« ミステリ倶楽部 | Main | 謹賀新年 »

Sharpe's Enemy

「炎の英雄シャープ 死闘の果て」1週間遅れの感想ですみません(汗)

 ポルトガルとの国境近くの町アドラトスを脱走兵達が占拠する。イギリスやフランス、スペイン、ポルトガルなど様々な軍からの脱走兵がいたが、その中には当然のごとくあのヘイクスウィルがいた。というかこいつが仕切ってます。
 彼らはその町にいたイギリス軍のファージンデール大佐の妻イザベラを人質にし身代金を要求してくる。それを届けるのが今回のシャープの任務です。ハーパーと二人でアドラトスへ赴くものの、ヘイクスウィルは身代金を倍にするよう要求。人質奪還に失敗してしまったシャープは、兵士たちの士気の下がるクリスマスイブに再び人質奪還を遂行することにする。
 この作戦の援軍として派遣されてきたのがフレデリクソン大尉率いる中隊。おおおっ!「Wire in the Blood」の激渋トム・クロス警視登場です♪ しかし……
ギョッΣ( ̄∇ ̄;)!!ナンダコレハ! ハゲ頭に馬の毛のカツラ、でっかい眼帯、ガタガタの総入歯でツバを飛ばしまくり、そしてあだ名が“スウィート・ウィリアム”……か、かなりイメージが…………(爆!) でも、いい人みたいなのでよかった……ホッ。
 しかし戦闘のドサクサにまぎれてヘイクスウィルはイザベラを連れてとんずら。そこへテレサが現れ………!!!
 人質奪還は成功したものの、ここでフランス軍に町を明け渡すわけにはいきません。ということで、死ぬ気で戦うと言うシャープ! ここで奥の手、ロケット隊登場。はっきり言ってロケットの命中精度は褒められたものではないのだが、飛んでくるロケットに慌てふためいたフランス軍の兵士が散り散りに逃げまどう様は見ていておかしかった! それにロケット隊を仕切るギリランド中尉はひょろっとした体にメガネ姿で、いつの世も科学オタクとはこういう風貌なのかなと思ったり(笑)
 それにしてもヘイクスウィルは本当に筋金入りの悪人ですね。ここまでくるとかえって好きになってしまうんですが(笑)今回あっさり処刑されちゃったのが残念でした。もっと頑張ってほしかったな〜。

 ちなみに「LOST」8話はアルマンドのドラッグクイーン姿に惑わされているうちにすっかり忘れ去っていました(泣) 年明けのアンコール放送を見逃さないようにしなくっちゃ!

« ミステリ倶楽部 | Main | 謹賀新年 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/7928123

Listed below are links to weblogs that reference Sharpe's Enemy:

« ミステリ倶楽部 | Main | 謹賀新年 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ