« チャングムのニンニク薬 | Main | NIP/TUCK #10 アデル・コフィン »

July 11, 2005

チャングム大辞典とSFU2話

 昨日「チャングム大辞典」なる番組をやっていた。どうぶつ奇想天外を観ていたので後半しか観れなかったのだが、単なる番組紹介かと思いきや衣装や付け毛の説明などなかなか興味深い内容だった。もしかしたら前半部分は料理とかをやってたのかな。初めから観ればよかった。サングン達の頭は結ってあるものを頭に嵌めてるだけかと思っていたけど、実際はバラになってる三つ編みの毛を組み合わせて結い上げていくのね〜。量もすごく多いしかなり重そうだ! 衣装も文官と武官で違うのね。これからはそういうところにも注目して観てみようかな。なかなか勉強になりました。しかしチャングムのテーマパークがあること自体初耳だったので驚きです。衣装まで着れるのは好きな人にとっては嬉しいサービスだが、あのおばさまのように皇后様の衣装を着るだけの勇気(というか図々しさ・笑)は私にはありません。
 それにしてもゲストとして出演していたミンサングン役の女優さん、すっごく可愛い! びっくり! サングン姿だともうちょっと年齢上に見えたけど、普段はとっても若々しい方だったのね〜。たぶんヨンエさんよりも若いのでは? そして実在したハンサングン。サングンという職はついこの間まであったのだね。

「Six Feet Under」第2話。相変わらずイライラしてる母親だが「もう会社の電話には出ない」とまで言うのはあまりに大人気ない。クレアに「拒食症なの?」と突然意味不明なこと聞いたりして、もうこの人は絶対神経症だ思うんだけど(ヒル先生のカウンセリングをおすすめしたい)、完全にその遺伝子を引き継いじゃってるのが次男のデビッド。一生懸命やってきたのにいきなり会社の半分を放蕩兄貴に持っていかれたのだから無理もないが、昔の婚約者に愚痴をこぼしていてキースとの約束をすっぽかし、あげく嘘つくのってどうかなー。優しいキース(部屋のインテリアも素敵!)もさすがに怒ってましたねぇ。そしてブレンダも仕事中のネイトを突然誘い出したりして行動がやっぱり意味不明。でもこの人達の意味不明行動の理由も徐々に明らかになっていくのでしょう。これからも注目していきたいところです。そうそう注目といえばいきなり登場したフェデリコの奥さん。なかなかしっかりした母ちゃんって感じで好きです! こっちの家庭はきっとフィッシャー家とは全然違った明るいオモシロ一家なんだろうな。

|

« チャングムのニンニク薬 | Main | NIP/TUCK #10 アデル・コフィン »

Comments

8時から毎晩再放送のチャングムは間違って近づかないように気をつけてますが(笑)特番があったのは全然知りませんでした。怒らずに観られたのかも…ちょっともったいない事をしたかな?
テーマパークは他の番組で紹介されていたのを観たことがあります。でも絶対冬は行きたくないですね。あの吐く息の白さにはぞっとします。ロケ中に風邪引かないのかなぁ?マスクするわけにもいかないし。

SFUはOZが終了しないとなかなか気合を入れて見られなくて。「キースの部屋」は是非オープンしたいと思っているのですが。

Posted by: がろと | July 14, 2005 at 09:12 PM

がろとさん
レス遅くなってすみません m(_ _;m

チャングム特番、けっこう面白かったですよ。きっと前半は宮廷料理特集だったと思うので、私も初めから観たかったです。
ロケは本当に寒そうですね! 以前、番組後の豆知識コーナーか何かで撮影の合間にダウンのコートを着込んでるチェサングンを見ましたよ(笑)

そしてがろとさん! 「キースの部屋」楽しみにしています! OZはようやく全体が見えてきたと思ったのに、もうすぐ終わりなんですねぇ…(泣)

Posted by: Ayano | July 16, 2005 at 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4929144

Listed below are links to weblogs that reference チャングム大辞典とSFU2話:

« チャングムのニンニク薬 | Main | NIP/TUCK #10 アデル・コフィン »