« My Bodyguard | Main | One Man's Meat »

Shadows Rising

セクシーなオヤジの共演! Robson & Michie(笑)

witb2_hill_jack_1s

ううう…画像が暗いのが残念だ…


 ようやく「タガート」の“Fearful Lightning”のエピを観ました。やっぱりジョン・ミッチーが素敵! しかしロビーは本気でジャッキーを口説くつもりだったのか? だったら食事の約束をした時間に他の女を家に入れるなよ。でも、彼らしい。(笑)
 1エピ観ただけですっかりハマってしまったこのドラマですが、おかげで最近はすっかりグラスゴー弁フェチ状態!(すべてモテ男ロビーのせい) まあ彼は他のメンバーほどじゃないのだが…どちらかというとマクベス巡査(ロバート・カーライル)よりマッカラム(ジョン・ハナー)の訛りに近い感じかなぁ。何言ってんのかほとんどわからないスチュアートの激しいグラスゴー弁にくらべればかなり聞きやすいです。
 でも彼って「Wire in the Blood」2話のジャック・ヴァンスの時もこんなに訛ってたっけ? ふと思い出して、こうなるとすぐ確かめないと気が済まない質なのでさっそくDVDにて確認。そしたらロビーほど“べらんめえ調”じゃないけどやっぱり少しスコティッシュなんだよね。てゆーか、ちゃんと聞いてりゃ「スコットランドのユニフォーム」とか「元スコットランド代表」って言ってるんだ。いかにヒル先生に夢中で他はうわの空かってのがわかります。(苦笑)
 もちろん、確認するためにちょこっと観ようと思ったのに結局最後まで観ちゃいましたよ。とにかくハマると一直線なので、ジャック・ヴァンスに監禁されたドナまでうらやましく思えてくる始末。そしてミッチー(←この呼び方気に入った。笑)のファンサイトへもおでかけしてきました。まーー素敵! いやーん♪(笑) 素敵なGeordieとJockの間で心が揺れちゃいます。いかんいかん、と思っても私もドナやジャッキー同様、この人に「シシリア風の手製パスタをごちそうするよ」なんて言われたらフラフラついて行っちゃうんだろうな。(爆)
 ちなみにUKの彼のファンサイトはこちら。ライオンと戯れる写真がとってもキュート!

« My Bodyguard | Main | One Man's Meat »

Comments

ライオンと戯れてますねー(笑)。そのショットの他にも、ファンと2ショットでのニコヤカ笑顔がこれまた「素敵なおやじオーラ全開♪」でちょっとハートのぐらつき度が増して来ました(笑)。
「新・タガート セレクション~死を招くラジオ相談」を観ました。ミッチー殿にも視線釘付けでしたが、「クリーガン」のアニーの子供を売った男・ハンソン役の人が出ていて、この役者さんにも激しく釘付けでございます(爆)。

久しぶりに瑞々しいオヤジを見付けて喜んでます(爆)
アウトドア派とゆーか、ロブソンとはまた違った魅力があって良いですねぇ♪
「死を招くラジオ相談」のエピはまだ未見なのですが、あのハンソンが出ているとは! 「クリーガン」の時は子供のためを思って養子斡旋をしていたのに悪い連中にそれを利用されてしまった気の毒なオヤジでしたねー。クリーガンにビデオを見せられて泣いてるラストシーンが印象に残ってます。この人も絶対チェック入れなきゃなりませんね。(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/5815110

Listed below are links to weblogs that reference Shadows Rising:

« My Bodyguard | Main | One Man's Meat »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ