« NIP/TUCK #10 アデル・コフィン | Main | 海外ドラマバトン »

July 16, 2005

ヨリのいじめ

 体調不良(かなり絶不調)により日記もリタイア。というわけで1日遅れのチャングムです。

 とにかくヨリ様が怖い!!!

 自分達の仕業だとばれないよう権力を利用して遠回りにじわじわチャングムを攻めるチェ一族と違い、ヨリ様のやってることは直接的すぎてまさにいじめ。それだけに陰湿でタチが悪いです。
 しかしチャングムも、ヨリの企てにひっかかって先輩医女達に責め立てられてる時に「あの〜でも、それは…」なんてモジモジせずにどうして「自分じゃない!」ときっぱり言わないかな〜。しかもおとなしく罰を受けて掃除してるし。こういうことは後になってから訴えても遅いのだよ。つまんないことで職員室にズカズカ入り込んでいく図々しさはあるくせに、皆から責められてる時にはいつも自分の意見をビシッと言わないんだよねチャングムって。あげくヨリ様はチャングムに泣かされたフリをするし、こんな低レベルないじめを見抜けず放っておく宮中ってやっぱりまともじゃありません(笑)
 結局ヨリ様の企みでチャングムは流行病が蔓延している村へ派遣されることになるけれど、あのチャングムが流行病ごときでくたばるはずがないのでヨリ様もまだまだ読みが甘いです。でも村からの避難命令を教えてもらえず置き去りにされた時はさすがのチャングムも堪えてたみたいだけど。まあチャングムはどうせ助かることになっているので観てるこちらは何の心配もしていないのだが(次回はさっさと宮中に戻れてるみたいだし)。てゆーかジョンホさん、そんなにチャングムが心配なら村を出る時にチャングムがいるかどうかなぜ確認しなかったのだ(苦笑)。

 ところでチャングムの集中アンコール放送、子供時代はあまり観ていなかったので4話までの再放送を観ました。トックおじさんとの出会いなどがようやくわかったのだが、チャングムって子供の頃から生き延びる術(つまり図々しさ)を持っていたのね(笑)。それでも子供時代はまだカワイイのだけど、それが皇太后様にくだらない謎掛けを申し出るほどにまで図々しくなったのはやはり宮中という環境のせいなのでしょう。本当に恐ろしい所だ。忙しいのにスラッカンの人手が足りずキリキリしてるチェサングンに女官が言ってました→「王様の寵愛を受けた女官が多くて人手が足りません」 なるほど、中宗の色ボケは遺伝だったんだ!

|

« NIP/TUCK #10 アデル・コフィン | Main | 海外ドラマバトン »

Comments

最近とみにER化するチャングム。どうして世の中病気しかないのさ!とツッコミたくなってきました。
来週はチェサングンも倒れちゃうようだし。
この際「宮廷ERチャングム」にタイトル変えた方がいいかも。ウザキャラも多数いるし(というかウザイキャラしかいない??)

Posted by: がろと | July 17, 2005 at 09:35 PM

あんな低次元のいじめに振り回されている医女軍団、しかもそれに頼ってるチェ一族、なにげにウザキャラ増殖でまさしくER化してます。
そして時間の経過のわりに皆様まったくメイクが変わらず年齢不詳ですが、チェサングンもいつしか病に伏せるお年になられたってことでしょうか?(笑)

Posted by: Ayano | July 17, 2005 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4996828

Listed below are links to weblogs that reference ヨリのいじめ:

« NIP/TUCK #10 アデル・コフィン | Main | 海外ドラマバトン »