敵ですね〜。
 アルマンドとアレハンドラが一緒にいるところを見たマルセラはかなり戦闘モード(笑) パティがけしかけていることもあって、そろそろ大嵐がやってきそうです。てゆーか、そろそろパティにもキレそうな予感。マルセラ大爆発はあるか!?

 さてコレクションはというと、ブサイクの服をデザインすることをずっと自分への侮辱と思っていたウーゴがエコモダを辞めると宣言、そのうえ超メガトン級の嫌がらせとしてブサイク組をステージに上げることに! 突然のことに彼女たちはうろたえるけど、ベティの励ましでみんなステージを歩き、おかげでコレクションは大成功!
 これ、本当に良かったです。みんなとても素敵だったし、とくにイネシータがステージを歩いて会場から大拍手がおくられたのにはかなり感激しちゃいました〜。

 控え室でふてくされてるウーゴはイネシータの説得もきかずエコモダを辞めるの一点張り。そんな彼にベティは費用は全額会社持ちで恋人とバカンスへ行くことをすすめます。そもそもウーゴがエコモダを辞めたがってるのは恋人とうまくいっていないのが一番の原因のようだし、彼が辞めると言ってごねるのはこれが初めてじゃないのであまり心配はしていません(笑) ベティもウーゴも相性は悪くてもお互いの才能や手腕は認めているんだよね。

 ところで、ショーの後のミニコンサートに出演する新人歌手! ニコラスは「あんな歌手たいしたことないよ」と彼の出演になぜかずっと否定的でしたが、いざその歌手が現れたらなんとニコラス役マリオ・デュアルテ本人なんだ(爆!) これにはマジで爆笑。Tシャツ&ジーンズ姿でなかなかかわいかったけど、本人の言う通り歌はたいしたことなかったかな?(笑)

|

« LOST #11 | Main | キャンセルされた… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/8317539

Listed below are links to weblogs that reference ベティ 〜#156:

« LOST #11 | Main | キャンセルされた… »