« 皇后の決断、でも | Main | Without a Trace #21 »

Rollover and KORN

 数日間の雷雨が去ったと思いきや、ここ二日はなんとなく秋風。これが本来あるべき日本の気候なのかもしれないが、夏好きの私としては寂しさを感じるばかり。しかし雷が大嫌いなわが家のお犬様は恐怖の日々から解放されてホッとしておられるご様子です。
 かくいう私も蒸し暑さがなくて新しいHP建設作業も少しははかどるかなー、なんて思ったのもつかの間、昨夜はロールオーバーがどうしてもうまくいかなくて悶々としてましたよ。設定は間違ってないのにブラウザでプレビューしてマウス乗せると画像が崩れる。もう「なんで???」を連発しながら、気が付けば夜明け前。その後何とか解決して就寝したものの、あまりに頭を悩ませたせいか夢の中でまでロールオーバーの作業をしてました。(苦笑)

 それでは今週の「名探偵モンク」です。おぉぅ! なんとKORNが登場したじゃありませぬか! カントリーの前はオルタナティブロックに傾倒していた私としては反応せざるをえませんでしたね〜。しかもモンクに事件解決のヒントを与えたのが彼らだなんて、KORNがそんないいキャラ演じちゃっていいんですか?(笑)
 しかし肝心のドラマの内容はというと、やはりかつてのキレがなくなっていることは否めない。それほど必要のないシーンに時間をかけすぎだし。シャローナの後任ナタリーはどこかドライで個人的に好きなタイプのキャラクターではあるんだが、このドラマではそれが単に“地味”に感じちゃうのが残念。だからモンクに絡ませるための子供も登場させたのかなって気もするけど、この娘がこれまた地味なんだ。ある意味キャラクターで見せるドラマなのだから、やはりシャローナのような際立った個性がないと全体の勢いが落ちる。それともシャローナの存在がモンクを超えてしまったのが降板の理由?なんて思ったりして…。でも彼女ががくり出すツッコミには江戸の古典落語に通じる“洒落”みたいなものがあって、これがモンクの個性をより引き立ててくれてたと私は思うんだけど。

« 皇后の決断、でも | Main | Without a Trace #21 »

Comments

早速うかがいました。
本当に最近雷つきの夕立が多いですよね。
昔飼っていた犬は雷も花火も平気でしたが、今の子は玄関で昼寝してると驚いて帰ってきます。
最近はネットに頼り切ってますし、雷には気を使いますね。

おっ、Snowdrops-Fairyさんのお宅にもワンコが♪
雷の時はパソコン使うの怖いですね。
てゆーか取り扱い説明書にも雷の時は電源プラグ抜くようにって書いてありますもんね。

Sonwdrops-Fairyさんはストットルマイヤー警部がお好きなんですね〜。私も彼が一番好きですよ♪

はじめまして。
ニュージーランド在住のEmilyNZともうします。
moonさんのところから、こちらに飛んでまいりました。ちょうどMonkの記事を書いたところなのでコメントさせていただきます^^。
このエピソード、先週見たところなんです。
Monkけっこう好きなんですよ。
それからついでにここにコメントさせていただきますが、Without a Traceも好きですね。もちろんDannyがお気に入りです。
こちらでは、Robson Greenの番組はたくさん放送されますよ^^。今はWire in the Bloodです。
ミステリーにかかわらずTVはよく見てますので、これからもちょくちょく遊びに来させていただきますね^^。

EmilyNZさん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいました。
MONK面白いですよね。私はシャローナが大好きだったので、彼女の降板は残念でしたが…。
WATに関しては、もうご存じかもしれませんが、日本語吹替えではなぜかダニーが関西弁なんですよね。番組開始当初はドラマの内容よりもそっちの方に話題が集まってました(笑)
Wire in the Bloodはそちらでは今series3が放送されてるんでしたよね。日本ではS2で止まってますが(泣)S1と2がまとめて放映されたので、次は3と4がまとめて放映されるのではと思っています。となると日本で放映されるのはどんなに早くても本国で4が放映される来年春以降ですかねー(遠い目)
ロブソンのドラマは現在「捜査官クリーガン」(Touching Evil)がしつこく再放送されてます。あ、あと、ちょっと前までBBC-Japanで「Trust」やってました。
ニュージーランドではどんなロブソン出演作が放映されてるのでしょう? お教え頂けたら幸いです。
いつでも遊びにいらしてくださいませね♪

関西弁なんですね、やっぱり。まあ、ラテン系なのに手放しで「かっこい~!」と言えない容貌、と口をゆがめるクセ、などなど、シリーズのはじめから「こいつは関西弁やで!」と決めた人は、スルドイといえば、スルドイのかも。
RobsonGreenの出ているものは全部NZに来ると思いますよ。
Touching Evilももちろんやってました。
今週末からWire in the Bloodのシーズン3が始まります。たぶん見ると思います。
個人的にはずっと前に見たボロ法律事務所のClose &Trueっていうのが好きでしたが。
あまり長続きしませんでしたね。
Trustもやってました。見ませんでしたが。

情報ありがとうございます!
う~ん、やはり英語圏はすんなり放映してくれるんですねー。

日本だと翻訳やら字幕やらの作業がかかるし、どうせ手間がかかるなら放映権が安くてそこそこ視聴率もとれる韓国ドラマの方が効率いい・・・ってわけで韓国ドラマのせいで中途半端なまま続きを放映してもらえない英米ドラマが山ほどあります(泣)
Without a Traceは終わったばかりのS1がもうCS局にお下がりするんで、これってつまりNHKはS2以降を見捨てたってことなんじゃないかと心配する声がちらほら。

WITBはS4からキャロルが出てこないので、できればS3は単品で観たいんですよねー。。。はやくやってほしい。

NZでは今Without a traceのシーズン3が残すところあと7話となりました。これが終わるとさびしいです。

お気に入りのドラマのシーズン終盤が近付くと寂しくなりますよね。
こちらもフロスト警部が(再放送だけど)もうすぐ終わりなのでつまらなくなっちゃうな〜。
CSだからまたすぐ再放送やると思いますが(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/5510784

Listed below are links to weblogs that reference Rollover and KORN:

» 名探偵モンク2(第20回) [Snowdrops-Fairyの独り言]
追記:この記事はDailyShoutさんにトラックバックさせていただいています。 アメリカのドラマって、たまにロケのときとかに画質変わりますよね。 何故なんでしょう? あ~あ~、ナタリー、わき見運転はダメよ。たとえ隣にモンクが乗っていてもね。(ある意味苦行で...... [Read More]

» Monk [ふらめんこな365歩のマーチ]
前にもふれたけれど、私はミステリー好き。 とくにOld FashionedなWhodunnitタイプが好き。 ここニュージーランドでは、イギリスのミステリー番組はよくTVOneで放映される。 アメリカの番組で、本国では人気もあり、主演男優がEmmy賞を2度も受賞しているミステリー・コメ...... [Read More]

« 皇后の決断、でも | Main | Without a Trace #21 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ