« 11月のCS | Main | A Worm in the Bud »

October 28, 2005

チャングムファイナル

 やっと終わった…。長かった。でも1年って早いなぁ。などとしみじみ思ってみるものの、最後はあまりにアッサリ終わった気がします(笑)

 自分の死期を悟った王様はチャングムがその責任を負わされることのないよう、彼女を流刑になったジョンホさんのところへ行かせ、明に逃げるよう命じる。せっかく王様がここまでセッティングしてくれたにもかかわらず、8年経ってもまだ国内で逃亡生活を続けてるふたり。役人の姿を見るとすぐに夜逃げの準備をするほど切羽詰まった生活なのに、ちゃっかり子供は作ってるってのが笑えます。しかもこの子チャングムがどうしても「タガート」のスチュアート君に見えちゃうんだよな(爆)
 しかし国内でもたもたしていたのが逆によかったのか、トックおじさんの目撃情報をうけてヨンセンがふたりの身分回復を皇太后(もと皇后様ね)に進言。さっそくふたりは子連れで宮中に戻されます。結局は最後まで偉くなったヨンセンだのみだったんじゃないか。宮中では優しい皇太后様のおかげでヨンセンは幸せに暮らしているし、チャンイもサングンに昇進したし、すっかり敵役と化していたティースプンもいい人モードに戻ってジョンホさんをお出迎え。王様とチャングムがいなくなった途端これだ(爆) やっぱりトラブルメーカーだったんですよ。それを自覚してか(絶対してないと思うけど)チャングムは宮中にいてほしいという皇太后の申し出を断る。これ以上ヨンセンにいらぬ心配をかけさせないためにもそれが正解です!

 しかし相変わらず人切りの機会を虎視眈々と狙うチャングムは、ジョンホさんに「人の体に刃をあてることだけはしないでくれ」と言われるにもかかわらず徹底的に抵抗。しかもご都合主義的にそこへ難産の妊婦が登場。チャンスとばかりに帝王切開に挑み、無事出産すると「ね、できるじゃありませんか。できるのにどうしていけないの?」とこれまた能天気なことを言ってくれました。なんであんな洞窟に妊婦がいたのかとか、術後の感染症なんかはどうでもいいってところが相変わらずすごいドラマです!
 大長今からついに切り裂きジャングムへの変貌を遂げたチャングム…今度は朝鮮王国を恐怖に陥れるのでしょうか(爆!)

|

« 11月のCS | Main | A Worm in the Bud »

Comments

最後までツッコミまくり、実に爽快なドラマでした(苦笑)
どうしてそれほどまでチャングムは腹を切り裂きたかったのか。
目指せ切り裂きジャングムだったんですかね?
上手い具合に用意された洞窟の妊婦さん、もし手術を失敗したらどうするつもりだったんだろう・・・なんて何も考えていないんでしょうね。さすがです。
ダンナと子チャングムが戻ったとき、現場は全く乱れていなかったし。やっぱりチャングムはまた魔法を使っちゃったんでしょう。

チャンイとヨンセンの幸せそうな笑顔にほっとしました。しかし突如いい人に戻ったティースプンはいったい??
ここまでハチャメチャなドラマには滅多にお目にかかれないかも。
いい経験になりました。

TBさせていただきました!

Posted by: がろと | October 29, 2005 at 10:54 AM

TBありがとうございます♪

あの洞窟の妊婦さんは本当に都合のいい実験台で、発見したときチャングムは嬉しかったにちがいありません(笑)
あそこで対応できたってことは、チャングムは腹切り用のメスと糸もちゃっかり持ち歩いてたってことですよね。おそろしい。。。
めちゃくちゃな展開の連続だけど楽しく突っ込めたドラマでした!

Posted by: Ayano | October 29, 2005 at 06:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/6705841

Listed below are links to weblogs that reference チャングムファイナル:

» チャングム「我が道」 [ドラマ日記 Pt.2]
やっと終わったぞ!万歳!! またやりたい放題チャングムが王様のお腹を切り開くぞ!と密かに期待してたら 残念ながらそれはなし。 代わりに王様は最期のお情けを。 チャングムをこっそりミンのダンナの元へ送り届けてくれました。... [Read More]

Tracked on October 29, 2005 at 10:47 AM

« 11月のCS | Main | A Worm in the Bud »