無料ブログはココログ

« ダニーの標準語 | Main | Six Feet Under »

July 01, 2005

マザコン国王に喝

「チャングムの誓い」 最近主人公チャングムとジョンホさんのバカップルはもうどうでもよくって、人でなしの王様に怒りまくりです。
 治療を拒み続ける皇太后様はすっかり体が弱くなってしまったようです(その割に顔色いいよね)。かつて医女を芸者がわりに宴会へ行かせてたしなめられた医学校の先生が実は皇太后様の親類で、彼を免職させたことを根に持って治療を拒むのは威厳ある皇太后様にしてはめずらしい短慮だと思うのだが、その先を行ってるのが息子である王様。皇太后様が治療を拒むのは医務官のせいだと聞くや否や、医務官どころか国の行く末を本気で憂いているサオンウォン(?発音がよくわからない)など政治の中枢を担っている人事まで変えちゃおうとするのだから恐ろしい。そりゃ母親を大切に思う気持ちはわかるけど、普通のサラリーマンが親の面倒見るために引っ越したり転職したりってのとはわけが違うでしょ! 一国の王であることをもっと自覚してくれなきゃ困る。マザコンのとばっちりを食うのは罪のない一般民衆なんだからね。チャングムの生意気な申し入れの甲斐あって皇太后様も治療を受ける気になったものの、すでにかなり体が弱ってしまったため薬も吐き戻してしまう始末。悪いのは誰だ!
 そして王様にすっかり忘れ去られてしまっているヨンセンは、皇太后様が治療を受けてくれると知って自分のことのように喜んでいました。本当に気持ちの優しい子です。なのに久々に顔を合わせた王様の反応は「どこかで見た顔だ」ですってよ! 冷たすぎやしませんか。とっとと罰が当たってもらいたいものだ。そうそうヒゲ無し長官様といえば、チャングムの女官時代には実力をかって結構かわいがっていたのに今は会合で同じ部屋にいてもなぜ気付かないのかと不思議でしょうがなかったんだけど、次回ようやく気付くようですね。遅すぎだ(笑)


5_hill_ch
WITB5話
ラストの洗礼式のシーンより

"やっちゃった…"

歌のタイミングを間違っちゃったヒル先生。カワユイ☆

« ダニーの標準語 | Main | Six Feet Under »

Comments

またまた激しい内容(笑)をTBしちゃいました。
もうおバカな人たちの集合体にうんざり。なんでなぞなぞなのよ…と能天気ぶりにあきれてました。
しかしロケ寒そうですね。吐く息が真っ白。こんなに辛い撮影でできあがったお話があまりにもおめでたすぎ…

私はヨンセンのリベンジを支持したいと思います!

トラックバックありがとうございます。
チャングムの相変わらずの図々しさに呆れつつも、宮中のみんながあんななぞなぞに頭を捻らせている姿があまりに能天気でこれまた呆れました。他に心配すべきことはないのか?って(笑)

ヨンセンはあまりにもかわいそう。なんとか幸せにしてあげて!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4786192

Listed below are links to weblogs that reference マザコン国王に喝:

» チャングム「母・皇太后」 [ドラマ日記 Pt.2]
あまりにもおめでたすぎ!!と開口一番叫ばせてもらいます。毎週平和ボケと呼ばせてもらってる宮中。なんと今度はみなさんの心配事は皇太后の病気。その間に民がどうなってるかとかは全く眼中にないんですよね。攻めるなら今だぞ!と周囲の敵に大声で知らせたくなってきます。おまけに外は... [Read More]

« ダニーの標準語 | Main | Six Feet Under »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら