« Without a Trace #21 | Main | X-Games and Me »

幽霊チャングム

 前回皇后様によって幽霊にされちゃったチャングム。スパイ大作戦開始かと思いきや、諜報活動はシンビに任せ自分は薬草園で人体実験に励んでました。チャンドクさんの協力もあり、ついに王様と同じ症状の患者に効果のある処方を発見。しかし宮中ではスラッカンからワライダケの粉が発見され、チェ一族が冤罪で投獄される。おかげでチャングムは真実を黙ってさえいればチェ一族に対する復讐を遂げられるわけだけど、保身に抜かりのない彼女が黙ってるはずがありません。だって真相を報告しなければ今度こそ本当に葬り去ると皇后様に言われてるんだからね。
 しかしチャングムとチャンドクはわりとアッサリ病気の処方を発見したようだけど、これって二人が特別に優秀というより、たんに宮中の医務官や医女の勉強不足ってだけのような気が。今頃になってあせって病状日誌を読みあさる医局長も何やってんだって感じ(苦笑)。

 ところで前回まったく役立たずと思われたジョンホさんだけど、裏でちゃんと役に立っていたのね。でもチャングムを宮中の牢に連れて行っちゃったりしていいのか? 存在を消されて裏で活動するはずのチャングムだけど、こんなにあちこち現れたんじゃすぐにバレちゃうでしょ。チャングムが生きてることをチェ女官長が皆に言ってしまうんじゃないかってことなんか考えないのかなぁ。幽霊になってもやっぱり思い付き行動&図々しさは相変わらずなんだ。(苦笑)
 それにしても牢の中からチャングムを睨み付けるチェ女官長の顔が怖すぎました。ホラー映画じゃないんだから…(笑)

 それよりもっと恐ろしいのが、ヨリのバックにあの鬼の女官長がいたこと! ひぇぇ〜。彼女に育てられたとは、どうりでヨリは恐いはずだ。でも時間の流れからすると矛盾があるし、思いつきでこじつけた展開って気がしてならないのだが、これも面白いから許しましょう。いよいよ動き出した鬼女官長のリベンジ劇に期待!

« Without a Trace #21 | Main | X-Games and Me »

Comments

そうそう、チャングムは幽霊でなければいけないはずだったんですよ!なのにこんなに大勢の前で姿を明かしちゃっていいのか?
ミンの旦那も本当はヒヤヒヤもんだけど、わがまま強引チャングムに押されてしまったんでしょうね。あーあ。
チャンドク姐さんは、いい加減チャングムのやりたい放題にうんざりしてますね。彼女は人間が出来てるのでびくともしませんが・・・立派だ。

チャングム、いっそお散歩中の皇后様に見付かってしまえばよかったのに。(笑)
チャンドクさんはよく付き合ってられるなぁ…と感心してなりません。
シンビもチャングムの言動には時々引いてますよね(苦笑)
物語も終盤に突入し、チャングムの暴走度はさらに勢いを増してます。彼女はどこまで行くんでしょう?

コンニチハ~。
「幽霊」というのは皇后との間のことで、公には「済州島へ送られた。」という事ではなかったでしたっけ?
(もちろん、姿を現していい理由にはなりませんが。苦笑)
それにチョンホ様も本当は出張中のはずなのに宮中の周りをウロチョロしてたことありましたよね。あの時も"気のせい"と力技でねじ伏せてましたよ。(笑)

Snowdrops-Fairyさん、レス遅くなってごめんなさい。
そうそう、済洲島に戻されたことになってるんですよね。
ただショックのあまり倒れちゃったヨンセンは本当に気の毒で、この場合は事実を話したシンビの行動は正しかったと思います。
こんなに大切に思ってくれる友達にいつも心配をかけまくるチャングムって本当に罪な奴です。(苦笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/5546110

Listed below are links to weblogs that reference 幽霊チャングム:

« Without a Trace #21 | Main | X-Games and Me »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ