« OZ at UK | Main | Private Lives »

Gettin' Over

 9.11、「今年のNFL開幕第一戦はジャイアンツ戦だ!」と浮かれていた私を一瞬にして奈落の底へ突き落としたあの日。電話もインターネットもまったく通じず、友人とようやくメールで連絡が取れたのは4日も後のことでした。幸運にも彼の身内や知人に犠牲者はいなかったものの、チェルシーの自宅からビルが崩壊していく様子を見た彼は心が押し潰される思いで涙が止まらなかったという。NYに住む人はみな、あの日心の中の何かを失ったのだ。だからといって、それを嘆いているだけで何になる? 悲しみに押しつぶされて人生をふいにしてしまうのは、それこそテロに屈することになる。だからこそ乗り越えなきゃいけない。何とか前に進まなくちゃいけない。5カ月後にNYを訪れた時、まだ封鎖中の場所や街中に行方不明者を探すビラが貼られている中で私が感じたのはそんなNYの人達のたくましい生命力でした。

 でも、中にはバリーのようにどんなにもがいても苦しみから抜け出せない人はいるのでしょう。愛しているからこそ悲しみは深く、しかし愛しているからこそ乗り越えなきゃいけない。ジャック・マローンの説得は本当に見事でした。「Without a Trace」シーズンファイナルにして初めて彼をかっこいいと思いましたよ。
 今回は先週録画しておいた前編を9時過ぎから観始めて、間を置かずそのまま後編を観たのでことさら感情移入できました。そして本当に良かった! ね、言ったでしょ。いつもの早い展開も良いけど、90分前後編にすればこのドラマはもっと良くなるって。これだけ丁寧に描いてくれると本当にわかりやすいです。
 そしてFBIの皆様、頑張りましたね。バリーの子供を気遣うヴィヴィアン、足を使ってのダニーの地道な捜索、ボスのサポートをするマーティン(また何か食べてましたが)…メンバーそれぞれの持ち味をいかした役回りで素晴らしい仕事をしてました。そして何といってもサマンサ。あの状況で冷静さを失わず本当によくやったと思います!
 しかし美しい終わり方をしたからといってこのまま忘れられてはたまらないので、NHKにはぜひとも気合いを入れて第2シーズンを放映していただきたいです!


 みなさん、ぜひ一度NYを訪れてください。この街は周りを見ればみな違う顔、そしてみな違うアクセントで話してます。NYはヨーロッパやアメリカの他都市ではわからない“世界”を感じることのできる唯一の街です。旅行でほんの数日滞在するだけでもいいんです。きっと特別な何かを得られると思いますよ。

« OZ at UK | Main | Private Lives »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/5738116

Listed below are links to weblogs that reference Gettin' Over:

» 郵政事業4分割は郵便局の切り売り [ここがヘンだよ!郵政民営化]
政府の進める郵政民営化の大きなポイントのひとつに、郵政公社の4機能(窓口サービス、郵便、郵便貯金、簡易保険)を、民営化に伴い分割しそれぞれ独立した経営体にするということがあります。政府は分社化により金融と他の事業とのリスク遮断を行い、市場競争の中でより良質...... [Read More]

» 郵便サービスは民営化後も維持されるのか [ここがヘンだよ!郵政民営化]
郵政民営化の争点のひとつに、民営化後のサービスが維持されるのかという問題があります。政府は郵政民営化により市場における経営の自由度が拡大され、良質で多様なサービスが安い料金で提供可能となり、国民の利便性が最大限に向上されると説明しています。果たして無条件....... [Read More]

« OZ at UK | Main | Private Lives »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ