« LOST #5 | Main | マクベス巡査のDVD… »

December 05, 2005

ベティ #122〜126

「ベティ〜第三部 “Yo soy Betty, la fea”」今のところ順調に消化しております。

 カルタヘナへ旅立ちカタリーナさんの仕事を手伝うことになったベティ。しかしミス・コロンビア選出のイベントや華やかなパーティーに早くも「ここは自分の世界じゃない」と根を上げてしまう。翌朝ボゴタに帰りたいと打ち明けたベティだが、困り果てるカタリーナの姿を見てやはり仕事を全うするべきだと心を決め、カルタヘナに残ることにする。
 それにしてもミス・コロンビア候補やカタリーナの友人のフランス人ミシェルなど、ここにいる人達は誰もベティを見た目で判断しません。てゆーかこれが普通だよね。エコモダの人達がおかしいんだよ(笑)
 しかしいまだに自分の殻から抜け出せないベティをカタリーナはブティックや美容院へ連れ出します。あの前髪ともついにオサラバ! またブラジルの女優さんや有名な歌手など様々な人から勇気付けてもらったこともあり、ベティは徐々に前向きになっていきます。

 それと対照的にエコモダはいまだにもめてます。ベティが残してきた書類に不備があり、どうしてもベティに会議に出てもらわなきゃならないんだけど、相変わらず彼女の行き先を誰も知らない。ベティの代理人として会議に出席したニコラスも頑として彼女の居場所を喋りません。ベティの写真を見つめながら「どこにいるんだ、僕のベティ…」と呟くアルマンド。おいおい、いつからお前のベティになったんだよ!と思わず突っ込みたくなりましたが、でも……どーしましょ。だって…

 アルマンド、かわいいっ!O(*≧∀≦)O(爆)

 それにパトリシアも可愛いよ〜♪ ワガママ言ったりきついこと言われたりしながらも、泣き崩れるマルセラを「よしよし」って撫でてあげるとことかさ〜。重役達がいない今はアタシが一番偉いのよッ!と言い放った直後うしろにダニエルがいることに気付いて慌てて逃げる時の仕草とか可笑しかった!
 もっとも可笑しさではエコモダお笑い担当のマリオにはかないませんが(笑) アルマンドの財布に入ってるベティの写真を発見した時の彼のリアクションは最高でした! いつまでたってもメソメソしてるアルマンドと違ってアッサリしてるこいつはかなりの大物タイプです(笑)

 さあ、この先どうなることやら? パティとニコラスのいざこざも見応えありそうで楽しみです!

|

« LOST #5 | Main | マクベス巡査のDVD… »

Comments

こんにちは、クリスマスバージョンで明るい背景になりましたね。
私も、ベティ楽しんでます。
しかし、二人の再会までかなりひっぱりますね。早く、二人の再会の画面を見たくてたまりません。最初は気軽に楽しんでいたのですが、かなり最近嵌ってしまいました。
マリオって憎めないやつですよね。
アルマンドってかなり激情型だったのね。
喧嘩の強いのも面白かった。
わたしは、いつも、パティが大口を叩いているいる時、後ろからダニエルがお約束のように現われるシーンが楽しみです。

Posted by: フムス | December 10, 2005 at 02:58 PM

フムスさん、こんにちは。
「ベティ」不思議とだんだんはまってしまいますよね!
酔っぱらったアルマンドが通りすがりの人にベティの写真を見せるシーンとか可笑しくって(笑)
はやくベティとの再会が見たいです♪
パティ可愛いですよね〜。メルセデスを失った今、おそれるものがなくなったせいか、ますます打たれ強くなった気が!
一方だんだん魔女化してきたマルセラがちょっと怖い(笑)

Posted by: Ayano | December 12, 2005 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/7471700

Listed below are links to weblogs that reference ベティ #122〜126:

« LOST #5 | Main | マクベス巡査のDVD… »