無料ブログはココログ

« @ナギハウス | Main | @ビバ・ワイケケ »

October 16, 2005

New Life

「タガート #61 新薬開発の裏で」 相変わらずの濃い内容でした。

 多国籍企業の製薬会社ウェンボーンの社員ロイドの車が、研究発表の会議に向かう途中に爆破される。彼は会議の席である重大な発表をする予定で、その噂で会社の株価は急騰していた。現場では反グローバリゼーション団体によるデモが行われており、そのリーダーであるディランの取り調べをするが本人は犯行を否定。そしてロイドの部下タラは、キャリアのために巨大企業に就職したものの金のために研究をする会社の理念に賛同できずディランの集会に参加したことがあった。
 ロイドは会議の直前に所有していた自社株を売り32万ポンドを手にしていた。ウェンボーンの会長は研究の成果を堅く信じていたが、タラによれば研究の成果は出ておらず株価の急騰は空騒ぎにすぎないとのこと。ロイドは成果があがっていると期待させ高値がついたところで株を売り逃げし、その後会議で実情を発表する予定だったのではないか。
 彼の子を妊娠していたタラによる遺産目当ての犯行か、またはかつてロイドに研究を台無しにされたノース博士による復讐かとも考えられたが、結局はロイドに“重大な発表”をされては困る人間による犯行ということに。発表内容を原稿に残さず、また研究の進行状況を記録したディスクも車とともに焼失したが、どこかに内容を記したものがあるはず…。

 実はもっとぐちゃぐちゃに絡んでるんだけど、これを1時間にまとめちゃうってのがいつもながらすごいなぁ〜と思うところ。徹底的に無駄を省いて作ってる感じです。おかげで2時間だった頃と違い、登場人物の人間像を深く描くことがなくなってちょっと物足りないかな?とも思いますが。
 でも今回は4人でパブで飲んでるシーンなどあって、久々に和やかな雰囲気を味わえました。ロビーは今回もスチュアート君にベタッとくっついてるしー(最近多いような気がするんだけど!笑)もちろんロビーにその気はないし、たとえあったとしてもスチュアート君は「オヤジはごめんだ」と言うに違いない(爆)
 街角でビラを配るディランに「再生紙だろうな」と鋭いツッコミをするバーク警部、好きです♪

1089_08_1_web1089_08_2_web さて今回の主なロケ現場はグラスゴーのPacific Quayという場所でした。メディア・キャンパスやサイエンスセンターがあり、「タガート」を観ている人にもお馴染みの風景。あのダンゴ虫のような建物も今回ドラマの中でしっかり出てましたね〜。
(クリックで拡大します。写真はFreeFoto.comさんからお借りしました。)

« @ナギハウス | Main | @ビバ・ワイケケ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/6423505

Listed below are links to weblogs that reference New Life:

« @ナギハウス | Main | @ビバ・ワイケケ »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら