無料ブログはココログ

« The Swan | Main | 皇后の決断、でも »

August 11, 2005

Viva Viv

「Without a Trace」 これってイギリスのドラマですか? 事件のあまりに悲しい真相に今回はノーコメント(涙)。フィッツやフロスト警部じゃないんだからさ。とはいえ必ずしも円満解決とはいかない現実的な展開がこのドラマのいいところなので(これがイヤって人も多いかもしれないけど私は好きだ)、ノーコメントではあっても今回のエピは結構気に入ってます。

 さてヴィヴィアンさんに注目。今回は息子のレジー君が出てきました。しかしながらバスターミナルでダンテを発見して職務を全うするか一瞬躊躇した時の彼女こそ、最も母親らしい面を見せてくれた気がします。
 そういえば昨日の夕方のフィッツ(昼のフィッツと夜のフィッツもあります。笑)に彼女が出ていたなぁ。レイプされたことをフィッツに告白していたが、吹替えでは声優さんの声が高いうえ興奮気味に喋ってるんだけど、元の音声だと静かに一言ずつ淡々と語っていて、ヴィヴィアンさんの下地がすでにできてるなぁ〜と感じました。素晴らしい女優さんです。

« The Swan | Main | 皇后の決断、でも »

Comments

WATの決してハッピーエンドが待っていないところが好きですよ。
あとで考えさせられる部分を残してくれるって大事な事だと思うし。
本当は1時間半枠くらいで、もっと丁寧にじっくり見せてもらいたいくらいです。
(シーズンファイナルは前後編なので期待を!)

ヴィヴィアンさん、フィッツ時代からあの佇まいなんですね。すごく納得しちゃいました。
あの落ち着いた物腰が大好き。理想のお母様です♪

Ayanoさん、がろとさん、コンニチハ
トラックバックさせていただきましたので、ご報告です。

Ayanoさんの仰るとおり、今回のエピに言葉は不要ですね。
ズシンと重いですが、最後には希望がある素敵なお話でした。

そう言えばもうすぐ終わりますが、やっぱりかなりのクリフハンガーになるんでしょうか?
「CSI」みたいに失踪者捜索班解散?!なんて可能性もありでしょうか?

がろとさん、私も同じこと考えてました!
90分で前後編にすればもっとふくらみのあるドラマになるのになぁ〜って。
それにレギュラー陣の人物像や人間関係ももっと自然に盛り込んでいけるんじゃないかと。
もちろん今のままでも十分面白いんですけど、45分にぎゅうっと詰め込まれてしまって窮屈じゃないかな?って。そこからはみ出ちゃった部分を加えてあげることができれば、きっとさらに良いドラマになるでしょうね。
というわけでファイナルの前後編エピはかなり期待してます!

Snowdrops-Fairyさん、TBありがとうございます。
今回のエピ、久々に気分が重くなって満足してます。
(イギリスドラマに毒されてるなぁ。苦笑)
シーズンファイナルがどんな終え方をするのか気になりますが、いずれにしてもシーズン2は必ず放映していただきたいですね。
NHKって容赦なく切り捨てるからなぁ…泣

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/5406736

Listed below are links to weblogs that reference Viva Viv:

» FBI~失踪者を追え(第20回) [Snowdrops-Fairyの独り言]
いかん・・・、いかんて、これは・・・、反則やて・・・。 ダニー風に始めてみましたが、実際きついでしょう、この結末は。 追記:2005・8・11 この記事はDailyShoutさん、ドラマ日記Pt.2さんにトラックバックさせていただきました。... [Read More]

« The Swan | Main | 皇后の決断、でも »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら