« Desperate Housewives Soundtrack | Main | VOTE 2005? »

September 27, 2005

クリーガンとロブソン

 このブログには「アクセス解析」という機能がついていて、1時間毎のアクセス数やリンク元、検索ワードなどの情報を知ることができます。
 ここしばらくは「チャングム」や「ベティ」関連の検索が多かったんだけど、最近になって増え始めているのが「クリーガン」「ロブソン・グリーン」! クリーガン再放送の効果は確実に上がってます。これでコメント残していただけたらもっと嬉しいんだけど、最近はストーリーと無関係のカウントダウンみたいな横道ばっかりだから無理なのか。やっぱり再放送でもマメに記事書けってことでしょうかね?(苦笑)

 クリーガンとロブソンが大好きだということをアピールするために、プロフィール写真も工夫してみることにしました。
(それより早くサイト完成させろよ

 ところで「クリーガン」を原語で観て初めて知ったんだけど…第1話に出てきたドイツの猫ばばあ、ちゃんとドイツ語喋ってました(笑)
 それと2話でクリーガンが記者会見の前にリバーズ君のネクタイをうにーって乱す時のロブソンの声がめちゃんこ可愛いです!
 以上、自己満足な叫びでした(爆)

|

« Desperate Housewives Soundtrack | Main | VOTE 2005? »

Comments

「捜査官クリーガン」が他のミステリーと一味違うと思うのは、主人公クリーガンが犯罪被害者側よりも、加害者(=犯人)側の深い心理に引きずり込まれやすいところですかね。一歩間違えば誰もが犯罪者。そんな危うい部分を濃く描いているドラマだ、と観る度に思います。クリーガンの澄んだブルーの目が、人の善悪を見つめて深く沈んでいくのを観ていると、とても切なくなります。

…といつになく真面目な切り口ですが、リバーズ君のネクタイくしゅ♪のロブソンの地声もカワユイし、その前に自分のネクタイを締めて身支度しているロブソンの後姿に、もーぉ… 「トロトロ、ウットリ~♪!!!」。いつものパターンで失礼しました(爆)。

追伸:プロフィールのスーザン初の単独UP、あっという間でしたね…

Posted by: ルーシー | September 27, 2005 at 09:50 PM

クリーガンって、人間なら誰もが持っている精神的な弱さというか、あやうさのようなものを見事に体現したキャラクターだと思います。
そこに全体的に明るさを押さえたブルートーンの画面、照明をうまく利用した光と影のコントラストとクリーガンの瞳の色が、ストーリーに一層の効果を与えています。
(ようするにロブソンの瞳がキレイだと言いたい…笑)

スーザン単独の画像はいずれ復活します♪
「私にまかせといて!」ってかんじのあの表情、大好きなので(笑)
当分はいろんな画像をちょこちょこ入れ替えると思います。

Posted by: Ayano | September 28, 2005 at 03:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/6144420

Listed below are links to weblogs that reference クリーガンとロブソン:

« Desperate Housewives Soundtrack | Main | VOTE 2005? »