« Murder on St.Malley's Day | Main | 小説の中の海外ドラマとWITB4 »

第95ライフル部隊

 ミステリチャンネルで12月から始まる「炎の英雄シャープ」の先行プレミア放送を観ました。

 が、まずはじめに「茶母」をちょっとばかり。今回はちゃんと観てなかったのでなんだかよくわからなかったのですが(苦笑)チェオクの子供時代の回想を交えたエピでした。それより番組開始当初からいつトックおじさんが出てくるかと密かに期待していたんだが、第2話目にしてはやくも期待に応えて登場してくれました(爆!) まさか本当に出てくるとはね。衣装もほとんどチャングムの時と一緒なのでまさにトックおじさんそのまんまです。今回はチラリと登場しただけだったけど、きっとキャラクターも同じなんだろうなぁ(笑)

 さて本題の「シャープ」ですが、どうせ12月に本放送があるんだし、とあまり気合いを入れて臨まなかったんだけど……これは面白そうですよ。
 19世紀初頭、兄(弟だっけ?)をスペイン国王にしてヨーロッパを仕切ったつもりでいい気になってるナポレオンとフランス軍を追っ払え!というのが物語の背景のようですが(説明はしょりすぎ。笑)フランス軍の変な帽子はセンスが悪くて見てるとたしかに追っ払いたくなります(爆)「ベルばら」でもあんな帽子だったっけ?
 軍服のセンスはさておきシャープですが、将軍の命を救ったことで軍曹からいきなり中尉に昇進しちゃいます。二階級も上がったってことは、命を救った将軍というのはよほど地位の高い人だったのかな。とにかくそんなシャープが将校として最初に与えられた任務は、ほとんど使い走りといっていいようなもの。指揮を任されることになった第95ライフル部隊の面々とも最初はギクシャクしまくりなんだけど、任務を遂行していくにしたがって連帯感が出てくるかんじ。シャープ役のショーン・ビーンがいいですねぇ。もみあげがセクシーです♪
 このドラマは途中から「Wire in the Blood」のトム・クロス警視が出てくるのも楽しみです。肩書きが“Capt.”ってことは大尉役かな? 12月からの本放送に期待してます!

« Murder on St.Malley's Day | Main | 小説の中の海外ドラマとWITB4 »

Comments

シャープはいつか観られる日を夢見て・・・

「茶母」鉢巻きオヤジとチェオクの関係がわかったのはよかったけど、回想編で1話使っちゃっていいのかなって気もしました。
厳しい修行を積んだのはわかったけど、どうして空が飛べるようになるのかはわからなかったし(爆!)
トックおじさん、そのままチャングムのセットから抜け出してきた感じでしたね。吹替えも一緒でありがたかったです。

アクションシーンじゃなくても突然空を飛んじゃうのがすごいですね! せっかくのワイヤーなのでもうちょっと有効に使っていただきたい気も…(笑)
トックおじさんの登場で話がちょっと面白くなりそう。と期待して次回に臨みます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/7046349

Listed below are links to weblogs that reference 第95ライフル部隊:

« Murder on St.Malley's Day | Main | 小説の中の海外ドラマとWITB4 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ